【FGO】ツングースカ・サンクチュアリ VSイヴァン

 ランク(順位) 仙人(6388
 経験値  7,558
獲得バッジ
1記事で1万PVまとめ記事を10記事公開10週連続記事公開50記事達成3つのカテゴリーで10記事攻略記事を30記事公開

ついにやってきた【レイド戦】!

昨日22日から開幕した「ツングースカ・サンクチュアリ」。

そして本日23日18時から、待望のレイド戦が開始されます!

1回目のレイド対象は、ロシア異聞帯の王でもあった【イヴァン雷帝(再現体)】です!

そこで今回は、【レイド対象の特性とそれに合った対処法】につきましてご紹介させていただきます!

  1. レイド対象の特性(イヴァン雷帝を例に)
  2. レイド対象に合わせた対処法
  3. レイド戦は何回やればいいのか?

こちらの記事は5分程度のボリュームですので、どうぞ最後までお付き合い願います。

1体でも多く、自分が狩りたい数を狩れるように頑張りましょう!

レイド対象の特性(例:イヴァン雷帝)

それではまず、【レイド戦の対象である敵の特性を把握する】ことからお話ししましょう。

今回の対象はイヴァン雷帝ですね。

相手の属性・特性を確認する

おそらく実装サーヴァント or 2部第1章21節時と同じ属性・特性を持っていると思われます。

サーヴァント「イヴァン雷帝」

・属性:人、秩序、悪

・特性:人型、猛獣、王、巨人、騎乗

コヤンスカヤが収集したものが「異聞帯産」だとしたら、大型ボス戦の時のかもしれませんね

大型ボス「イヴァン雷帝」

・属性:人

・特性:男性、王、猛獣、超巨大

このように、出現する敵の特性をまず把握することが効率の良いレイド戦への第一歩です

※あくまで過去のデータですので、一部追加・変更となった敵が出現する場合もあります。

レイド対象に合わせた対処法

相手の属性・特性に刺さるサーヴァント選択を

イヴァン雷帝の特性を想定した後は、【敵に合わせたサーヴァントの選択】です。

今回の場合、サーヴァント・大型ボスどちらのイヴァン雷帝であっても「人属性」を持っています。

したがって、「水着清少納言」の特攻宝具が刺さることがわかります。

おそらく敵はイヴァン雷帝単体ですので、全体宝具よりも単体攻撃宝具の強力な攻撃が刺さります。

その他、育成レベルやスキルレベル、宝具レベルなど、相手をなるべく一撃で倒すことができるかを考えてサーヴァントを選択しましょう

【FGO】エモーショナル・パリピ!清少納言の魅力について

ちなみに清少納言ことなぎこさんは、私、アザ・キャストの最推しサーヴァントです!

もしよろしければ、こちらの記事もご覧ください☆

アタッカーを支えるサポート体制(サーヴァント)

また、アタッカーの強力な攻撃をサポートするサーヴァントも大切です。

水着清少納言を使用する場合はQuick宝具ですので、スカサハ=スカディによるサポートが有効となります。

また、レイド戦では特にオベロンが活躍することになります。

後述の概念礼装の関係もあり、宝具威力アップ + ブーストを持つオベロンはレイド戦で大変重宝される存在です。

ただし、宝具威力ブーストを使用したターンの終了時には「永久睡眠状態」になるので、確実にとどめをさす前提で使用しましょう!

アタッカーを支えるサポート体制(概念礼装)

概念礼装も、レイド戦で重要な部分となります。

レイド戦で最も有効なのは、宝具威力を大幅上昇&最大ATK+2,400を誇る「黒の聖杯」です。

とはいえ、☆5概念礼装であることに加え、Lv.100にするのは容易ではありません。

その場合には、火力を少しでも高く出せるよう、性能上昇効果&ATK特化型の礼装を選択するとよいでしょう。

パーティ編成例

以上を踏まえた上で、編成した例がこちらになります。

  • アタッカーが最大限火力を出せるサーヴァント・概念礼装を選択
  • サポーターはアタッカーの宝具色に合ったものを
  • 火力不足であれば、別のサポーターをオーダーチェンジで呼び寄せるのも〇
  • 今回のサポート礼装は軽めなので、重めのサーヴァントも使うことが容易

レイド戦の最大のポイントは「上限数のある敵をいかに一撃で効率よく倒すか」です。

所持している組み合わせで、最大火力を出せるようパーティーを編成しましょう!

レイド戦は何回やればいいのか?

これに関しては、【できるだけ】の一言に尽きるでしょう。

「回りたいという意思があり」「AP に尽くせるリソース(聖晶石・林檎)があり」「レイド対象の残数があるのなら」

迷うことなく、突っ込んでいくべきです。

得られるものは、素材や QP と FGO をプレイしていればいくらあっても足りないものです。

自分が「欲しい」と思うのであれば、とことん周回しましょう!

イヴァン雷帝・実践編

さて、そんなわけで実践です。

厄介なことに、【宝具耐性】が付いています。

これは【一度軽めに宝具を撃った後、本命を叩きこむ】という戦い方になりますね。

スタンは有効なので、安全策でガンドを撃ち込むのがいいでしょう。

結果として、オーダーチェンジによるオベロン投下で2ターン決着

最初は「どうしようかな…」と迷いましたが、慣れればいけますね。

スキルの切り方をミスするのは注意しましょう!

イヴァン雷帝・実践編2【追記】

どうにかして1ターンで決着をつけられないだろうか…

そう悩んだ末、手持ちのサーヴァントから出た答えがこちらになりました。

まず、土方に自前のバフをはじめ、あらゆるバフを与えまくります

陳宮→土方の順に宝具を放ちます。

これにより、イヴァン雷帝の特殊防御を剥がした上で土方の宝具が通るようになりますね

そして、文句なしのワンターンキルです。

もし、明日以降のレイド戦もこれと同系統だとすれば、基本的にこの作戦でいけそうですね

(個人的には、違うものであると思いたいですが…)

さいごに

今回は、【レイド対象の特性とそれに合った対処法】について、1日目のイヴァン雷帝を例にご紹介させていただきました。

最後にポイントをおさらいしましょう。

  • レイド対象の属性・特性を把握することは、サーヴァント選択で大切
  • サーヴァントは「いかに最大火力を打ち出せるか」を意識する
  • サポーターや概念礼装も整え、万全の状態で宝具を打ち出す
  • 何回やるかはマスターのプレイレベル次第

レイドは合計4回あるとのアナウンスが出ています。

自分のできる・やりたい日に、思い切りレイドを楽しみましょう!

私も最推しの水着なぎこさんと共に、マンモスを狩りまくりたいと思いマ~ス☆

 

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

ライター紹介

アザ・キャスト
ゲームとお酒と猫が好きです。好きなゲームはカードゲームで、学生時代には「MAGIC:The Gathering」にドハマりしていました。最近プレイ中のゲームは「MTGアリーナ」と「Fate/Grand Order」です。「はじめての人にわかりやすく」「好きな人がもっと好きになる」をモットーに執筆をしておりますので、どうぞよろしくお願いします。個人ブログ:https://uzomuzo.net/