【グラブル】実装済み全ジョブ対応!「マスターレベル」取得優先度一覧

 ランク(順位) 神Lv1(5388
 経験値  7,932
獲得バッジ
まとめ記事を10記事公開1記事で10万PV10週連続記事公開125記事達成2つのカテゴリーで10記事攻略記事を40記事公開

ジョブを「超強化」する要素

2021年12/14に追加された「マスターレベル」、通称MLは、各ジョブによって大幅にステータスを引き上げたり、アビリティを強化する要素です。

年末年始でまとめて時間が取れる!グラブルやるぞ!という方も多いと思うので、これを見て上から順にジョブMLを上げていけばいいよ!という記事を目指しました。

ジョブマスターについての詳細(仕組みなど)はこちらにまとめています。

【グラブル】ジョブマスターレベルの強化内容一覧

  1. 時間がない場合は「前提ジョブ」4つを優先
  2. 古戦場肉集めで活躍しそうなジョブ
  3. 古戦場フルオートで活躍しそうなジョブ
  4. 強化幅(火力)から選ぶのも手

この記事は5分で読み終わりますので、最後まで読んでいってくださいね!

マルチで使うジョブから上げる

マスターレベル(ML)強化の影響はかなり大きいので、毎日グラブルをガッツリやるよ!という人以外は、マルチバトル(救援)や、連戦することがあるのであれば連戦などで使うジョブを優先するのが良いでしょう。

逆に、毎日のようにグラブルをプレイする時間があり、マルチでも自然とマスターレベルが上がるよ!CPも周回して古戦場までに全ジョブ上げるよ!という人は、使わないジョブから優先する方が効率がいいです。

当記事は、そういった層というよりは、年末年始でちょっと時間があるけど、年末年始のアップデートは追いきれてないし、どのジョブから上げていいかわからないよ!という人向けとなります。

「3月までに全部は無理!」という場合

2022年の3月10日(グラブル8周年)に、クラスV(クラス5)ジョブが追加される予定です。

クラスVジョブは、今現在使用されているランバージャックなどの上位ジョブになるため、更に強力な性能を持っていると予想されます。

新ジョブの獲得条件は、前提ジョブ(2種)のマスターレベルを30まであげていることです。

3月までにすべてのジョブが上げきれるかわからない場合は、以下の前提ジョブを優先して上げるようにしましょう。

ヴァイキングの前提ジョブ

  • ベルセルク
  • ランバージャック

パラディンの前提ジョブ

  • スパルタ
  • キャバルリー

ヴァイキングの前提ジョブ

3/10に実装される2ジョブのうち、攻撃のエキスパートという位置づけのヴァイキングは、「斧」と「剣」を二刀流で装備して戦うとのこと。

ランバージャック、およびランバージャックの前提ジョブでもあるベルセルクは、どちらも初心者に非常におすすめできるジョブなので、ヴァイキングの前提条件であることを抜きにしても、初心者層ほど優先的に着手してしまいたいです。

ベルセルクランバージャック

パラディンの前提ジョブ

3/10に実装される2ジョブのうち、防御のエキスパートという位置づけのパラディンは、「剣」と「槍」を得意武器とするジョブで、盾の演出にこだわりがあるとのこと。

最高難易度での使用を目的としているようですが、現在の最高難易度マルチことスパバハでは、剣豪やロビンフットなど、結構テクニカルなジョブが活躍しているイメージ。

前提ジョブであるスパルタ、キャバルリーは、高難易度では今はあまり使われていないように感じています。

パラディンが高難易度必須になる可能性は充分にありますが、前提ジョブだけで見れば、ヴァイキングの前提ジョブから優先してもいいかもしれません。

スパルタキャバルリー

「古戦場の準備を最低限したい」場合

過去の古戦場で使用されていたジョブを中心に上げていくのが良いでしょう。

フルオートと手動では使うジョブも違ってくるので、自分が使用する予定のジョブに更に絞ってみるのもいいと思います。

古戦場で使用率の高いジョブ

レスラーアプサラスソルジャー
 魔法戦士 マスカレード レリックバスター
クリュサオルキャバルリー ランバージャック
モンク

クリュサオルは肉集め特化、ランバージャックはフルオ向け、という感じ。

ML実装で採用が増える?かもしれないジョブ

黒猫もフルオートで強そうではあるのですが、闇古戦場に限って言えばフルオートはフェディエル採用奥義軸になりそうなので、その場合黒猫とは相性が良くありません(奥義頻度が高すぎてチャーム維持ができないため)

ウンハイルを持ったライフォとかはありそうですが、闇アスポン持ったモンクの方が去年は早かった印象。

ここら辺は、別属性の古戦場前は優先度少し上がってくるかもしれません。

全ジョブ上げたい人のための優先度ランキング

クラスVジョブや古戦場なども適当に考慮しつつ、「CPがある期間中に間に合うかはわからないけど、とりあえず全ジョブ上げる予定」という人向けに、ざっくりとした全ジョブの優先順位を付けました。

どのクエストを回るのかとか、いつまでに上げる予定なのかとか、どれくらいプレイしているのかとかランクや装備はどれくらい持っているのかとか、普段よく周回しているクエストはどこか、などなど本来はそういったものも考慮したほうがいいのです。

ただ、CPクエ終了まで時間もないですし、「多少自分に合ってなくてもいい!とにかく何でもいいから指標が欲しい!」という人向けとなります。とりあえずまずは手を動かしましょう!

1位~6位

1位:レスラー2位:アプサラス3位:レリバ
 4位:ランバー 5位:ロビン 6位:黒猫

使用頻度が極端に高い、またはMLによる強化内容が強力で別物になるジョブを主に選出しています。

強化内容を理由に選出したのはアプサラス、ロビンフット、黒猫導師。使用頻度を理由に選出したのがレスラー、レリックバスター、ランバージャックです。

とはいえ、いずれのジョブも使用頻度が高く、強化内容もかなりいいものを貰っていると思います。

7位~12位

7位:ソルジャー8位:ドクター9位:キャバ
 10位:モンク 11位:ライフォ 12位:剣豪

ソルジャーなどの、マスターボーナスによる素ステアップの影響が大きいジョブを筆頭に、引き続き使用頻度、強化幅共に強力なものを入れています。

正直ここのラインは人によってかなり変動が大きそうです。「普段使いしているジョブ」がこの中にある場合は、優先度を上げてもいいと思います。

13位~18位

13位:マスカレ14位:義賊15位:魔法戦士
 16位:セージ 17位:ベルセ 18位:ハウンド

MLの内容がジョブの強さにあまり大きく影響しない or 使用頻度が低いかな?というジョブ。個人的にはマスカレと剣豪をチェンジするかも。

セージの強化はかなり強力なので、高難易度マルチをセージで遊んでいる人は1位に持っていきましょう。

19位~

19位:クリュ20位:トメ21位:ウォロ
 22位:カオル 23位:スパ 24位:エリュ
 25位:グローリー

使ってないな、というジョブ軍。

トーメンターについては、元々使い勝手が良く、MLを上げなくても十分使用できることからこの位置にいますが、高難易度で使用しているならステアップ目的で優先度を上げましょう。

その他ジョブも、使用している場合は随時優先度を繰り上げてください。

最下位に設定したグローリーは、一応火有利古戦場では普通に使用したのですが、今の時期は使わないなということでこの位置に。

こうしてみると割とどのジョブもまんべんなく使っていて、優先度付けが難しいなと感じますね。

全ジョブML強化優先度まとめ

マルチしている間に自然にあがるだろうから、ということで、私は使用頻度の低いジョブからダラダラと上げていました。

ただもうすぐCPも終了しますし、無料ガチャも終わったので、本腰入れてML上げしていこうと思います。

今回紹介したのはあくまで一例ですので、ここから、ご自身の使用頻度などに合わせてどんどん入れ替えてみてください!

一つでも多くのジョブのML上げが間に合いますように!

 

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

ライター紹介

大納言あずき
大納言あずき
グラブルとグラブルのお姉さんが大好き
やること多すぎて最近何から手を付けていいかグルグル。
整理がてら記事を上げていくので、見ていっていただけると嬉しいです。