【 Minecraft 】マインクラフト 古代都市発見からウォーデン攻略までの道のり ~発見編~

 ランク(順位) 拳闘王(24401
 経験値  3,579
獲得バッジ
まとめ記事を10記事公開攻略記事を10記事公開25記事達成

はじめに

マインクラフト1.19で追加された古代都市。

今回サバイバルモードで鉱石集めの冒険をしている最中、偶然にもその古代都市を発見しました。

予備知識が全くない状態で発見した古代都市。

せっかくなので、いろいろなことを試しながら古代都市を探検し、そこに住む強すぎるモブ、ウォーデン攻略までの道のりについてご紹介していきたいと思います!

今回は発見編。

  1. 古代都市発見のきっかけは廃坑
  2. 古代都市発見
  3. いろいろな建築物と宝箱

この記事は5分ほどで読み終わります。ぜひ最後まで読んでいってくださいね!

古代都市発見のきっかけは廃坑

今回、古代都市を見つけたきっかけは、鉱石集めでブランチマイングをしていた時に遭遇した廃坑でした。

その廃坑をいつものように探索していると、繋がったのは巨大な地下空間。

この地下空間は、これまで見つけたものとは明らかに雰囲気が違います。

高層ビルが連なるような地形に囲まれ、渓谷ほどの高さの空間がずっと続いていました。

渓谷かと思うも、そのわりには幅が広すぎるし・・・。

ちなみに、廃坑ではシルバーフィッシュまで登場。

まさかエンドポータルが近くに?いや、それにしてはどうも雰囲気が違うような。

きっと何かある!

そう期待して、広い廃坑を新たな拠点にし、周辺をひたすら探索してみることにしました。

廃坑よりさらに深く、地下へと進んでいくと、周辺がますます暗くなりました。

たいまつを置いても、なかなか明るく感じません。

今回のこのバイオームでは、金銀銅やアメジスト、ダイアモンドなどの鉱石は見つかるものの、石炭がなかなか見つからなかったのは予想外でした。

原木をたくさん持ち込んで、木炭からたいまつをたくさんクラフトし、さらに探検を続けます。

すると、見たこともないブロックを発見!

息子に聞くと、どうやら古代都市の近くにあるものらしい・・・。

「古代都市だったらすごいよ!」の言葉で、期待に胸を膨らませて探検を続けます。

古代都市発見

いくら掘っても、いくら進んでも何も見つからず、やっぱりそう簡単には見つけられないか、と半ば諦めかけたその時!

マグマと水が滝のように流れて落ちている、その遙か下を見ると、見たことのない建造物群が!

ようやく古代都市を発見したのです!

いろいろな建築物と宝箱

古代都市を見て回ると、実におもしろい建築物がいろいろありました。

レッドストーンランプ

木材のゲートのようなものをくぐると、ランプが自動で灯りました。

レッドストーンの信号を使ったランプですね。

使われているブロックの一部が、顔のように見えるのが不気味・・・。

回廊

青いランタンが灯っているところは回廊のようで、古代都市を縦横無尽に建てられていました。

ほとんどの床には羊毛ブロックが使われていましたよ。

カーペットではなくブロックが使われているのは珍しいですね。

2階に続く階段やはしごもあります。

ところどころ、羊毛ブロックがないところやブロックが崩れているところも。

長い時間経過のせいでしょうか。

それとも・・・?

見張り台

見張り台のようなものもありました。

ディープスレートだけでなく、木材が使われた建築物もあるんですね。

木が育たないこんな深い地下で、どうやって木材を手に入れたのでしょう。

そして、何を見張っていたのか・・・。

祭壇

生け贄を捧げそうな祭壇もありました・・・。

スケルトンの頭が飾られているのが、おわかりいただけるでしょうか。

禍々しい雰囲気が漂います。

古代人が生け贄を捧げていたのだとしたら、いったい何に向けて捧げていたのでしょう・・・。

青い炎

オーバーワールドでは珍しい青い炎。

そして、ここでも羊毛が登場です。

渡り廊下のようにつながれたブロックの上に、羊毛のカーペットが敷かれています。

青い炎の上のほうは、初めて見るブロックで四角く囲まれていました。

まるで大きなネザーゲートのよう。

何かの条件でゲートが開いたりしたら・・・と、また想像が膨らみます。

感圧板を使った仕掛け

こちらには、氷が積まれています。

外から2階に続くブロックを上っていくと感圧板の仕掛けが見えました。

砂漠のピラミッドが頭をよぎりながら、恐る恐る踏んでみます。

幸い爆発は起こらず、1階へと通じるはしごが現われました。

1階には宝箱も♪

この建物は氷室のように使われていたのか、氷がたくさん入っていましたよ。

この建物、もう1箇所にも感圧板を使った仕掛けがありました。

音ブロックも使われているようです。

今度はどんなお宝が・・・と、ドキドキしながら踏んでみると。

残念ながら、ウォーデンを召喚・・・。

こんなこともあるので、仕掛けにはご注意くださいね。

古代都市では、こんな仕掛けがつながる先や建物の中など、宝箱が置かれた場所をいくつも発見しました。

中身もいろいろ。

初めて見るアイテムもたくさんあります。

今後、宝箱の中身をどうやって使おうか、考えるとワクワクします♪

さいごに

今回初めて古代都市を発見し、あえていろいろ調べずに歩いて回ったので、何が起こるかわからずハラハラドキドキしっぱなしでした。

たまには、こんな楽しみ方もいいですね!

古代都市は、ざっと見る限り相当な広さのようです。

引き続き、あまり調べずに探検を続けて、いろいろな実験もやってみたいと思います。

続編もお楽しみに!

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

ライター紹介

ゆる主婦カフェ
中学生の子どもを持つお母さん主婦です。子どもの頃にドラクエやマリオにハマった世代で、ゲームは身近な存在でした。子どもの熱い誘いではじめた Apex Legends や Minecraft。年齢とともに衰える反応速度や動体視力と戦いながら、Apex、マイクラの練習に励んでいます。初心者でも、女性でも、こんな主婦でも楽しめるんだ!と、思ってもらえる記事を投稿していきたいと思います。