【原神】噂のヨォーヨ(YaoYao)はVer.3.4(2023年海灯祭)で実装!?甘雨との関係や七七との関わりをご紹介します!

 ランク(順位) 重戦士(56388
 経験値  1,751
獲得バッジ
10記事達成

噂の「ヨォーヨ(YaoYao)」の実装時期を考察します!

「ヨォーヨ」というキャラクターは、原神公式では公式に発表されていません。

しかし、原神のサービス開始直後から発表されている謎のキャラクター「ヨォーヨ」という名称は、これまで原神の情報を追っている旅人さんの中には、この情報を度々見かけることがあったかもしれません。

今回は、「ヨォーヨ」というキャラクターが何者なのか、原神ゲーム内でどのように紹介されているのか、実装時期を含めて考察したいと思います

  1. 「ヨォーヨ」は璃月の女性キャラクターと幅広く親しみがある
  2. 璃月の「七七」の友達
  3. ヨォーヨは、甘雨を姉として慕っている
  4. 璃月のイベント「海灯祭(Lantern-Rite)」で実装される可能性がある

この記事は約2分で読み終わりますので、最後まで見ていってくださいね!

初出は、原神サービス開始直後の2020年10月1日

こんにちは、liferiverです!

この記事では、噂の「ヨォーヨ」に関するゲーム上の情報をまとめ、実装時期やヨォーヨの特徴を紹介していきます!

「原神」は、2020年9月28日に、PC版・スマートフォン版・PS4版でサービス開始しました。(PS5版は、2021年4月28日に配信開始)

サービス開始の3日後の2020年10月1日に、原神公式Twitterにて、上記の画像が公開されました。

2020年10月1日は、2020年の「中秋の名月(十五夜)」でした。

「中秋の名月」は「中秋節」で、中国の三大節句の一つ

中国では「中秋の名月」を「中秋節」と呼び、秋の豊作を祝う節句です。

「春節」「端午節」と並ぶ、中国の三大節句の一つが「中秋節」です。

中秋節では「月餅」を食べる習慣がある

七七が食べているのは、中秋節のときによく食べられる「月餅(Geppei)」と呼ばれる特別なお菓子です。

原神のゲーム内で、七七のオリジナル料理「アシタナシ」の説明によると、七七には味覚がないということが判明しています

しかし、この原神公式Twitterで、七七は「月餅、味わからないけど、好き。満月、一緒に見よう。」と言っています。

そして、この月餅を七七に渡している彼女こそ、「ヨォーヨ」と呼ばれているキャラクターです。

「ヨォーヨ」は璃月の女性キャラクターと幅広く親しみがある

2022年9月13日の時点で、以下の璃月の女性キャラクターの紹介文にて「ヨォーヨ」が紹介されました。

  • 七七
  • 香菱
  • 北斗
  • 甘雨
  • 凝光

ヤマガラのように可愛い

七七によると、ヨォーヨはヤマガラのようにかわいいようです。

ヤマガラとは、テイワット大陸でたびたび登場する小鳥です。

ちなみに、ヤマガラは「四方八方の網」で捕獲することのできる生物で、壺に配置できます。

七七の証言から、「ヨォーヨは小さくて可愛いキャラクター」ということがわかります。

香菱自慢の妹弟子

香菱の発言によると、ヨォーヨは妹弟子のようなので、料理がすきなキャラクターなのではと思われます。

原神公式Twitterでは、七七に月餅を振る舞っていることから、画像の月餅はヨォーヨが作った料理なのかもしれません。

しかし、最近は「万民堂」にきておらず、香菱の師匠も心配しているようです。

ヨォーヨは、よく北斗の船に遊びに来る

北斗、甘雨、凝光の発言によると、ヨォーヨは船の周辺であそぶことがすきなようです。

海鮮を食べるのにハマっているらしく、凝光は「ヨォーヨに野菜も食べるよう、甘雨に言ってほしい」と言っていました。

七七とは「友達」

2022年9月10日に、原神公式Twitterにて、上記画像が公開されました。

七七は部屋に閉じこもっていたので、白朮は七七に「今日は散歩に出てきていい」と言いました。

七七は、自分のメモを見てみると「今日は友達と集まるべし」と書いてありました。

白朮にも外に出るように言われた七七は、ヨォーヨに会いにいきました

そして、一緒に月餅を食べました

この話から、七七とヨォーヨは親しい間柄だということがわかります。

ヨォーヨは、甘雨を「甘雨お姉様」と呼び、慕っている

望舒旅館に設置している掲示板である「望舒旅館告示板」には、旅館の近況や、旅館を利用したお客さんの意見感想が書かれています。

この掲示板にはヨォーヨによる記載があり、内容は以下の通りです。

「甘雨お姉様のごはんに辛いものを入れないでください。お姉様はよく夜更かしして胃腸が弱いので、辛いものを食べるとお腹が痛くなるの。」

「甘雨お姉様は毎日忙しくて、寝る時間もあまりないけど、今日はせっかくの休みだから、お姉様がよく寝られるようにベッドをフカフカにしてもらえないかな?」

「オーナーありがとう。ヨォーヨの感謝を受け入れてください。」

どうやら、ヨォーヨは甘雨のことを「甘雨お姉様」と呼び、慕っていることがわかります。

また、甘雨のことを思って料理や睡眠のことを気遣っており、しっかりした性格が伺われます。

もしかしたら、香菱の妹弟子であるのは、甘雨のために料理を作ってあげようとしているのかもしれません。

気になる実装時期は、Ver.3.4の「2023年の海灯祭」(2023年1〜2月)と予測

実装時期は2022年9月時点でまだ原神公式によって発表されておらず、あくまで予測になります。

ヨォーヨの実装時期が、Ver.3.4(2023年の海灯祭)と予想できるのは、以下のポイントです。

  • 原神公式が「ヨォーヨ」と思われる少女を投稿したのは、2020年と2022年
  • もし「中秋節」恒例のキャラクターなら、2021年にも投稿するはずだが、2021年には投稿していない
  • つまり、「ヨォーヨ」と思われる少女の実装時期が近い
  • 海灯祭は、2021年と2022年に開催されており、2023年にも開催される可能性がある
  • Ver.3.3の実装が12/7と確定されており、次バージョンVer.3.4にて海灯祭が実装される可能性がある
  • 海灯祭では、璃月に縁のある新キャラクターが実装される傾向があるので、「ヨォーヨ」が実装されるのではないかと予想できる

上記から、2023年に開催されるであろう海灯祭にて、「ヨォーヨ」も実装されるのではないかと思われます。

実装時期としては、Ver.3.4の公開される予定の2023年2月頃ではないかと予想できます。

あくまで個人的な予想でございますので、一つのご参考にしていただければと思います!

まとめ

この記事では、噂の「ヨォーヨ」に関するゲーム上の情報をまとめ、実装時期やヨォーヨの特徴を紹介しました。

「ヨォーヨ」には、まだまだ不明な点が多いです。

しかし、ゲーム内の情報だけでもとても魅力的なキャラクターということが伝わってきますので、ヨォーヨの実装が楽しみです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト