親子で楽しめる仮面ライダーの格闘ゲーム!オススメはこれ!

 ランク(順位) 神Lv24(2384
 経験値  14,494
獲得バッジ
まとめ記事を10記事公開レビュー記事を10記事公開攻略記事を10記事公開1記事で1万PV100記事達成10カテゴリーの記事公開1つのカテゴリーで10記事10週連続記事公開

親子でハマる「仮面ライダー」の魅力

子供を中心に人気を博している「仮面ライダー」は、石ノ森章太郎氏原作の特撮シリーズで、1971年から約50年も続いています。

そのため、親世代は「昭和ライダー」、その子ども世代は「平成仮面ライダー」、孫の世代は「令和仮面ライダー」シリーズと、「親子孫の3世代」に渡って親しまれている方も少なくありません

今回は、数ある仮面ライダーゲームの中でも「親子で楽しめるゲーム」や、「コアな仮面ライダーファンがやり込めるゲーム」を紹介していきます

ちなみに今回の記事をザックリまとめると!

  • 「かんたんモード」がうれしい格ゲー『超クライマックスヒーローズ』
  • 無双系アクションで敵を蹴散らすのが爽快!『バトライドウォー 創生』
  • 次回予告演出など原作愛に満ちた作品『仮面ライダー(PS)』
  • 仮面ライダーでバイオハザード?『仮面ライダー 正義の系譜』

この記事は5分で読み終わりますので、最後まで読んでって下さいね!

関連の記事はこちら

[clink url=”https://chara.ge/kamen-rider/kamen-rider-battride-war-2/”]

「仮面ライダー」は、新作=オススメでは無い!?

現在テレビ放送されている、令和ライダー2作目となる「仮面ライダーセイバー」が登場する家庭用ゲームは、まだ発売されていません

令和最初のライダー「仮面ライダーゼロワン」が登場する、Nintendo Swich、PS4向けソフト「KAMENRIDER memory of heroez」が最新タイトルにあたります。

 

少しシリアスな雰囲気漂うアクションゲームとなっております。

ゼロワンが操作できる唯一のタイトルですのでファンの方にはたまらないかもしれません。

今回は、最新タイトルではないものの、親子で楽しむのにオススメな過去作品がいくつかあるので紹介します。

仮面ライダー 超クライマックスヒーローズ(Wii)

ゲーム性はシンプルな3D格闘ゲームで、「鉄拳」に仮面ライダーの必殺技を追加したようなイメージです。

対戦が始まる前に、選択したキャラクターの組み合わせによって、オリジナルの会話が繰り広げられ、大人世代が思わずニヤリとしてしまう演出も多く存在します。

幅広い世代で楽しめる戦闘システム

また、親子でゲームをした場合は、技術の差があるため、どうしても手加減をしなくてはいけないというジレンマがありますが、このゲームには「かんたんモード」なるものが存在します。

「かんたんモード」でプレイすると、ガチャガチャと操作しているだけでも、打ち崩すのは容易ではありません。

キャラクターの育成要素などやりこみ要素も多くあり、好きなキャラクターを極限まで強くすることが出来るのも嬉しいポイントです。

発売した時期的に、仮面ライダーウィザードまでしか登場していませんが、長く楽しめるゲームバランスに仕上がっており、オススメの一本です。

ゲーム情報

タイトル仮面ライダー クライマックスヒーローズ
ジャンルヒーローアクション
対応機種PlayStation 2
発売元バンダイナムコゲームス
プレイ人数1 – 2人
発売日2009年8月6日

仮面ライダー バトライドウォー 創生(PS4)

いわゆる「無双ゲー」と呼ばれるジャンルのゲームです。

フィールド上に数多く出現する、戦闘員や怪人を倒していくゲームなのですが、爽快感だけでなく参加キャラクターも多さも魅力で、各作品の2号ライダーも操作可能です。

ゲージを貯めることで、最終フォームに変身する事が可能なのですが、変身演出・BGMも原作を再現しているため、雑魚相手でも無駄に必殺技を使いたくなってしまいます

1人プレイ専用ゲームで、親子同時にライダーを操作する事は出来ません。

しかし、ハードがPS4の作品ということもありグラフィックがとてもきれいなので、プレイを見ているだけでもワクワクしてきます。

この作品は、仮面ライダーゴースト放送中に発売されたため、発売後に追加コンテンツで配信された、「俺魂」までしか登場しません

ゴーストの最強フォームである、「ムゲン魂フォーム」や「仮面ライダーエグゼイド」「仮面ライダービルド」「仮面ライダージオウ」は登場しないため注意が必要です。

ゲーム情報

タイトル仮面ライダー バトライド・ウォー
ジャンルバイク&ヒーローアクション
対応機種PlayStation 3
発売元バンダイナムコゲームス
プレイ人数1人
発売日2013年5月23日

コアなファンが楽しむならこの一本

「キャラゲーをやりこみたい!」

「当時の雰囲気を思い出しながらプレイしたい」

昭和・平成仮面ライダーと共に育った世代で、こんな方も多いのではないでしょうか?

最近発売されたゲームは「親子で楽しめる作品」が多いため、コアなファンを対象にしたゲームはどうしても旧世代ハードのゲームになってしまいます。

しかしながら、その魅力が色褪せない「原作愛」にあふれる作品を紹介していきます

「仮面ライダー」(PS)

記念すべき仮面ライダーの格闘ゲーム第一弾でありながら、「最高傑作」との呼び声も高いこのゲーム。

内容はシンプルな格闘ゲームで、2D格闘で敵を倒して、次のステージに進むというものです。

原作の再現度がすごい

オススメのポイントは、なんといっても原作の再現度に尽きます。

BGMはもちろんのこと、次のステージに進む際の次回予告演出は、完全再現と言っても過言ではありません

また、怪人サイドでストーリーを進めるモードや、おまけ要素のライダーカード収集など、やりこみ要素も多いのも高評価です。

1998年発売の、PS向けソフトなのでグラフィックの粗さはありますが、この「仮面ライダー」~「仮面ライダー 龍騎」までのシンプルな格闘ゲームシリーズは、どの作品も原作愛に満ちており原作ファンならプレイして損はない作品です。

ゲーム紹介

タイトル仮面ライダー
ジャンル格闘
対応機種プレイステーション
発売元KAZe
プレイ人数1人~2人
発売日1998年10月1日

「仮面ライダー 正義の系譜」(PS2)

数ある仮面ライダーゲームの中でも、異彩を放っているのが本作です。

このゲームのジャンルは「アドベンチャー」に分類されており、雰囲気は「バイオハザード」や「ディノクライシス」に近いものがあります

固定視点で、ダークな雰囲気のショッカー基地内を探索する本作は、プレイしていると、初代仮面ライダーがショッカー基地に侵入したときのようなどきどき感を思い出させてくれる作品です

登場キャラクターは、昨今の全員操作可能ゲームと比べると多くありません。

ですが、ストーリーも後半にかけて胸アツな展開になっていき、夢中になること間違いなしです。

ゲーム紹介

タイトル仮面ライダー 正義の系譜
ジャンルアクションアドベンチャー
対応機種PlayStation 2
発売元バンプレスト
プレイ人数1人
発売日2003年11月27日

オススメ仮面ライダーゲームのまとめ

仮面ライダーという超有名コンテンツなので、数年ごとに新作ゲームが登場しており、ファンを飽きさせることがありません。

ゲーム自体も、グラフィックの進化と、操作キャラクターの増加により、コンテンツのボリュームはやはり新作になるにつれて魅力的になっていきます

ですが、仮面ライダーゲームの真骨頂ともいえる、親子2世代でワイワイ言いながら楽しめる点はどの作品にも共通しており、「昔のハードのゲームだから」「最新のライダーが登場しないから」と古い作品を侮ることは出来ません

今回紹介しきれなかった中にも面白いゲームは多いので、思い入れのある作品のライダーを操作出来る作品からプレイするのも選択肢かもしれません!

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA