【朗報】ゴースト、ガチポケだった|ポケモンSV

おすすめアプリ
Raid
[PR]編集部イチ推しゲームはこちら

【朗報】ゴースト、ガチポケだった

【朗報】ゴースト、ガチポケだった

ゴーストとは一体なんですか?という方はまず、下記のページからご覧ください。

ゴースト – ポケモンずかん

ゴーストはゲンガーの進化前のポケモンです。

ご存知ですか、ゲンガーの特性は「のろわれボディ」ですがゴーストの特性は「ふゆう」であることを。

ゲンガーには特性ふゆう→のろわれボディ に変えられたという「悲しき過去」がありますが、ゴーストの特性は「ふゆう」のままなのです。

つまり、「しんかのきせき」を持たせて耐久力を上げるだけではなく明確に差別化できる点があるということです。

ですが、今回は「しんかのきせき」は使用しません。

むしろ、進化前で種族値が低いことを生かした立ち回りができることに重きを置いた型を紹介します。

  1. 特性ふゆう によりじめん技は当たらない
  2. 耐久力が低いからこそできる立ち回りがある
  3. すばやさが低いからこそできる立ち回りがある

今回の記事は5分ほどでお読みいただけるので、ぜひご覧になってみてください!

ゴーストの強み

  • 特性ふゆう によりじめん技が当たらないので、じめん技に受け出ししてアンコールすることができる
  • ゲンガーより耐久力が低いので、みちづれを成功しやすい
  • ゲンガーよりもすばやさが遅いので、トリックルームを生かしやすい

ゴースト育成論

 

タイプ
ゴーストどく
特性
ふゆう
ゲンガーが「のろわれボディ」である一方、ゴース・ゴーストは「ふゆう」です。
そのため、じめん技をアンコールで固定するといった芸当ができます。
種族値
H65A110B130C60D65S95
性格
むじゃき
むじゃきである理由は2点あります。
①ふいうちを採用する場合少しでも威力を上げるため(ハバタクカミがシャドーボール+ふいうちで乱数)
②耐久はあってないようなものなので、みちづれ が確実に決まるように耐久を下げるほうが使いやすいため
努力値
A4C252S252
実数値
H120A71B58C167D75S161
持ち物
きあいのタスキ進化前なので耐久力はありませんが、火力は十分にあるので、ふいうちも駆使して、ハバタクカミ・サーフゴー・ドラパルト・テツノツツミ といった環境上位で活躍するポケモンを倒すことができる可能性があります。
こだわりスカーフ初手みちづれ で相手を確実に倒したい場合に持たせます。
相手が起点作り型、積み技を使用してきそうな場合にはトリックで行動を縛ります。
こだわりメガネ
自身の火力補強ができるとともに、相手に押しつけて後続のサポートができます。
テラスタル候補
 ゴースト通常シャドーボールでハバタクカミを落とせませんが、ゴーストテラスタルを使用することで耐久無振り(B4振り)であれば、ちょうど確定1発で落とせるようになります。
技候補
物理技
ふいうち読まれにくい先制技です。
ハバタクカミ・テツノツツミ・ドラパルト・パルシェン などを倒すときに役立ちます。
特殊技
シャドーボールハバタクカミには確定で耐えられますが、ふいうちで乱数で倒せます。
ドラパルトは乱数です。
たたりめ
状態異常相手には最大火力を出せます。
ヘドロばくだんヘドロウェーブは覚えられませんが追加効果が優秀です。
相手をどく状態にできれば、ふいうち・みちづれ が決まりやすくなります。
こごえるかぜ相手のすばやさを下げることで、相手の上から みちづれ を使用できるようにします。
マジカルシャイン苦手なあくタイプへの最高打点です。
ゴーストでもサザンドラは確定1発で倒せます。
変化技
みちづれゴーストのメインウェポンは みちづれ と言っても過言ではありません。
読まれやすいので、トリックルームとあわせて、うまく みちづれ を発動させましょう。
のろい起点回避として使用します。
どくどくどくタイプなので必中です。
おにび
後続のサポートとして使用します。
でんじは
後続のサポートとして使用します。
みちづれ とは相性は良くありません。
トリック
こだわりスカーフ・こだわりメガネを相手に押しつけて後続のサポートをします。
トリックルームみちづれ→後攻トリックルームで攻撃されたとき、みちづれの効果が発動します。
さいみんじゅつ当たれば大きなアドバンテージになります。
ちょうはつみちづれを確実に成功させる手段として有効です。
アンコール特性ふゆう によりじめん技を無効化してアンコールできます。
ほろびのうた起点回避として使用します。
退場際にさいみんじゅつを使用することもできます。

 

【朗報】ゴースト、ガチポケだった まとめ

  • ゴーストとゲンガーは差別化できる
  • 耐久の低さを生かしたみちづれ、みちづれを確実に決めるためのトリックルームが優秀
  • ゲンガーよりも火力がない分、起点にされないように立ち回る必要がある

【朗報】ゴースト、ガチポケだった

クラベル校長もゴーストの採用はありえると仰られているようなので、ゴーストで相手の意表を突いてみてはいかがでしょうか。

[PR]世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料のターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなハマってます!

注※PCゲームのため、PCからアクセスしてください。スマホだとページが開きません。

\ まずは無料でプレイ!(PC版)/

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※PCゲームのため、PCからアクセスしてください。スマホだとページが開きません。

\ まずは無料でプレイ!(PC版) /

RAID: Shadow Legends 公式サイト