【原神】わかりやすい聖遺物回収ルート

 ランク(順位) 上級冒険者(63378
 経験値  986
獲得バッジ

毎日、星5聖遺物19個分の聖遺物が回収できるって知ってました?

綾人、いいですねー。

スキルのクールタイムが短くて、非常に使いやすいです。

また、「水」は「元素反応」を組み替えることで、「色々な楽しみ方」「敵の特性に合わせた編成」に切替えられるのが、非常に良いです。

準備が足りなくて、まだ天賦が上げられてないんですが、しっかり育成が終わったら、オススメ編成なんかも、発信したいと思っています。

さて、今回の記事では、私が毎日まわっている「わかりやすい聖遺物回収ルート」をご紹介します。

  1. わかりやすい、取りやすい「キラキラ」を厳選
  2. 毎日「星5聖遺物の19個分以上」の聖遺物が回収できる
  3. 聖遺物以外のところを「調べる」と、回収数が減ってしまう
  4. 現実時間の24時間ごとに回収できる

聖遺物回収の基礎知識

まずは、聖遺物回収をするにあたって、知っておいていただきたいことをまとめます。

1日に回収できる聖遺物の数

聖遺物が揃ってないうちは、経験値にする聖遺物がぜんぜん足りませんよね。

私もまだまだ足りません。

フィールドにある「キラキラ」から、聖遺物が出ることは、知っている方も多いと思います。

でも、1日に最大で「星5聖遺物の19個分以上」の聖遺物が取れるって知ってました?

聖遺物秘境で消費する「樹脂」に換算すると、160~200分はあるでしょうか。

それを知ってから、私も毎日まわってます。

「調べる」の回数制限

早速フィールドに出て、聖遺物を集めたくなっちゃいますが、聖遺物回収には、注意しないといけないポイントがあります。

それは、聖遺物が出るところだけを「調べる」ことです。

実は、「原神」には、1日に100回以上「調べる」と、次のエリアからは「キラキラ」が表示されなくなるという仕様があります。

「キラキラ」は、モンハンのフィールドのエリア分けみたいに、決められたエリアごとにロードされるようになっており、100回目の「調べる」をしても、そのエリアの「キラキラ」は残ります。

しかし、「そのエリア」から「他のエリア」に移動することで、ロードが発生すると、回数制限に引っかかって「キラキラ」が表示されなくなってしまいます。

そのため、限界まで聖遺物を回収したい場合は、聖遺物が出ないところに「調べる」をしないようにしましょう。

また、聖遺物回収前に「調べる」をしてしまった場合は、回収ルート上の「調べる」をあえて見送ることで、回数を調整するようにしましょう。

「キラキラ」は、24時間リポップ

「キラキラ」のほとんどは、24時間後に復活します。

毎日の日課にする場合は、次の日に困らないように、開始時間を書き留めるようにしましょう。

水晶もそうなんですけど、30分でいいから、復活を早くしてもらえると、時間管理が楽なんですけどね。

「キラキラ」は、対象に登ってから調べよう

「調べる」をしたときに、聖遺物を取り逃して、転がって行ってしまうことがあります。

運悪く、崖下に落ちた時は思わず声が。。。

そんな災難を防ぐコツは「対象に登る」ことです。

登ってから「調べる」ことで、取り逃しなく、回収をすることができますよ。

「赤羽団扇」と「高さを稼ぐ」

今回ご紹介したルートには、一部で飛距離がギリギリの場所があります。

操作ミスでギリギリ届かずに「泳いだり」「ワープポイントに戻ったり」、そんな煩わしいことしたくないですね。

そんな面倒なことにならないように「赤羽団扇」を使ったり、「高いところに登って」から飛んだりすることで、シビアな操作は回避しましょう。

戦闘を避ける

聖遺物回収のついでに、敵を倒すことで、ドロップアイテムも回収できていいですよね。

でも、ドロップアイテムを拾う際に、勢い余って「調べる」をしてしまうことがよくあります。

余計なところで「調べる」をしてしまったことで、その分の聖遺物が回収できなくなるくらいはいいんですが、調べたことに気づかずに、数の調整をしなかった場合には、最後の「たたら砂」エリアの「キラキラ」が、全部出現しなくなってしまいます。

私もほとんどの敵は無視していますし、敵を倒す場合は「キラキラ」から離れるようにしています。

1回を多く「調べる」をしてしまうだけで、回収できる聖遺物の数が大きく減ってしまうので、不要なリスクは避けるようにしましょう。

聖遺物回収ルート

マップに書き込んでいる「❶\1」について、「❶」はエリアごとに回る順番。「\1」はその場所で「調べる」数です。

詳しい場所については「動画」を作りましたので、そちらで確認をしてください。

ポイントとしては、今回の聖遺物回収ルートの最後のエリア「たたら砂」に入ってから、その日100回目の「調べる」をすることです。

稲妻❺の7か所目です。

動画の15:34のあたりですが、それまでのキラキラは、数を変えなければ、他の場所と入替えても大丈夫です。

面倒に感じる場所があったら、飛ばしちゃうのも良いかもしれませんね。

モンド&璃月

珊瑚宮

セイライ島

稲妻

動画

おすすめキャラ

聖遺物回収のおすすめキャラですが、得にはいません。

強いて言えば、走るのが速いキャラがいいですが、「長身・男キャラ」のおしりばっかり見てても飽きます。

ガイアとか、鍾離とか。

また、水上を走れる「綾華」「モナ」を入れると、1か所だけ早くなる場所があるくらいです。

私としては「自分の好きなキャラ」「直前に使ってた編成のまま」など、細かいことは気にしなくていいかなーと思います。

さいごに

聖遺物は何セットあっても良いですよね。

スコアが更新できたとしても、前のを取っておけば、ふとした時に、他のキャラで使えます。

また、強化した聖遺物を経験値にする場合、その聖遺物につぎ込んだ分の8割の経験値になるので、2割以上損しちゃいますしね。

今回の記事を活用いただくことで、「神聖遺物」が爆誕するように、旅人のみなさんの幸運を祈念いたします。

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

ライター紹介

あいる&シープ
【原神】攻略記事を投稿していきます。
実践攻略をメインで投稿していきますので、応援よろしくお願いします!
【Youtube】
https://www.youtube.com/channel/UCoygdLXVcC4fjWmKqq4g9Sw
【Twitter】
https://twitter.com/53D2IcxCrr0z3g0