【炎上総まとめ】ロマサガRSプレイヤーが知るべき8の事件【ロマンシング サガ リ・ユニバース】

おすすめアプリ
Raid
[PR]編集部イチ推しゲームはこちら

ロマサガRSで発生した炎上事件をご紹介します!!

みなさんこんにちは、「横島先生」と申します。

本日は、サービス開始から現在までに、ロマサガRSで発生したティピカルな炎上事件をまとめさせていただきます。

ではさっそく、詳細を見ていきましょう。

  1. 炎上事件①:バーニィ事件
  2. 炎上事件②:ゴルピ消滅事件
  3. 炎上事件③:白結晶サイレント下方修正事件
  4. 炎上事件④:「リズの受胎…懐妊…お目出度…妊娠」事件
  5. 炎上事件⑤:スタッフのITOKEN実装事件
  6. 炎上事件⑥:ロマサガRSの4.5周年記念イベント事件
  7. 炎上事件⑦:リニューアルに対する不満爆発事件
  8. 炎上事件⑧:アップデートに伴う多彩なバグ事件

この記事は5分程度で読み終わりますので、さいごまでお付き合いいただければ幸いです。

バーニィ事件

「バーニィ事件」はロマサガRSにおける特定のイベントに関連して起きた炎上事件です。

この事件は、SSバーニィの取得イベント「ペット捕獲大作戦」において発生しました。

このイベントでは、SSバーニィを獲得するためには、本体ではなくドロップピースからのスタイル召喚が必要でした。

しかも、周回するステージが高難易度であり、4体の敵が出現し、奥にいる敵を倒すと難易度が飛躍的に上昇するため、全体攻撃がほぼ禁止状態になるという厳しい条件がありました。

このため、イベントをクリアできないプレイヤーや、クリアできても必要なピースを集められなかったプレイヤーが多数存在しました。

特に新規プレイヤーや、イベントに必要なキャラクターを持っていないプレイヤーにとっては、SSバーニィの獲得が非常に困難であると感じられました。

この状況がプレイヤーの間で大きな不満となり、炎上事件につながったのです​​。

ゴルピ消滅事件

「ゴルピ消滅事件」は、ゲーム内の重要なリソースであるゴールドピース(通称「ゴルピ」)に関連する問題で発生しました。

この事件は、運営側がバランス調整のために予告なしにゴールドピースをゲーム内から消去したことに起因します。

これにより、多くのプレイヤーがゲーム内でのSSスタイルの限界突破が困難になり、コミュニティ内で大きな炎上が発生しました。

この問題の影響で、新規プレイヤーを含む多くのユーザーがゲームプレイにおいて重要な進展を遂げることができなくなりました。

プレイヤーコミュニティの強い反発を受けて、運営チームはユーザーの意見を取り入れ、最終的にゴールドピースをゲームに復活させることを決定しました。

この決定は、プレイヤーにとっては大きな救済措置となり、ゲームのバランスを取り戻す上で重要な役割を果たしました。

この一件は、オンラインゲームの運営におけるコミュニケーションの重要性と、プレイヤーの意見を適切に反映することの必要性を示しています。

運営チームは、ゲームのバランスを維持しながらも、プレイヤーの期待と要望に応えることが求められていることが浮き彫りになりました​​​​。

白結晶サイレント下方修正事件

「白結晶」の交換アイテムに対するサイレント修正が炎上の原因となりました。

白結晶は、ゲーム内でキャラクターの被ったスタイルピースを売却することで入手できるアイテムで、これを使用してゴールドピースやシルバーピースなどのレアアイテムと交換できるシステムです。

このシステムは、ゲーム内でキャラクターが重複した際の救済措置として設けられていました。

しかし、運営側が予告なく交換アイテムを削除し、サイレント修正を行ったことで、多くのプレイヤーからの批判を受けました。

特に、この修正によりゴールドピースやシルバーピースが交換不可能になったことが大きな問題となり、SNS上では「ロマサギ」「ロマンシング詐欺」といった声が上がり、プレイヤー間での不満が高まりました。

批判の高まりを受けて、運営側は後に修正を再検討し、ゴールドピースとシルバーピースを1,000個の上限で毎月リセットされる形で常設化することを決定しました。

さらに、このトラブルに対するお詫びとして、プレイヤーに3,000ジュエルが配布されました。

この炎上事件は、ゲーム内のバランスやアイテムの価値に関する運営側の意思決定が、プレイヤーに直接影響を与えること、そしてそのような変更が予告なしに行われた場合、プレイヤーの間で大きな不満が生じることを示しています。

プレイヤーの期待やゲームのバランスを維持するためには、運営側が変更を行う際には透明性とコミュニケーションが重要であるという教訓を、この事件は提供しています​​​​​​​​。

「リズの受胎…懐妊…お目出度…妊娠」事件

「リズの受胎…懐妊…お目出度…妊娠」という出来事は大きな論争を巻き起こしました。

このゲームでは、主要キャラクターの一人であるリズが突然妊娠するという展開が描かれ、これが多くのファンから批判を受けました。

この炎上は、キャラクターに対するファンの感情や期待との衝突から生じたものです。

一部のファンは、この展開がキャラクターのイメージやゲームの世界観に合わないと感じ、シナリオライターによる個人的な好みの押し付けと見なしました。

また、ゲーム内でのキャラクターのセリフやその扱いについても不快感を示す声がありました。

特に、ヌサカーンというキャラクターがリズの妊娠に関して「受胎…懐妊…お目出度…妊娠…」と述べるセリフについては、多くのプレイヤーが不適切だと感じたようです。

このセリフは、妊娠を軽視するかのような印象を与え、ゲームのファンタジー世界におけるリアリティの欠如を示唆していると批判されました。

この事件は、ゲームコミュニティ内で多くの議論を巻き起こし、キャラクターへの感情投資の深さや、ストーリーテリングに対するプレイヤーの期待の高さを浮き彫りにしました。

ファンからは、キャラクターの妊娠に関する扱いや今後の展開についてさまざまな意見や憶測が飛び交い、この一件がゲームのファンコミュニティに与えた影響は大きいものとなりました​​​​​​。

スタッフのITOKEN実装事件

伊藤賢治氏(イトケン)がガチャキャラクターとして実装されたことが炎上のきっかけでした。

伊藤賢治氏はサガシリーズの作曲を手掛ける著名な人物で、彼の実装は多くのプレイヤーから異論を引き起こしました。

実装に対する反応は多岐に渡り、肯定的な意見もあれば、ゲームの世界観を壊すといった否定的な意見もありました。

この炎上は、キャラクターとしての「ITOKEN」の存在自体が問題視されたわけではなく、ゲーム内に実在する人物を登場させることに対する批判が大きな要因となりました。

プレイヤーの間では、ゲームの世界観を守るべきだという意見が強く、リアルな人間の登場に対する反発が見られました。

また、一部のプレイヤーは、伊藤賢治氏の楽曲は好きだが、彼自身には興味がないという立場を取る人もいました。

それに加えて、運営側の意図として、この実装が伊藤賢治氏のアルバム「DESTINY 8」の宣伝を目的としていた可能性が指摘されています。

ただし、この宣伝がロマサガRSのユーザー数増加にはつながらなかったことから、運営の判断に疑問を呈する声も上がっていました。

サガシリーズの開発者である河津秋敏氏は、この炎上について「プレイヤーの真剣な議論に感謝する」とコメントしており、プレイヤーの意見を重視する姿勢を示しています。

これは、肯定派も否定派も含めた全てのプレイヤーを尊重するという姿勢を表しており、プレイヤーからの反応を真摯に受け止めていることがうかがえます​​​​。

この炎上事件は、ゲームの世界観やキャラクターの扱いに対するプレイヤーの思いが深いことを示しており、開発者とプレイヤー間の関係性、そしてキャラクターや世界観への愛着がどれほど強いかを改めて浮き彫りにしました。

ロマサガRSの4.5周年記念イベント事件

ロマサガRSの4.5周年記念イベントでは、有観客で行われた公式生放送中に予期せぬトラブルが発生しました。

このイベントでは、アップデートの完了を祝う予定だったが、トラブルによりアップデートの延期を発表しなければならなくなりました。

運営チームは生放送中に緊急会議を行い、メンテナンスを翌日まで延長することを決定しました。

市川プロデューサーは生放送前から何か悪いことが起きる予感を感じていたと述べ、実際に生放送の休憩時間中にスタッフ全員の顔が青ざめているのを目の当たりにしました。

休憩時間には緊急会議が行われ、「メンテナンスを0時まで延ばすか」などの対策を検討していました。

生放送が続く中でも、スタッフは内心ハラハラしながら対応を進めました。

最終的に「再度ストア申請を行い、メンテナンスを翌日まで延ばす」という決断が下されました。

この決断は、『ロマサガRS』の4.5年の歴史の中で初めてのメンテナンス延期となりました。

翌日は会社の全館停電が予定されており、作業ができなくなる可能性があったため、スタッフは急いでアップデートの準備を終えることができました。

このトラブルは、ロマサガRSの運営チームにとって未曾有の試練であり、有観客のイベント中に起きたことで、スタッフは特に混乱していたとのことです。

しかし、最終的には無事に問題を解決し、アップデートを完了させることができました。

リニューアルに対する不満爆発事件

ロマサガRSは、4.5周年を機に大幅なリニューアルを行いました。

このアップデートにより、ゲームの仕様が大きく変更され、プレイヤーからは賛否両論の声が上がりました。

変更に不満を表明するプレイヤーもいれば、新鮮さを感じて肯定的な反応を示すプレイヤーもいました。

リニューアルでは、新たな主人公シィレイが登場し、彼の性格や立ち位置について、プレイヤー間で意見が分かれました。

シィレイはサポータータイプのキャラクターで、技2を使ってBPを分配し、技1や継承した詩でBPを溜める戦略が特徴的です​​。

また、イベント「4.5周年記念超感謝祭」が開催され、新スタイルのキャラクターやSS武器などが登場しました​​。

特に注目されたのは、ガチャチケットを最大630枚まで獲得できる超感謝ログインボーナスでした。

14日目には確定で630連分のガチャチケットが獲得できるという大盤振る舞いがありました​​。

さらに、新たなクエストモード「若月の記録」がフリークエストモードに追加され、クリアすることでアビリティ付きSSS弓武器「語り部の和弓」を獲得できるようになりました。

これらの変更により、ゲームプレイに新しい要素が加わり、プレイヤーに新たな体験を提供しました​​。

このリニューアルにより、一部のプレイヤーはTwitterなどのSNS上で不満を表明しました。

変更に慣れるのが難しいと感じたり、ゲームの新しい方向性に馴染めないという意見があったようです。

一方で、新鮮な変化を歓迎する声もあり、変更がゲームに新たな風を吹き込んだと感じるプレイヤーもいました。

これらの賛否両論は、ゲームコミュニティにおいて重要な意見交換の場となっています。

アップデートに伴う多彩なバグ事件

ロマンシング サガ リ・ユニバース(ロマサガRS)のプレイヤーは、さまざまなバージョンのアップデートに伴い、多くの技術的問題に直面しました。

これらの問題には、アップデートができない、プレイできない、キャラクターの表示問題、BGMが再生されない、アプリのクラッシュなどが含まれます。

アップデートに関する主な問題としては、Google PlayストアやAppleストアで更新ボタンが現れず、更新できないケースがありました。

対処法としては、ストアをタスクキルし、スマホの設定からキャッシュを削除して再起動することや、アップデート一覧の画面をリロードすることが挙げられます。

また、サーバー負荷が原因で不明なエラーが発生し、タイトル画面に戻されることもありましたが、これはしばらく時間を置いてから再度プレイすることで解決できることが多かったです。

キャラクターが正しく表示されなかったり、白黒になるといった画面全体の問題は、ロマサガRSのキャッシュを削除し、再起動することで解決しました。

BGMが再生されない、消費BPが表示と異なる値になる、クエストに挑戦し続けると発生する問題などは、ロマサガRSを再起動することで解決しました。

運営側はこれらの問題に対応し、定期的なメンテナンスを実施しています。

メンテナンスは主にゲーム内イベントの実装準備、機能の修正、不具合の修正などのために行われ、その間はプレイができません。

メンテナンス終了後、プレイヤーにはお詫びとしてジュエルなどが配布されることもあります。

こうした技術的な問題とその対処法については、ロマサガRSの公式ウェブサイトやゲーム関連の攻略サイトなどで情報が提供されています。

プレイヤーはこれらの情報を参考にしながら、問題が発生した際の対処を行うことが求められます​​​​​​​​。

まとめ

本日は、サービス開始から現在までに、ロマサガRSで発生したティピカルな炎上事件をまとめさせていただきました。

これらのロマサガRSにおける炎上事件は、ゲーム運営の複雑さとプレイヤーコミュニティの情熱を示しています。

各事件は、予期せぬ技術的問題、コミュニケーションの欠如、または運営方針の変更から生じ、運営チームとプレイヤー間の信頼関係の重要性を浮き彫りにしています。

では、本日はここまでとさせていただきます。

ではでは。

ライター紹介

横島先生
こんにちわ、『横島先生』と申します。
工学の博士号を持つ異色のゲームライターです。
ネットゲーム歴は長く、「Diabro2」や「Age of Empire2」などの海外ゲームから入り、国産ゲームでは「FF11」を長くプレイしておりました。
現在はmihoyo社の「原神」に出会い、熱中しております。
皆様に有意義な情報をお伝えしたいと考えておりますので、何卒、よろしくお願いします。
twitterアカウント:https://twitter.com/yokoshimasensei

[PR]世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料のターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなハマってます!

注※PCゲームのため、PCからアクセスしてください。スマホだとページが開きません。

\ まずは無料でプレイ!(PC版)/

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※PCゲームのため、PCからアクセスしてください。スマホだとページが開きません。

\ まずは無料でプレイ!(PC版) /

RAID: Shadow Legends 公式サイト