【バルダーズ・ゲート 3 】キャラメイクの基礎知識!クラスの特徴をご紹介

クラスのオススメは?自分好みのクラスの見つけ方

「私は剣を持って味方の先頭に立って敵を倒したい!」

「僕は世界に名をとどろかせる盗賊として活躍したい」

これからこのゲームを始めようとしている皆さんは、このように何らかのやりたいことをイメージされているのではありませんか?

バルダーズ・ゲート 3 では豊富な数のクラス ( 職業 ) が用意されていますが、クラスによって何ができるのか知らなければ、どれを選んでいいか悩みますよね。

ここではキャラメイクに登場する各クラスの特徴を紹介することで、皆さんがフォーゴトン・レルムに旅立つお手伝いをさせていただきます!

  1. 自由に選べる 12 種類のクラスを紹介
  2. 前衛には個性が違う 4 つのクラス
  3. 魔法職には努力家や天才肌も含めた 5 種類のクラス
  4. スリや隠密も有り? 3 つの支援クラスとは

この記事は、5 分で読み終わるので、ぜひご覧ください♪

クラスとは

バルダーズ・ゲート 3 では、12 のメインクラスが用意されています。

各クラスには特徴の違うサブクラスも何種類か存在し、メインとサブの組み合わせ次第で、より自分好みのプレイスタイルに近づけることが可能です。

難易度を「冒険家 ( ノーマル ) 」以上にすれば、マルチクラスと言ってふたつ以上のメインクラスを同時に扱えるようにもなります。

クラスは序盤のストーリーを進めれば変更できるようになるので、まずは気軽にやってみたいクラスを選ぶのがいいですよ♪

武器攻撃は、この「 4 クラス」にお任せ!

ファイター

ファイターは、初心者でも非常に扱いやすい万能アタッカーです。

レベルアップすることで攻撃回数も最大 3 回まで増やせます。

オーソドックスな剣士タイプに育てたいなら、ファイターを選ぶと良いでしょう。

近接武器はもちろん、槍や弓を使って遠方からの攻撃もできます。

盾や重装防具が装備でき、「底力」という自己回復スキルも持っているため、防御面も安心です。

バーバリアン

Lv1 で覚えている「激怒」による追加ダメージが大変優秀なクラスです。

前衛として近接攻撃ももちろん強いのですが、Lv4 で特技を選択する際に酒場流喧嘩殺法を覚えれば、激怒からの投擲で遠方からの強力な攻撃も可能になります。

敵陣地で「激怒」しながらひと暴れしたいプレイヤーには、バーバリアンがオススメです!

モンク

モンクは、素手による攻撃が非常に強力なクラスです。

Lv1 から覚えている「連打」は、敵を立て続けに 2 回殴ることができるので、パーティの前に立ち塞がる敵を一気に蹴散らすことも!

レベルが上がれば、敏捷力や移動に有利なアクションも覚えられるので、戦場を自在に駆け回って戦いたい人にはモンクをオススメします。

パラディン

魔法剣士として活躍したい人に人気のクラスが、パラディンです。

パラディンは最初から軍用武器や重装防具、盾などが扱える上、レベルが上がるにつれてさまざまな呪文が覚えられます。

防御力が高く回復魔法も扱えるので、高火力タンクとしてマルチな活躍が可能です。

パラディンは「誓いの伝導」というポイントを消費して専用呪文を使いますが、サブクラスで選んだ誓いを破ると誓い破りとなり、誓いの伝導が使用禁止になります。

もっとも、敢えて誓いを破って新しい能力を得ることも可能です。

誓いを守るも良し、破るも良し、の自由さがパラディンの楽しいところです!

呪文が強いのは、この「 5 クラス」

ウォーロック

ウォーロックと言えば怪光線!」というくらい、初級呪文のビーム攻撃「怪光線」が強力です。

怪光線はレベルが上がると、最大 3 本のビームを放つことができるようになります。

初級呪文はスロットを消費せず無制限に使えるので、怪光線でバンバン敵を倒していきましょう!

キャラメイクのステータスで「魅力」を上げておくと、ウォーロックの魔法攻撃は更に UP します。

ウィザード

ウィザードは、日々魔法の研究や訓練に取り組み、高い知力を活かした強力な魔法でバトルに貢献します。

呪文は LvUP 時に覚えることができますが、冒険の中で手に入れた魔法の巻物から覚えることも可能です。

レベルが低いうちは使い魔しか召喚できませんが、高レベルになると強力なエレメンタルやクリーチャーを召喚できるようになります。

攻撃から防御、支援まであらゆる場面で役立つ呪文を覚えられるので、魔法職のプロフェッショナルになりたい人にオススメです♪

ソーサラー

先にご紹介したウィザードは「学問」として魔法を扱う天才ですが、対するソーサラーはいわゆる「天才肌」タイプで、生まれつき魔法を得意とするクラスです。

ソーサラーの魔法は「魅力」を参照するので、初期のステータスで魅力を上げておくと、序盤からバトルが優位に進められます。

レベルが上がると「呪文敵味方識別」「呪文射程距離 UP 」など、さまざまな魔力修正を行えるようになるのが強みです。

クレリック

後方支援や仲間の回復が得意なクラスと言えば、何と言ってもクレリック

序盤は回復が中心ですが、レベルの上昇にしたがって、心霊武器や他次元のクリーチャーを召喚することもできるようになります。

敵の標的にされなくなる「聖域」や敵にダメージを返す「信仰の守護者」など、強力な防御魔法を持っているので、パーティの防護役として一人は戦闘に参加させたいクラスです。

ドルイド

ドルイドは、森や動物など自然と共に生きるクラスで、イバラや蔓、水、動物など、自然を用いた魔法が得意です。

自身もクマウルフクモなど、多くの動物に変身し、敵の妨害をしたり撹乱戦法を取ったりします。

「動物との会話」で動物たちから情報が得られるのも、ドルイドの便利な点です。

動物たちと交流しながら戦闘でも活躍したい……そんな人は、ぜひドルイドでプレイしてみてください!

冒険を有利に導く支援型の「 3 クラス」

ローグ

ローグの強さは、優れたスニーク ( 隠密 ) 能力と高い敏捷性です。

バトルでは隠密状態で敵に有利を取って急所攻撃、非戦闘時は隠密と手先の器用さを活かしてスリ開錠罠解除などで活躍します。

冒険をスムーズに進めるには、ローグの能力が不可欠と言えるでしょう。

アサシンやシーフといったロールプレイが好きな人には、ローグをオススメします!

レンジャー

弓を使った遠隔攻撃ならレンジャーにお任せあれ♪

近接武器より遠距離武器が得意なクラスなので、初期ステータスは敏捷力に振っておくとバトルでも存分に力を発揮できます。

キャラメイクで選択可能な項目は「得意な敵」と「自然探検家」です。

「得意な敵」は技能習熟を選択することができ、「自然探検家」では使い魔の獲得手先の早業属性ダメージ抵抗などが覚えられます。

バード

バードは、高い魅力でパーティの戦闘や探索をサポートするクラスです。

中でも特徴的なのが Lv1 から覚えている「バードの声援」で、使用すると味方のダイス判定に +1d6 のボーナスが付きます。

バトル中なら攻撃ロールセーヴィング・スロー、探索では開錠罠解除など、あらゆる場面で成功率を上げられる能力です。

楽器はどれを選んでも特徴に変わりはないので、好みの演奏で選んでかまいません。

クラスと種族を組み合わせてベストなキャラメイクを見つけよう!

バルダーズ・ゲート 3 では、さまざまな特徴を持つクラスが用意されており、メインクラスだけでもできることはかなりあります。

その上、各クラスにはサブクラスもあるので、同じメインクラスを選択してもサブクラス次第で全く別のクラスと言っても良いほど違う方向への成長を見せることも。

種族との組み合わせを変えることで、更にできることが変わってきます。

種族についても知りたい人は、下記の記事をご参考ください!

【バルダーズ・ゲート 3 】キャラメイクの基礎知識!種族の特徴をご紹介

まずは気軽に色々お試しをして、自分好みのキャラクターを見つけてくださいね♪

ライター紹介

whitecat
whitecatと申します。
ファミコン時代からのゲーマーで、これまで幅広いジャンルのゲームを楽しんでまいりました。現在はNintendoSwitchやPCのゲームを中心にプレイしています。「読者の皆様が知りたい情報をわかりやすくお伝えすること」が私のモットーです。
何卒、よろしくお願いいたします。

X アカウント https://twitter.com/88whitecat88