【龍が如く0】プレイスポットを遊び尽くせ!キャバクラキングへの道のり④

 ランク(順位) 軽戦士(42388
 経験値  1,699
獲得バッジ
10記事達成1つのカテゴリーで10記事

前回の復習

第4回目になります。

前回は火野との直接対決を制し、新たなエリアの登場、新キャストのスカウトと物語が大きく動きました。

前回までのあらすじはこちらになります!

【龍が如く0】プレイスポットを遊び尽くせ!キャバクラキングへの道のり③

今回は、新たに仲間となったキャストの「育成」を進めつつ、新しいエリアを攻略していきたいと思います。

それでは今回も一緒にキャバクラキングを目指していきましょう!

  1. オーナー達のおさらい
  2. やっぱり悦子は凄い!
  3. 金原の人間性

この記事は5分程で読み終わりますので、最後まで読んでいってくださいね!

どのエリアを攻略していくか

一気に3つのエリアが解放されました。

ここからは好きなエリアから攻略出来るという事なので、早速各オーナーを確認していきましょう。

木塚オーナー

まず1人目は、JUPITER のオーナー木塚です。

顔にはたくさんのピアスがついており、かなりコワモテのオーナーです。

口調もかなり荒く、前回戦った火野と比べてもかなり強敵そうです。

キャバクラ経営の前に外から嫌がらせしてきそうな感じがありますね…

金原オーナー

次に、VENUS のオーナー金原です。

先程の木塚とは違い、リーゼントに派手な服に身を包んだ、イケイケなお兄ちゃんですね。

どことなくボンボンな感じは火野と似ているでしょうか…

この美しい顔を、覚えておいてくれたまえというセリフからも、かなりのナルシストな感じが見て取れます。

美人系のキャストを多く揃えているのでしょうか、気になります。

水村オーナー

最後に、MERCURY のオーナー水村です。

オシャレなスーツにハット、インナーで水色を指してかなりダンディな雰囲気が出ています。

蒼天堀ファイブスターズの中でも1番の高齢者ですね。

キャストの質もかなり高そうな感じがします…

最初に攻略するのはここだ!

以上が各オーナーのおさらいでした。

どこから攻略するか迷いましたが、最初は金原率いる VENUS から攻略していきたいと思います!

水村オーナーは強敵の雰囲気が漂っているので、最後にしようと思い、金原と木塚で迷いました。

火野より強敵なのは間違いないですが、1人ずつ倒していきたいと思います!

新エリア攻略開始!

早速、新キャストを交えながら VENUS エリアを攻略していきたいと思います。

ここで、店舗状況を確認出来ることを知り、チェックしてみるととんでもない事が判明します。

どうやら、VENUS は MOON に次ぐ売上を誇るファイブスターの No.2 との事…

水村オーナーから放たれていた圧倒的強者のオーラは何だったのでしょう…

女の子を騙し利用するというちょっと気になる文言も記載されています。

とは言え、ここで急な方針転換をしたら真島支配人に激怒されてしまいそうです。

宣言通り VENUS エリア攻略に行ってきます!

ドレスアップし、いざ出陣!

出陣前に Looks 要素を上げようと「ドレスアップ」してみました。

ユキちゃんはどこかで見た事あるようなアイドルの様な風貌に変わりました。

個人的には初期の素朴なユキちゃんが好きです。

亜衣の方は見事にモデルチェンジしました。

可愛い雰囲気から一変、女優の様な雰囲気に!

ちょっと告白しそうになりましたが、大事なキャストなので踏みとどまりました。

踏みとどまった所でいざ初陣に向かいます。

サンシャインのドン悦子

新たなキャストを迎えての営業開始です。

当然のように先頭を陣取る悦子。

これがキャバクラの縦社会なのか、なんて事も考えましたが、うちの稼ぎ頭なので頭が上がりません。

新たなエリアという事もあってか、お客様の入りはいつもより少なめです。

富豪客の来店がそこそこあったので、気は抜けませんでした。

待望の PARTY 女子2人も仕事をしてくれてます。

亜衣ちゃんも流石他店のエースだっただけあり、富豪客を上手く接客します。

もうお札が舞っちゃってますね…

なんとか、新エリア初営業が終了しました。

売上はというと…

やっぱり悦子がナンバーワン!

流石先頭を陣取るだけあります。

サンシャインの不動のエースです。

ここからしばらくファン獲得に向けて営業を続けていきます。

ここで初の大富豪様が来店しました。

まだまだうちでは中々満足させるのが難しそうです…

ファン数が1500人を突破

VENUS エリアのファン数が1500人を突破しました!

どうやら、オーナーの金原は「元ホスト」の様です。

その美貌を活かして、女の子を自由自在に操っているとの事…

なんともけしからんですね。

しかも、ナンバーワン嬢、千佳ちゃんとは恋人関係の様です!

今後登場するであろう千佳ちゃんに胸が踊ります。

そしてやってきました、恒例の視察です。

前回は敵情視察でしたが、今回は金原の顔が全然思い出せないから拝みに行くという何とも不思議な理由です。

このタイミングで事務の大石さんが登場します。

唐突な新キャラクターの登場に何やら怪しさを感じますが、それでは早速視察に向かってみましょう。

金原劇場

視察に行こうとした所で、コントの様な展開が始まりました。

突如サンシャインに響き渡る笑い声。

逆に金原がサンシャインに訪問してきます。

金原の顔を覚えていない真島はどちら様ですかと確認します。

オレオレ詐欺ならぬボクボク詐欺でしょうか…

この美しい顔を覚えてないのかと豪語する金原。

やはり、かなりの「ナルシスト」ですね。

オマール石川

ここで3択の選択肢が登場します。

ようやく真島支配人も思い出したようです。

そうです、この人があのオマール石川です!

ノリツッコミも分けなくこなす金原。

これはかなりのやり手ですね…

真島支配人も金原のノリの良さに関心しきりです。

盗まれた情報

どうやら金原は、真島達が視察に来るという情報を聞き、やってきたとの事でした。

一体どこから情報が漏れたのか、そう考えているとヤツが現れます。

怪しさ満点だった大石です!

サンシャインの顧客情報、女の子の情報、売上データ全て盗まれてしまいます。

セキュリティ甘いですよと思わず陽田さんに突っ込みたくなりました。

データを分析して弱みを洗い出そうとする金原。

そんな見かけによらない面が金原が No.2 である理由かも知れません。

金原の人間性

金原は先程の大石の事を利用している様でした。

女の子の事を扱いやすい生き物としか思っていない様です。

サンシャインを小汚い店と馬鹿にしていると、ユキちゃんと亜衣ちゃんもやってきます。

真島さん達はともかく私は小汚くなんてないと強く主張するユキちゃん。

そんなユキちゃんを見て美しいと金原が見惚れます。

この展開には慣れちゃっているユキちゃんはどうせ亜衣ちゃんの事でしょうと軽くかわします。

自分の事だと認識して思わず目が丸くなります。

そんなユキちゃんに、金原は自分の女にならないかともちかけます。

断ってくれという私の想いが通じたのか、ユキちゃんは断ります。

生理的に無理と見事なストレートを打ち込むユキちゃんでした。

VENUS のナンバーワン

ここで遂に千佳が登場します。

VENUS の No.1 キャバクラ嬢です。

ユキちゃんや亜衣ちゃんとは違い可愛さより美人な雰囲気が漂っています。

金原と付き合っているという噂もどうやら本当みたいです。

どうやら金原には月山を越えるという目標があるようです。

私も捨てられないようにしないとねと呟く千佳と見つめ合う金原。

千佳は男性の1歩後ろを歩くタイプなのでしょうか。

大人の女性といった感じがしますね!

キミを捨てるなんてありえないという金原ですが、最後の言葉には怖さを感じました。

ユキちゃんの事を手に入れると豪語し、金原は立ち去ります。

モテて良かったねとユキちゃんに声をかける亜衣ちゃんはやっぱり天然なのでしょうか…

さいごに

鳥のような脳みそに乾杯された所で、キャバクラキングへの道のり④今回はここまでと致します!

まだまだ先は長そうですが、今回は金原という人間の人間性が垣間見えた気がします。

次回はキャバクラバトルへ向けて 、更にファンを増やしてストーリーを進めていきたいと思います!

金原と千佳の関係性をより深く知ることが出来るのでしょうか。

では、また次回お会いしましょう!

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

ライター紹介

くぜze
くぜzeと申します。
三度の飯よりゲームが好き、仕事よりゲーム、ご飯よりゲーム、お風呂よりゲーム。
特に龍が如くが大好きです。
社会人になってからですが熱中しました。
リアルタイムでやっていなくても後からやってみたらこんなに面白いゲームあったんだ……!!となることが多々あります。
プレイ・レビュー系記事がメインになるかと思いますが、このゲーム面白そうだな。をたくさんの人に伝えていければと思っております!
Twitterアカウント@ze68911579