【売り逃げ】「The Day Before」の厳しい批判の背後【圧倒的不評】

おすすめアプリ
Raid
[PR]編集部イチ推しゲームはこちら

「The Day Before」が残念なスタートを切ってしまった理由

みなさんこんにちは、「横島先生」と申します。

本日は大きな期待を持たれつつ、やや失速気味の開幕となってしまった「The Day Before」に触れていきたいと思います。

あくまで個人的な調査結果であるため、ご注意ください。

ではさっそく、詳細を見ていきましょう。

  1. 技術的問題:UIの破損、サーバー接続の不具合、多数のバグ。
  2. 期待とのギャップ:宣伝された内容と実際のゲームプレイの間に大きな差異。
  3. 透明性の欠如:リリースの遅延、Steamページの削除などのコミュニケーション問題。

この記事は5分程度で読み終わりますので、さいごまでお付き合いいただければ幸いです。

リリース前の期待

「The Day Before」は、Fntasticによって開発され、Mytonaによって発行されたマルチプレイヤー、オープンワールド、サバイバルホラーのビデオゲームです。

このゲームは、パンデミックによってゾンビに覆われたアメリカ合衆国のポストアポカリプスバージョンを舞台にしています。

最初に2021年に「ゲームプレイ」トレーラーで紹介され、当初は2022年6月にリリースされる予定でしたが、Unreal Engine 4からUnreal Engine 5への移行計画のために2023年3月1日に延期されました。

しかし、2023年1月にはゲームのSteamページが削除され、その後もいくつかの延期があり、最終的には2023年12月7日にSteam Early Accessでリリースされることになりました​​。

当初、このゲームは非常に高い期待を集めていました。

Steamで最もウィッシュリストに登録されたゲームとなり、その野心的なオープンワールドとマルチプレイヤープロジェクトは多くの注目を集めました。

しかし、開発が進むにつれ、不透明で誤解を招くマーケティング、サイドプロジェクトのプロモーション、ゲームプレイのリリースを避ける行動、Steamからのゲーム削除などの誤解を招く説明などにより、批判が高まりました。

これらの問題により、初期の熱狂的な期待は次第に失望に変わっていきました。

開発の過程と遅延

「The Day Before」の開発過程は、いくつかの重要な遅延と変更によって特徴づけられています。

ゲームは最初に2021年に公開され、初期のリリース予定日は2022年6月でした。

しかし、開発チームは、技術的な向上とゲーム体験の改善のために、Unreal Engine 4からUnreal Engine 5への移行を決定しました。

この移行は、ゲームのリリースを2023年3月1日に延期する主要な要因の一つとなりました。

さらに、2023年1月には、ゲームのSteamページが突然削除されるという予期せぬ出来事が起こりました。

この削除は、ゲームのタイトルに関する商標問題が原因であることが後に明らかになりました。

この問題のため、リリースはさらに遅れ、2023年11月10日に延期されました。

しかし、その後もいくつかの延期があり、最終的には2023年12月7日にSteam Early Accessでリリースされることになりました。

これらの遅延は、プレイヤーコミュニティ内での期待と不安を高める原因となりました。

特に、商標問題によるSteamページの削除は、プレイヤーとのコミュニケーションにおいて透明性が欠如しているとの批判を受けました。

これらの遅延と不透明なコミュニケーションは、リリース後のプレイヤーの反応にも影響を与え、ゲームの評価にマイナスの影響を与える一因となりました。

リリース後の問題点

「The Day Before」のリリース後、プレイヤーは一連の問題に直面しました。

これらの問題は主にゲームのユーザーインターフェース(UI)の不具合、サーバー接続の問題、そして様々なバグに関連しています。

UIの不具合に関して、多くのプレイヤーはゲームにログインした直後にUIが破損すると報告しています。

これにより、ゲーム内のナビゲーションや機能の利用が困難になり、全体的なプレイ体験に大きな影響を与えました。

また、安定したサーバーに接続することができないという問題も広く報告されています。

これは、特にゲームのリリース直後にサーバーがオーバーロード状態になることにより、多くのプレイヤーがゲームを体験することができなかったことを意味します。

さらに、ゲーム内での多数のバグが報告されています。

これには、キャラクターがマップを通り抜けて落下する、予期しないクラッシュ、ゲームプレイ中のパフォーマンスの問題などが含まれます。

これらのバグは、ゲームの没入感と楽しさを大幅に損なうものでした。

プレイヤーからのフィードバックと批評は一般的に厳しいものでした。

多くのプレイヤーは、これらの技術的な問題に加えて、ゲームの内容やプレイ感についても失望を表明しています。

特に、ゲームの宣伝と実際のゲームプレイの間に大きなギャップがあると感じたプレイヤーが多く、その結果、Steamなどのプラットフォームでの評価が著しく低下しました。

これらの問題は、ゲームの開発とリリースプロセス全体における管理と品質保証の欠如を示していると広く見なされています。 ​

マーケティングと透明性の問題

「The Day Before」のマーケティングと透明性の問題は、プレイヤーコミュニティからの批判の主な焦点でした。

開発チームのマーケティング戦略は、特にゲームのプロモーションとプレイヤーとのコミュニケーションに関して、いくつかの誤解と問題を引き起こしました。

ゲームのマーケティング戦略では、初期のトレーラーとプロモーションで示された内容と、実際のゲームプレイの間に大きなギャップがあったとプレイヤーは感じました。

初期のトレーラーはゲームの潜在能力を強調し、高い期待を生み出しましたが、実際にリリースされたゲームはこれらの期待を満たすことができないと広く見なされています。

このギャップは、プレイヤーの間で失望と不信感を引き起こし、ゲームに対する全体的な評価を損ないました。

また、プレイヤーとのコミュニケーションに関しても、開発チームは透明性に欠けると批判されました。

特に、リリースの遅延やSteamページの削除など、ゲームの開発に関する重要な情報をプレイヤーに十分に伝えていないとの指摘がありました。

これらの問題は、プレイヤーコミュニティ内での信頼を損ない、最終的にはゲームの評判に影響を与えました。

このように、マーケティング戦略と透明性の問題は、「The Day Before」のリリース後の受容に大きな影響を与え、プレイヤーからの信頼と評価を失う重要な要因となりました。 ​

ゲームの現状と今後の見通し

「The Day Before」の現状は、多くの技術的問題とプレイヤーコミュニティからの厳しい批判により、困難な状況にあります。

リリース直後の多くの問題点、特にUIの不具合、サーバー接続の問題、そして多数のバグは、ゲームの評価を著しく低下させました。

これらの問題に加えて、マーケティング戦略とプレイヤーとのコミュニケーションの誤解も、ゲームの受容に大きな影響を与えています。

今後の見通しについては、開発チームがこれらの問題にどのように対処するかが鍵となります。

技術的な問題の修正、プレイヤーコミュニティとのコミュニケーションの改善、そしてゲーム体験の向上は、ゲームの成功のために不可欠です。

しかし、初期の期待が非常に高かったため、これらの改善がプレイヤーの信頼を取り戻すには時間がかかるかもしれません。

ゲーム開発とプレイヤー期待のバランスについては、「The Day Before」のケースは教訓を提供しています。

開発者は技術的な野心と実現可能性の間でバランスを取る必要があり、プレイヤーへのコミュニケーションと透明性を重視することが重要です。

また、マーケティング戦略は現実的な期待を設定し、過度に誇大な約束を避ける必要があります。

最終的には、プレイヤーの期待を適切に管理し、品質の高いゲーム体験を提供することが、ゲーム開発の成功の鍵となります。 ​

では、本日はここまでとさせていただきます。

ではでは。

ライター紹介

横島先生
こんにちわ、『横島先生』と申します。
工学の博士号を持つ異色のゲームライターです。
ネットゲーム歴は長く、「Diabro2」や「Age of Empire2」などの海外ゲームから入り、国産ゲームでは「FF11」を長くプレイしておりました。
現在はmihoyo社の「原神」に出会い、熱中しております。
皆様に有意義な情報をお伝えしたいと考えておりますので、何卒、よろしくお願いします。
twitterアカウント:https://twitter.com/yokoshimasensei

[PR]世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料のターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなハマってます!

注※PCゲームのため、PCからアクセスしてください。スマホだとページが開きません。

\ まずは無料でプレイ!(PC版)/

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※PCゲームのため、PCからアクセスしてください。スマホだとページが開きません。

\ まずは無料でプレイ!(PC版) /

RAID: Shadow Legends 公式サイト