サイゲのコーポレートアニメ(CM)で出てくる作品まとめ

 ランク(順位) 神Lv1(5388
 経験値  7,932
獲得バッジ
まとめ記事を10記事公開1記事で10万PV10週連続記事公開125記事達成2つのカテゴリーで10記事攻略記事を40記事公開

かっこいい…!!

2021年12月に公開された2分弱のコーポレートアニメーションムービー。

この数年サイゲのコンテンツにどっぷりだったいちゲーマーとしては、かなりテンションの上がる内容でした。

ウマ娘やグラブル、プリコネ等様々な作品が出ていますが、いったいどれだけのコンテンツがまとまっているのか、ざっくり見てみたので共有していきたいと思います。

  1. 神バハは2022年1月で新規シナリオ更新停止
  2. 今後はコンシューマーも力を入れてくれそう
  3. 今後の新タイトルも楽しみ!

開幕バハムートからスタート

開幕は、サイゲの企業アイコンにもなっているバハムートさん。

2022年の1月に、「神撃のバハムート」が実質サービス終了(シナリオ更新の終了)と発表されたのもあり、神バハからサイゲのコンテンツに足を踏み入れた身としては少し寂しく感じてしまいます。

今後、グラブルやウマ娘、その他コンシューマーゲーム等に受け継がれていくのでしょうが、グラブルやシャドバの世界観の原点である神バハの最後のストーリーは、やっぱりちゃんと自分でプレイして見届けたいですね!

スマホゲームのアイコンが並ぶ

全コマではないですが、ざっと抜き出すとこんな感じ。

「神バハ」「グラブル」「デレマス」「スタライ」「シャドバ」「プリコネ」「ドラガリ」「ワーフリ」「ウマ娘」、ゲームではありませんが「サイコミ」もありますね。

日常パート開幕はゴルシちゃん

各キャラクターが日常に溶け込んだようなアニメーションパート、先陣はゴルシちゃんのドアップから。

マックイーンのこの表情、可愛いです

デザートに必死になるマックイーン。ここのシーンはTwitterでも言及している人が多かった印象。

ワーフリからは主人公組が登場

続いてワールドフリッパーの主人公組。もともとアニメーションテイストなイラストのアプリなので、全然違和感ないですね。

ドラガリもちゃんといる!!

リンクス特典等で仲間外れにされがちなドラガリですが、アニメーションではしっかり登場してくれています。嬉しい。

デレマスからはお馴染みの3人

グラブルではSR、SSRで実装。プリコネでもプレイアブで実装されているお馴染みの3人。

しれっとゾンビランド・サガの姿も

3人が表紙を飾る雑誌の並びに、ゾンビランド・サガのメンバーの姿が!

さらに、コンシューマーゲームとしてのプロジェクトが進行中の「GAMM」の姿もありますね。

街中を歩くプリコネの皆さま

美食殿の4人が現代の街中を堂々と歩いているのは、コーポレートアニメならではですね。

王冠見えちゃってますよ!!

アニメシャドウバースからは、すれ違う2人が

アニメシャドバの主人公のヒイロと、ヒイロが出会うゲームシャドウバースの主人公の一人、ローウェンがすれ違うのは、なんと街中のエスカレーター。

展望台から見えるグランサイファー

展望デッキにいるのは主人公(ジータ)、ルリア、ビィの3人。そして後ろに見えるのはグランサイファー。

やっぱりグラサイ含めグラブルのメインメンバーなんだなって感じがしますね!!

神バハはアニメ・ゲームの共演!

左側の3人は、アニメ版神バハでの主要キャラクター、ファバロ、カイザル、ニーナの3人が。

右側は、ゲーム版神バハ「バトルコンテンツ」のメインキャラクター、フィリア、シエル、ロランドの姿が確認できますね!

フィリアのキャラデザ好きです

アニメ絵柄で統一されると、フィリア(赤髪の女の子)のキャラデザが好みだなって自分の趣味嗜好を再確認してしまいます。可愛い。

ごった煮アニメでも存在感のあるアフロ

本当に神アニメでした神バハ1期。グラブル世界のアーミラはどういう結論を出すのでしょうか。

バトルパートはフルメンバーでスタート!

やっぱり中央は神バハなんですね。サイゲの原点!

両脇にグラブル、プロコネが並びます。

ここでやっとグラン君登場

開幕走っていくのはファバロ(神バハ)、グラン(グラブル)、ローウェン(シャドバ)、後ろにちらっとアルク(ワーフリ)の姿も。

そんな面々を後ろからスペシャルウィーク(ウマ娘)が抜き去っていきます。流石。

空を覆う不思議な雲…を見上げるモブおじ!?

左下、この髭、このオールバック、これはグラブルのモブおじさんでは?

雲が異形の形に。相対するのは神バハメンバー

不思議な雲が人?モンスター?の形になると同時に切りかかるロランドさんに、続くフィリア。

神バハアニメ勢は楽しそう

アニメ勢の3人はなんか楽しそうです。街中の人達も楽しそうに眺めているので、敵(異形)というよりは、このカラフルな雲は「コンテンツ」なのかも。

後ろに映っているのはグランサイファーですね。

ウマ娘と一緒に走る雲

走行中の車内から外を見る一般人、その横を颯爽と走り去るサイレンススズカ。はやい。

続くスペシャルウィークと、ウマ娘の形になった雲。

プリコネ勢は空中戦

一緒に飛んでいるだけで特に戦わないのかな?と思ったら。

ちゃんとプリンセスストライク飛んできました。かっこいい。

なおも走るスペちゃん

後ろでペコリーヌのUBが爆発を起こしている中、なおもウマ娘っぽい子たちとレース中のスペちゃん。とにかく作画が良い。

落下してくるグラン君

おそらくは背景に見えるグランサイファーから落下してきたグラン君。その高さ落ちてきて大丈夫なんだろうか…。

落下先ではドラガリ主人公が戦闘中

落下先ではドラゴンっぽい形の雲と戦闘中のドラガリ主人公が戦闘中。

共闘しているのはワーフリのアルク

飛び跳ねる光の玉のようなものの中で戦闘中。ちゃんとピンボール要素あった!!

次の10年

道行く人がスマホで撮影する先には、空を走る列車の姿。

そこには「To The next 10 years」の文字が!

10th Anniversary

電車の中には、Cygames 10th ANNIVARSARYの文字と、アニメシャドバの主人公、ヒイロとローウェンの姿。

アイドル勢の姿も

デレマス、ゾンサガの面々は画面越しに応援。やっぱり街の人たちは笑顔ですね。

ラストは全員で

最後は全員で飛び込んだカラフルな雲が光となり、また冒頭のスマホの画面が映し出されて…という流れ。

空が割れて炎が吹き上がり…

駆けるウマ娘たち

ウマ娘より、スペ、スズカ、ゴルシ。

見守る人たち

ドラガリ

シャドバ

プリコネ

ワーフリ

自分のお仕事をする人たち

ゾンサガ、デレマス

飛んでいる人

グラブル。グラン君、ずっと落ちてるねきみ。

光とともにいる人

神バハ…お疲れ様でした。

バハムートの咆哮

ラストはバハムートの咆哮。

神バハ以外にも「バハムート」の存在はあるので、今後もゲーム内含め、たくさん活躍して欲しいですね。

サイゲのCMすごかったよねまとめ

というわけで、サイゲームスのコーポレートアニメ-ションムービーの内容まとめでした!

個人的にじっくり見たかったので、コマ送りでしっかり全部見れて満足しています。

みなさんの「推しキャラ」は登場していましたか?

最近では「GAMM」をはじめ、コンシューマーにも力を入れているようですし、ウマ娘やゾンビランドサガも好調のよう。

いつか「ソシャゲの会社」「スマホアプリの会社」から、「日本の大手ゲームソフト会社」や「アニメの会社」として世間に浸透していく未来も近いのかもしれないですね。

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

ライター紹介

大納言あずき
大納言あずき
グラブルとグラブルのお姉さんが大好き
やること多すぎて最近何から手を付けていいかグルグル。
整理がてら記事を上げていくので、見ていっていただけると嬉しいです。