【グラブル】新たなぶっ壊れ石実装!?バブ石に土干支、闇リミ追加に恒常イーウィアと大波乱のレジェフェス

 ランク(順位) 神Lv1(5388
 経験値  7,932
獲得バッジ
まとめ記事を10記事公開1記事で10万PV10週連続記事公開125記事達成2つのカテゴリーで10記事攻略記事を40記事公開

シンダラ土…土ぃ!?

これは本当にガチで予想してなかった

2022年の干支、シンダラ(土)をはじめ、闇リミテッドのフェディエル、恒常で実装されてしまったイーウィア(猫のすがた)、自属性15倍ダメージ(ダメージ量の高いゼノ石でも5倍)、防御、弱体ダウン持ち&サブ石効果持ちのバブ石実装と、かなり濃いピックアップに。

今回はそんな年末年始レジェフェスを見ていきたいと思います。

  1. 無料ガチャは1/4(1/5更新)まで。レジェフェスは1/3まで。
  2. 最終日200連はレジェフェスと被らず。
  3. バブ石は天井対象外

この記事は5分で読み終わりますので、最後まで読んでいってくださいね!

属性順番はまたしても火が後回し

2015年2016年2017年
2018年2019年2020年
2021年2022年

実装日自体は、正確には前年(前日)の12/31 12:00となっています。

属性順は今年も火が飛ばされ、土属性での実装。

火属性の干支キャラは2年後回しにされる形に。火属性マンは来年の卯年に期待しましょう。

干支武器は初の4凸実装!

個人的に衝撃が大きかったのが、この干支武器の4凸実装。

これまで干支キャラは「キャラは強いけど武器が被ると残念」なポジションだったのですが、キャラ武器共に編成入りする可能性が出てきました。

構成は刹那+アーツ+クラフト

シンダラ武器の構成は刹那(攻刃技巧)+アーツ(アビダメ上限)+クラフトと、「クリティカルでアビダメ火力を底上げする」編成向け。

【グラブル】「各種スキル上限」と、「上限アップの上限」まとめ

各種上限は上記記事でまとめているのですが、今現在、アビダメ関連の上限については以下のようになっています。

アビダメUP100%
アビダメ上限100%
アビ与ダメ20万

「ワールドエンド」や「リンネ」といった、アビダメの主軸になっている武器のスキル「技錬」は、「アビダメ上限」と「アビ与ダメ」が上がる武器です。

一方、シンダラ武器についている「アーツ」は「アビダメ上限」枠です。

ブランチとは同枠共存OK

ブランチは「強化効果数に応じて」という条件があるものの、アビリティ上限を最大50%も伸ばせる強力なスキル「アーツⅡ」持ち。

このアーツⅡはオメガ武器、終末武器などのアビダメ上限とは共存しませんが、シンダラ武器とは共存可能で、同時使用した場合アビダメ上限は65%UP(50%+15%、加護対象外)に!おいしい。

シンダラ武器は強い?

技巧確定編成が自然に組めるなら文句なく強いですが、今現在の環境の土属性の場合、「火力と技巧の両立」だとヘラクレス(石油)やサイレントナイトリークスリークス(クリスマスアンスリア武器)が欲しくなるので、使いこなすハードルは高そう。

待望のフェディエル実装!やっぱり強かった!!

「敵味方の防御力減少+毎ターンダメージを受ける」独自フィールドは、嬉しい永続効果。個人フィールドなので、ニーアやビカラのフィールドとは共存できません。発動中に3アビ発動しないようにしましょう。

種族はドラフとのこと。バハ短剣等を使っている人は注意。

フィールドの防御ダウンは25%で、ミストが入れば下限が確定するのは嬉しいですね。

奥義ONの中長期を中心に活躍

フィールド展開中は、闇キャラの防御力が100%UPするという破格のサポアビ持ち。

これによって3アビフィールドの防御25%ダウンを相殺可能で、実質防御力75%UPのフィールドになります。

ちなみに、風ハロヴェインの防御力UPや、カイムハイランダーでの防御力UP性能は50%です。

リッチとの組み合わせがベター

高数値のバリア、防御力75%UPといった耐久、安定面を高めてくれるリミフェディエル。

ただし、そういった基本性能を得るためには毎ターンダメージを受ける3アビのフィールド展開が必須です。

そのため、基本的にはターンダメージを回復に変換できるリッチとのセット運用が基本になってきそう。

リッチ未所持の場合は、毎ターン安定して1000回復できる手段を確保できるか?が採用目安になりそうですね。

また、組み合わせや攻略法が出てくれば、リッチなしでもっと早い、安定した編成も出てくるかもしれません。

フェディ槍への評価は微妙?

武器のほうは今編成の主軸となっている技錬+乱舞といった性能。

技錬スキルはスパバハをはじめとする高難易度で確固たる地位を確立していますが、水や土といった高難易度適正の高い属性が他にあり、「絶対に闇で高難易度行かないといけない」状態ではないこと、ヒヒ掘り等の片面ではアゴナイズ(無料武器)で十分という意見がかなりある模様。

私は闇属性で高難易度はやってないのでそこら辺の感覚はわからないのですが、アゴナイズ互換が土で出たからワールドエンド不要になるか?といったらそれは違う気がするので、ここの強い弱い判断は本当に「人による」ところなのかもしれません。

イーウィア様は恒常で実装

予想外その②

同じ六竜のフェディエルがリミテッドでの実装、かつ全員が年越しイベントに登場したこともあり、当然全員がリミテッド化するだろう…というプレイヤーの予想を盛大に覆す形に。

積極的に献身的に人間側へ協力するわけではない、というスタンスがそのまま性能へ反映され、結果恒常に…ということなのでしょう。自由だ。

リミテッドフェディエルと同時実装だったため、イーウィアがリミテッドではないことに対してのヘイトはまったく見かけませんでした。ねこだしね…しかたないよね。

残り4属性の実装が完全にわからなくなった

イベント開始直後から、そのキャラデザの良さでトレンドに入り続けた人化六竜の皆さま。

フェディエル同様、全員リミテッドでも文句なしの立ち位置ではありますが、イーウィアが恒常で実装されたこともあり、本当に何もかもわからない感じに。

今後の展開次第では、実装無しも恒常もリミテッドも季節限定すらもあり得るので、今回のイベントで「推し」ができた人にとってはかなりヤキモキする1年になりそう。

超火力のぶっ壊れ石が実装

年始風物詩、環境破壊石の実装

毎年この時期に実装される石は「サプ不可」なので、入念に準備していた人も多かったはず。

歴代の実装石は以下のとおり。

こちらも干支同様、正確な実装日は前年12/31の12時となっております。

2015年2016年2017年
2018年2019年2020年
2021年2022年

錚々たる顔ぶれですが、この中にいるとちょっとツチノコが異質すぎますね。

今後、ルピを大量に必要とするコンテンツが実装される、等すれば再び注目が集まったりするかもしれません。

フェディエル石の実装はおそらくグラフェス?

古戦場直前に古戦場特攻装備を実装するのやめたんじゃないんですか運営さん

バブ石実装があったことで、フェディエル石は次のグラフェス期間中に実装される可能性が高くなりました。

とはいっても次グラフェス期間はおそらく闇有利古戦場真っ只中…。

一応サプ不可石ではないため、例外としてフェス後200連確定にかぶせて通常期間中に実装もあり得るのが怖いところ。

諸々準備はしておきましょう。

年始レジェフェスQ&A

ここからは簡単な年始ガチャのQ&Aです。参考になれば。

天井すべきですか

天井はないもののバブ石ピックもあり、天井ラインナップ(ピックアップ)も優秀です。天井資金がある場合、私なら天井します。

シンダラとフェディエル、どちらを天井したらいいですか

両方引けなかった場合、闇有利に備えてフェディエルを天井が良いかなと思います。

リッチを持ってなくてもフェディエル天井すべきですか

リッチ(斧)を持っていない場合キャラパワーに頼ることになるので、なおフェディエルはいたほうがいいと思います。回復キャラと組ませてなんとか使っていきましょう。

シンダラは今は弱いですか?

土ヒヒ掘り編成が更新できるかもしれません(武器による)。ただ、今土でヒヒ掘りしてるのは土パ単属性マンだと思うので、ある程度武器が揃っている人前提で見ると武器はそこそこいいかも。

全属性普通に育成している人からすれば、キャラが揃っていない層には強い、というポジションだと思います。

天井1回でバブ石が引ける確率ってどれくらいですか

47.19%の確率で引けません。

1個出る確率は35.48%、2個出る確率は13.29%です。

確率分布的には、1天井~2.5天井くらいで出る人が多いようですね。過度な期待はやめておきましょう。

今回のピックアップは?

リミフェディエル武器、シンダラ武器、イーウィア武器、ウンハイル(リミフェリ武器)、バブ石がピックアップ対象です。

フェス終了後にぶっ壊れ来ると思いますか?

実装ありませんでした。

例年通りプラスと、イーウィア実装(直前実装の恒常ピック)でしたね。サテュロス強いのでお勧めです。

210連下駄履けるなら天井できます。10連ならフェスじゃなくて200連側で回したほうがいいですか。

そもそもバブ石が天井対象外なので、天井できるかどうか関係なく、バブ石未所持なら持っている分全部フェス側で回します(私なら)

フェディ石を絶対に確保する人は、バブ石もリミフェディエルも絶対に確保していると思うので、10連くらいならどっちでもいいんでしょうか。

年末レジェフェスまとめ

環境を変える要素、今後の大きな分岐点になりそうな要素が詰まった年末年始のグラフェス/レジェフェス。

皆さまはどちらで引きましたか?

今後は残りの四騎士のリミ化、六竜の実装、残りのマルチボス実装に砂箱アップデート、周年に新高難易度ボス実装とイベントが続きます。

振り落とされないように、しっかりガチャ計画を立てて楽しくプレイしていきましょう!

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

ライター紹介

大納言あずき
大納言あずき
グラブルとグラブルのお姉さんが大好き
やること多すぎて最近何から手を付けていいかグルグル。
整理がてら記事を上げていくので、見ていっていただけると嬉しいです。