なかなかドン勝できないPUBGプレイヤー必見!知って得する戦い方とは?

なかなかドン勝できないPUBGプレイヤー必見!知って得する戦い方とは?

みなさんは PUBG MOBILE をご存じでしょうか?

きっとこの記事を見てくださっている方は、プレイしたことがある人も多いと思います。

PUBG MOBILE は無課金でも全モードプレイでき、おうち時間を楽しむのに最高のゲームです。

1回のゲーム内でのマッチで、1位になることをPUBGでは「ドン勝」といいますが、初心者だとなかなかドン勝できなくて、お悩みの方も多いと思います。

今回は、なかなかドン勝できない PUBG プレイヤーに是非知ってほしい戦い方を徹底的に解説していきます!

  • ドン勝するために近接戦につよくなろう!
  • 近接戦の実践にはアリーナモード!
  • ドン勝するための立ち回り方は?
  • 意外と重要!投げものの活用

 

なお、本記事は5分で読み終わりますので、ぜひ最後まで読んでいって下さいね!

ドン勝するためには近接戦を制すること!

まず近接戦とは、お互い敵がいる場所を把握している状況で、近距離で撃ち合いをすることです。

ではなぜ近接戦を制することが重要なのでしょうか。

ズバリ、安全地帯が狭くなった最終場面では近接戦に持ち込む可能性が高いからです!

ドン勝することを最優先に考えると、マッチの序盤から中盤にかけては安全地帯が広いため、万が一接敵しても、立ち回りを工夫すれば接敵を回避することが出来ます。

しかし、安全地帯が狭くなってドン勝がかかっている場面では、敵がすぐそこにいる可能性が非常に高く、近接戦を制する必要があります!

近接戦では多くの場合、障害物がない中でお互い体を出して戦うことになります。

大事なのは腰撃ち!

このとき大事になってくるのが腰撃ちです。

腰撃ちとは、スコープを覗かないで敵に照準を合わせて銃を撃つことです。

腰撃ちをすることで素早く対応することが出来ます。

撃ち合いに勝つには、ワザが必要になってきます!

そのために、使えるワザを惜しみなく紹介していきます。

ヘッドを狙え!

まず、近距離・遠距離関係なく敵を倒すために重要なのが、敵の「ヘッドを狙う」ことです。

敵の頭に照準を合わせて銃を撃ち、敵に命中させることを「ヘッドショット」といいます。

胴体や手足に弾を命中させるより、頭に弾を命中させる方が、相手により大きなダメージを与えることが出来ます。

使う武器によって与えられるダメージ量に違いがありますが、ヘルメットやベストといった防具無しで比較した場合、

頭は胴体に比べて約2倍以上、手足に比べて約5倍の量のダメージを与えることが出来ます。

つまり、ヘッドショットを狙うことで撃ち合いに勝つ可能性がぐんと高まります!

常に敵の頭を狙うことを意識してみて下さい!

近接で使えるワザ①レレレ撃ち

「レレレ撃ち」という言葉を初めて聞いた人も多いのではないでしょうか。

レレレ撃ちとは、相手と撃ち合いをしているときに、キャラクターを左右に細かく動かすことで、相手の弾を回避することです。

敵と至近距離で撃ち合いをしたときに、敵に細かく動かれてしまい、全然弾が当たらなくて負けてしまった!という経験はありませんか?

体を細かく動かすことで、相手もエイム(銃の照準)を合わせるのが難しくなるのです!

やり方は簡単!

敵にエイムを合わせて銃を撃ちながら、自分のキャラクターを左右に細かく動かすだけです!

ただ自分のキャラクターを左右に細かく動かすことで、敵にエイムを合わせにくくもなるので、慣れが必要です!

近接で使えるワザ②伏せ撃ち

みなさんは伏せ撃ちをご存じでしょうか?

伏せ撃ちとは、その名の通り撃ち合いをしている途中で、伏せをすることです。

やり方は簡単!

撃ち合いをしている途中で伏せるボタンを押して、伏せながら撃つだけ!

なぜこれが良いかというと、まず伏せながら撃つことによってエイムがかなり安定します。

そしてさらに、急に伏せられると敵もエイムを合わせるのが難しくなり、敵の弾を回避する効果もあります。

ただし伏せてから2~3秒ほどで、敵も順応して戦ってくるので、ここぞ!というタイミングが重要です!

ぜひ練習してみてください!

アリーナモードの活用

みなさんは、アリーナモードをプレイしたことがありますか?

実はこのモード、クラシックでドン勝するためには、絶対に欠かせないモードなのです!

アリーナモードには5種類あります。

中でもクラシックで勝つために重要なのが「TDM」モードです!

TDM とはチームデスマッチのことで、倒されても何回でも生き返ってプレイすることが出来ます。

敵をキルすると味方チームのスコアが+1され、40ポイント先取したほうが勝ちになります。

ドン勝するためには近接戦を制することが重要だと書きましたが、 TDM ではまさに近接戦を練習するのにうってつけなのです!

ヘッドショットを狙うこと、レレレ撃ち、伏せ撃ち等をぜひ試してみて下さい!

ドン勝するためには立ち回りが命!

ドン勝をするために最も重要なのが立ち回り方です!

各マップでの、ドン勝するための立ち回り方をまとめました。

Erangel★激戦区であるPochinki, School、 Military base を避けましょう
車を確保し、基本的に車を使って移動するように!
マップの南の島に安全地帯が決まりそうであれば、橋で検問されている可能性があるので早めに移動しましょう
Livik★激戦区である Midtstein、 Crabgrass、 Power Plant を避けましょう
四方八方開けているマップなので、周りに敵がいないか、銃声を聞いて敵に囲まれていないか、常に確認しましょう
家に入って敵を探すのがオススメ!
マップが狭いため、安全地帯を先回りしましょう
Sanhok★激戦区であるBootCamp、Paradise Resort、Ruinsを避けましょう
接敵することが多いので、最初に降りる場所が肝心!
ドン勝を狙うためには、名前のない集落を転々として物資を集めるのがオススメ!
※Sanhokの場合、物資が集まりやすいので小さな集落でも大丈夫です
緑に紛れて伏せている敵もいるので、直線的に移動せず、くねくね移動するように!
Miramer★激戦区である Pecado、 El Pozo、 Los Leones を避けましょう
マップが広いため、車の確保が必須です
マップの高低差が大きいのが特徴なので、できるだけ高い場所に移動しましょう
遠距離でスナイパー合戦になることが多いので、SRを持っておくこと!
スコープは4倍以上のものがあるとGood!
Vikendi★激戦区である Villa、 Cosmodrome、 Castle、 Goroka を避けましょう
ドン勝を目指している初心者には、オススメ出来ないマップです
雪原がひらけている場所が多いので、移動には車を使いましょう
雪マップでは車が通るとわだちが残り、痕跡がわかりますのでご注意を!
Karakin★名前がついている集落は、どこも激戦区なので要注意!
基本的に名前のない小さな集落に降りるのがオススメ!
山が多いので、基本的には山の上をとるようにしましょう
Livik と同じく、常に周りに敵がいないか確認しながら移動してください!
仮に接敵しても、安全地帯内に入ることを最優先に考えて下さい

 

意外と使えてない人が多い!投げものの上手な使い方

接敵したときに重要になるのが、グレネードやスモークといった投げものの使い方です。

そのくらい、使えるよ!と思っている方も多いと思います。

しかし投げものを、たかが投げもの、と侮ってはいけません。

投げものの使い方が、勝負を左右することも十分にあるのです。

重要なポイントをまとめておきます。

グレネード

最低3つは持っておく

・グレネードは爆発するまでに7秒あるので、敵の場所に落ちたときに爆発するように、グレネードを持ってから3~4秒は持ったままにする

・グレネードを持つと、投げる軌道が表示されるので、敵の場所に落下するように、軌道を調節する

・自分が建物の2階にいて、敵が1階から2階に攻め入ろうとしているときには、グレネードを階段に投げて、侵入を妨げる。(置きグレ)

スモーク

最低3つ、できれば5つほどあると安心

・基本的に味方が敵にダウンさせられたら、スモークの中で味方を復活させること

補給物資をとるときには必ずスモークを焚くこと

・安全地帯が狭い中で、屋外を移動するときにはスモークを焚いて、そのスモークの道を通るようにする

さいごに

さいごにまとめると、ドン勝するためには、

・近接戦につよくなること
・立ち回りを工夫すること
・投げものを積極的に使うこと

この3つがとても重要です!

クラシックではこの3つを念頭に置きながらプレイしてみてください!

また、チームプレイでは、メンバーとの連携も非常に重要ですので、可能であればボイスチャットをしながらのプレイがオススメです!

「リアル」ウマ娘はじめませんか?

ウマ娘にハマっている方、必見です!

ウマ娘のあとは、本物の「競馬」はいかがでしょうか?

競馬は、まさに「リアル」ウマ娘との出会いになるかもしれません…!

青い空、芝の匂い、馬の足音、客の歓声…!

ウマ娘と同じ興奮がそこにあります!

ただ、競馬場に行くのは気が引ける…

という、そこのあなた!

オッズパークでは、スマホで家にいながら地方競馬の馬券が買えるのでご安心下さい!

そんな手軽さが、幅広い層にウケています!

入会費・年会費が無料のこの機会に、競馬にチャレンジしちゃいましょう!

\ まずは気軽にお試し /

オッズパーク公式ページはこちら