ゴジラがカードゲーム!?『ゴジラ トレーディングバトル』を大紹介!

 ランク(順位) 神Lv23(2384
 経験値  14,138
獲得バッジ
まとめ記事を10記事公開レビュー記事を10記事公開攻略記事を10記事公開1記事で1万PV100記事達成10カテゴリーの記事公開1つのカテゴリーで10記事10週連続記事公開

『ゴジラ トレーディングバトル』をレビュー!

今回遊ぶゲーム

今回はプレイステーションで発売された『ゴジラ トレーディングバトル』をレビューしたいと思います!

ちなみに、今回の記事をざっくりまとめると!

  1. ゴジラ映画以外の東映特撮のキャラも大集結!
    東映特撮ファンならニヤニヤが止まらない
  2. ストーリーは薄味…
    だが、最大の醍醐味は、使える怪獣が段々と扱えるようになること!
  3. 実際にプレイ!いきなり海外版ゴジラが相手に登場
    攻略法は「相手を拘束する」こと!

この記事は3分で読み終わりますので気軽に最後まで読んでみてくださいね!

こちらの記事もオススメ

ゴジラ版スマブラ!?『ゴジラ怪獣大乱闘 地球最終決戦』をレビュー!

ゴジラのカードゲーム『ゴジラ:トレーディングバトル』


ゴジラのTVゲームといえば、何を思い浮かべるでしょうか?

有名なモノでは、1994年にスーパーファミコンで発売された、格闘ゲーム風の「ゴジラ 怪獣大決戦」が有名です。

他にもゴジラのTVゲームがあり、シュミレーションゲームの「超ゴジラ」や最近ではゴジラなどの怪獣から逃げる「巨影都市」などがあります。

今回紹介するのは、ゴジラゲームの中でも極めて異質なゲーム「ゴジラ:トレーディングバトル」です!

『ゴジラ:トレーディングバトル』の概要

ゲーム紹介

タイトルゴジラ:トレーディングバトル
ジャンルボードゲーム
対応機種プレイステーション
発売元1998年12月3日

ゲームの概要

ゴジラゲームといえば、「怪獣を操って暴れる」か「自衛隊など軍隊などを操りゴジラなどを撃退する」ゲームが多い中、このゲームは、まさかのTCG(トレーディングガードゲーム)なのです。

カードゲームの内容は…

自分の場に配置した怪獣を操り、

  • 相手の土地を全て制圧する、破壊する
  • 相手側の怪獣を全滅
  • などすれば勝ちです。

    逆に、自分の怪獣や土地を全て無くしたら負けです。

    何といっても最大の特徴は、「ゴジラ」や「モスラ」、「キングギドラ」などの、東映の有名な怪獣が登場する事!

    また、「ドゴラ」、「マンダ」、「マグマ」などの、ゴジラ映画以外の東映特撮のキャラも登場する、東映特撮ファンならやってみて損はないゲームなのです!

    ストーリーは薄味

    このゲームにはストーリーモードがあります。

    主人公達は、「怪獣使い」という、怪獣を自由に操れる能力を持っており、それを使って怪獣を使って戦います

    その怪獣使いですが、怪獣島に住む少年と、ゴジラ対策の軍事組織「Gフォース」に所属している青年の2人。

    どちらかを選択し、プレイすることになります。

    ふたりの行く手に立ちふさがるのは、「異星の怪獣使い」や「秘密結社」、時には「Gフォース」とも戦います。

    話が進む先には何が待っているのか!?

    といった感じのストーリーなのですが、ぶっちゃけて言うと、ストーリーはあんまり面白くない薄味なのが実情です。

    東映ファンならニヤッとする演出も

    ですが、敵として登場する異星人は、東映特撮で出てきた悪役など、東映ファンならニヤッとするキャラが出てきます!

    そして、ストーリーの最大の醍醐味は、使える怪獣が段々と扱えるようになること!

    終盤には、「デストロイア」や「キングギドラ」、「メカゴジラ」さらに「バーニングゴジラ」を使えるようになり、夢のドリームデッキが作れるようなるのです。

    『ゴジラ:トレーディングバトル』をプレイしてみる!


    冒頭をプレイして紹介したいと思います!

    メニューは「ストーリーモード」、「対戦モード」、「デッキ編集」、「オプション」があります。

    ストーリーモードをプレイ


    早速、「ストーリーモード」をプレイしてみましょう!

    まず最初に、2人の主人公から選ぶことになります。

    今回は「怪獣島に住む少年カケル」を選びました。

    非常に、味わい深い顔をしていますね

    時代を感じざる負えません。

    話の流れは、「ニューヨークに怪獣が出現したから、怪獣使いの主人公が捕まえてこい」とのこと。

    STAGE1開始!


    ここでステージテロップ!

    最初のタイトルが「ゴジラ」とは分かっています。

    でも出現場所は「ニューヨーク」

    少し不穏な空気が流れます…。

    ここで初代ゴジラでも有名な博士「芹沢博士」が登場!

    この「芹沢博士」、初代ゴジラで「オキシジェンデストロイヤー」という兵器を使い、ゴジラを殺すことを成功させた人物です。

    謎のおじさん登場!


    その後、暴れている怪獣を見つけ、怪獣を止めようとした時に「謎のおじさん」が登場!

    怪獣を操っていたのは、「銀河帝国司令官ヘル」という謎の人物

    彼と勝負することになりました!

    バトルスタート!


    最初に「プール」という、いわゆる手札が配られます

    「モスラ」、「ミニラ」、「クモンガ」と比較的に有名な怪獣が出てきました!

    これらを使って戦っていきます!

    それに対して、敵のプールは…

    いきなり、ゴジラが出てきました!(画像左下)

    ゴジラとは言っても、海外版のほうの「GODZILLA」です。

    しかし、侮れません。

    圧倒的戦力差


    自軍のミニラを確認したら分かりますが、ミニラが「HP50」「ATK16」に対して、相手のゴジラは、なんと「HP110」「ATK32」です!

    能力差は倍以上!

    そう!このゲーム最初のステージで、かなりシビアなゲームを強いられるのです!

    そしてゲームが進んで、相手との怪獣とのバトルに突入!

    ユニット同士のバトルに入ると、このように対戦カードが表示!

    この演出が、とても素晴らしい!

    バトルは、パンチやキックなどの「バトルカード」というカードを選び、怪獣の行動を決め攻撃をします。

    バトルカードには様々な効果があるので、それを意識してバトルを有利に進めます。

    実は簡単な攻略方法も


    今回の敵である「海外版ゴジラ」は強敵ですが、攻略方法があります。

    それは、「モスラ」や「クモンガ」、「ゲソラ」が持っている、相手を拘束する特殊技を使うことです。

    これを使うと、どんな敵でも拘束して身動きを止めることが出来るので、複数の怪獣でボコボコに出来ます。

    勝利したら「カード」GET!


    そんな攻略方を使いつつ、激闘の末に勝利!

    勝利したらこのように「カード」を入手することが出来ます!

    今回は、「海外版ゴジラ」と「バトラ」が仲間になりました!

    まとめ

    冒頭プレイしてみましたがいかがでしたでしょうか!?

    ゴジラ×カードゲームと、少し色物みたいな印象を持つかもしれませんが、ゲームとして面白くプレイできました!

    ゴジラファンのみならず、遊んでほしい作品です!

    【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
    奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

    RAID:Shadow Legends

    月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

    「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

    なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

    また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

    Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

    300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

    そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

    課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

    レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

    注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

    \ まずは試しにやってみて /

    RAID: Shadow Legends 公式サイト

    レビューのご紹介

    レビューレビュアー
    キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
    レビューレビュアー
    課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
    レビューレビュアー
    画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

    注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

    \ まずは試しにやってみて! /

    RAID: Shadow Legends 公式サイト

    美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

    Raid: Shadow Legendsのドラゴン

    魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

    ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

    ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

    ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

    しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

    (どんどん沼っていく理由が分かりました…)

    注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

    \ まずは試しにやってみて /

    RAID: Shadow Legends 公式サイト

    戦略性のある中毒性があるバトル!

    Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

    何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

    戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

    編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

    戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

    クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

    また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

    そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

    注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

    \ まずは試しにやってみて /

    RAID: Shadow Legends 公式サイト

    遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

    Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

    Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

    主なコンテンツは、この6つ!

    • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
    • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
    • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
    • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
    • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
    • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

    特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

    編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

    無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

    1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

    注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

    \ まずは試しにやってみて /

    RAID: Shadow Legends 公式サイト

    コメントする

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA