【モンスト】思わずうなづいてしまう、モンストあるある10選

 ランク(順位) 神Lv47(2400
 経験値  21,245
獲得バッジ
まとめ記事を10記事公開レビュー記事を10記事公開攻略記事を10記事公開1記事で1万PV100記事達成10カテゴリーの記事公開1つのカテゴリーで10記事10週連続記事公開

はじめに

モンストも来年には10周年を迎えて色々な機能も追加されていきましたね。

この記事ではモンストをプレイしていたら、おこってしまうモンストあるあるを紹介いたします

モンストをやっていると時にくすっと笑えてしまったり、時に本気で怒りがこみあげてしまう事もあると思います。

  1. ストライカーなら誰もが経験してしまっている事
  2. モンストは楽しいけどこんな思いした事ある
  3. 心に傷を負ってしまいモンストをやめたくなった

このようなことをまとめておりますので、楽しみながらご覧になってください。

この記事は5分ほどで読み終わりますので、ぜひ最後まで読んでいってください。

ドロップ編3選

初めのころは運極達成した時、スクショしていたが運極増えてきたらしなくなる

モンストで初めた時は、運極達成したら達成感から、スクショを行っていた方が多いと思います。

ただ、運極モンスターが10体以上ともなると、珍しくもなんともなくなります。

スクショどころか運極周回に涙が出そうになります。

ただし、珍しいキャラクターを運極にしたときは達成感からスクショを撮ってしまうという、おもしろい現象が発生します。

今のモンストでは獲得が難しい「涅槃寂静」や「アーキレット」を運極にした人なんかはスクショだけではなく、SNS で共有する方も多く出てくるでしょう。

あともう少しで運極になるのに最後の最後で神ドロップする

あと3体で運極達成という時に限って、宝箱から対象モンスターが鬼のように出るわ、ラッキーリザルトが発生するわで、ひっそりとため息がこぼれたストライカーが多いと思います。

今のタイミングではなく、もう1~2週前にドロップしてくれたらと思う事も多かったはずです。

ちなみに、運極オーバーした余りモンスターは、売却一直線の道を辿っていくでしょう。

フエ~ルビスケット使用した時に限ってモンスタードロップ数激減

先ほど記載している最後に神ドロップと逆にはなるのですが、運極周回が面倒くさくなり、フエ~ルビスケットを使って時間短縮と思ったときに限って対象モンスターが2ドロップだけなんて言う事もざらにありますよね。

スタミナも倍使って、貴重なアイテムを使用しているのに、使用していない時とそこまで変わらないドロップ数になることも多々あります。

何て罪深いシステムなのでしょう。

プレイ編3選

打ちなおそうとして矢印引っ込めたが、引っ込み切れていなくてくそショット炸裂

違う方向に打とうと矢印を引っ込めたつもりが、引っ込み切れておらずに明後日の方向に打ってしまうことありますよね。

これが何週も何週も周回してやっと初めてクリアする激ムズクエストで起こってしまったら、悔やんでも悔やみきれません。

特にマルチでこの現象を起こしてしまったら、画面の向こうでは他プレイヤーが呆れているんだろうなと考えてしまうものです

あと1手でクリア出来るからと、適当に打ったショットに限ってくそショット炸裂

もう敵も1体、雑魚の HP もミリ残りなので適当に打った時に限って、敵に全く当たらず終わることもしばしば。

特に綺麗な縦カンが決まってしまったときなんかは「なんで今??」と謎が謎を呼ぶショットが炸裂するときもあります。

特にマルチでこの現象を起こしてしまったら、何しているんですか??の意味を込めて他プレイヤーからグッジョブ連打が飛んできます

SS 渋って貯めていたら大抵1~2体は SS 未使用で終わる

まだ使わなくてもいけると SS を最終のステージまで貯めていたステージに限って、最終ステージも難しくないので SS が貯まったまま終了という事もしばしばあると思います。

特に、ワンパンの為に連れて行ったキャラに限って、出番が回ってこないまま、ステージ終了という事を皆様何百回も経験していると思います。

モンストのキャラは SS 演出もかっこいいのが多いので、1回でも多く見たい時がありますよね。

クエスト編2選

寝ようと思ったらラックボーナス発生してスタミナ全開

このクエストクリアしたら寝ようと思ったら、スタミナ全快運極ボーナスが発生してしまい、もう1~2クエスト回る現象を体験したことあると思います。

ランクが高い人ほどもったいないお化けが邪魔をして、寝不足になることもあります

スタミナ全快になって困ることはないのですが、今このタイミングじゃなくても・・・と悔やまれる時があります。

ストックしていたクエストって結構やらない

あとで回ろうとストックしていたクエストって優先順位が低いからか、あまり回らなかったりしますよね。

そのクエストは大概、轟絶クエストが非常に多いです。

モンストの中でも難しいクエストですから、重い腰を上げないといけないからですね。

そしてなぜか、後日同じクエストをストックしている現象を、ストライカーの方は経験していると思います

おまけ2選

漢字が難しいキャラ名の読み方がわからず検索が不可能

昔のモンストは有名キャラが多かったので問題は少なかったのですが、今のモンストは社会の教科書に載っていましたか??といったキャラクターが出てくるときもあります。

そのキャラが難しい感じの三国志のキャラだった場合、漢字変換も出来ない為、検索することが出来ず、地道に探すという作業が発生します。

梃子場亜流太・・・雲母大佐・・・東海道中膝栗毛・・・読めません状態ですよね。

コラボガチャで未所持キャラが出るときに限ってあなた誰??というモンストのキャラが出てしまう

モンストで好きな漫画やアニメのコラボが来た時、すっごくテンション上がってガチャも引いてしまうものです。

ガチャ引いて卵がパリンパリン割れていく中、画面が止まったらさらにテンション上がると思うのですが、そんな時に限ってあなた誰??というキャラが出てきてしまうものです。

せめて前から欲しかったキャラが出てきたのならいいのですが、大概名前すら忘れてしまったキャラが出てきてしまいますので、テンションの下がり方が半端じゃないです。

まとめ

実体験を元に多くのストライカーが当てはまることを記載いたしました。

冒頭にも書きましたが時に笑ってしまったり、時にイライラし、時に落ち込んだこともあります。

ただ、それを含めてモンストって本当に楽しいゲームなので続けてしまいます。

今後もモンストを応援しながら楽しめていけたらいいですよね。

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト