バグを楽しもう!SFC版『魔法陣グルグル』をレビュー

 ランク(順位) 神Lv23(2388
 経験値  14,068
獲得バッジ
まとめ記事を10記事公開レビュー記事を10記事公開攻略記事を10記事公開1記事で1万PV100記事達成10カテゴリーの記事公開1つのカテゴリーで10記事10週連続記事公開

スーパーファミコンで出ていた『魔法陣グルグル』をレビュー!

今回遊ぶゲーム

「RPG的なお約束」と「それを利用したギャグ」でお馴染みの漫画作品『魔法陣グルグル』

今回は、スーパーファミコンで発売された『魔法陣グルグル』をレビューしたいと思います!

ちなみに今回の記事をザックリまとめると!

  • 「グルグルっぽい!」感じがするオリジナルストリーが魅力!
  • 「防具を装備しても防御力が上がらない」恐ろしいバグの存在
  • そのバグである意味原作再現できてしまう!
    脆いニケをククリで助けるなりきりプレイ!

この記事は、5分程度で読み終わりますので是非読んでいってください!

こちらの記事もおすすめ

[clink url=”https://chara.ge/character-game-reviews/belt-scrolling-action-sailor-moon/”]
[clink url=”https://chara.ge/character-game-reviews/review-magic-knight-rayearth-buried-masterpiece-rpg/”]

『魔法陣グルグル』とは?

近年、再度アニメ化されたので、知っている方もいると思いますが、改めて基本情報のご紹介です。

『魔法陣グルグル』は、1992年から2003年まで『月刊少年ガンガン』で連載された、衛藤ヒロユキ先生の人気漫画です。

グルグルとはどんな話?

勇者マニアの父『バド』に、旅立つことを強要された『ニケ』と、グルグルが使えるミグミグ族の『ククリ』が、魔王ギリを打倒する

という物語。

漫画全体を通して、ロールプレイングゲームの、プレイヤー視点でのパロディが基幹となっています!

例えば、黒字に白抜き文字のメッセージウィンドウがツッコミをいれるなど、ゲーム的な表現もあります。

そして、強烈なサブキャラクターや、シュールなギャグ、そしてグルグルをめぐる物語など、多くの魅力をもつ作品です

『魔法陣グルグル(SFC)』のゲーム詳細

タイトル魔法陣グルグル
ジャンルRPG
対応機種スーパーファミコン
発売元エニックス
プレイ人数1人
発売日1995年4月21日

1994年にアニメ化され、様々なメディア展開をされました。

その中の1つが、このゲームです!

本編にもありそうなオリジナルストーリー

シナリオですが、本作の発売当時は、原作が連載中であったこともあり、オリジナルストーリーが用意されています。

ゲームのあらすじとしては…

世界に夜明けをもたらす鳥「オクロック」の卵を、魔物に支配された13の塔を攻略しながら取り戻す

という内容

原作の中に出てきても、おかしくないようなストーリーのため、違和感を感じることはないでしょう。

「何か壮大なストーリーが!」みたいなことはありません。

そこも「グルグルっぽい!」という感じはするのですが、シナリオ自体は薄味です。

お馴染みのキャラクター達も!

町には、原作でもお馴染みのサブキャラクターたちが登場してます。

本人の場合もありますが、まったくの別人の場合もあります。

ただし、シナリオにサブキャラクターたちは絡んでこないため、ただ町にいるだけの存在になっています。

話しかけると色々な反応が返ってくるのはうれしい所。

別人の場合「あいつにしか見えないのに…」と残念に思うこともあるかもしれません。(上の画像のように)

システムには重大な欠陥がある

システムは、1つの町を拠点にして塔(ダンジョン)を攻略していく形式になっています。

全部で、13の塔(ダンジョン)を攻略していくことになります。

ダンジョンは、「入るたびに構成が変わる形式」と「構成が固定」のものが用意されています。

シンボルエンカウントという、敵が表示されており接触すると戦闘になる形式です。

気になる戦闘は?

戦闘では、プレイヤーはククリを操作して、オート操作のニケを魔法でサポートします。

ニケは一切操作できませんが、作戦によって攻撃の頻度などを変化させることができます。

ククリのグルグルは、原作でも登場するものからゲームオリジナルのものまで様々です

私のおすすめは『ザムディン』です。

バグの存在

そして、このゲームの最大の特徴となるバグが存在します。

それは、「防具を装備しても、実際の防御力が上がらない」というバグです。

RPGとしては致命的で、「敵の攻撃力は上がるが、装備でそれを補うことができない」という恐ろしいバグです。

そのため、最強防具も裸と一緒という裸の王様も真っ青の仕様になっています

当時は、頑張って防具をそろえていたのですが、意味がなかったと分かって本当にショックでした。

もしかしたら制作陣は、グルグル「長い声のネコ」を喰らっていた疑惑が。

何故バグが楽しめるのか?『魔法陣グルグル』

この「防御力が上がらない」という致命的なバグ。

しかし、このバグのおかげ?で、「前衛をするニケが脆く」「ククリのグルグルが決め手になる」という部分を再現できています

後衛のククリに突然攻撃がきて負けそうになるのも、原作ではよくある光景です。

致命的なバグがありながらも作品として成立してしまいました。

「ニケはこうだよな…グルグルってこうだよな…」という気持ちになるのです。

強烈なバグがある作品ですが、それすらも原作再現として受け入れさせてしまう、そんな稀有なゲームが『魔法陣グルグル』であると私は感じています。

皆さんも私と同じ気持ちになってほしいのでぜひ『魔法陣グルグル』をプレイしてください。

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA