(初心者向け)覚えておきたいモンハンマルチの注意点とマナー

 ランク(順位) 村人(254388
 経験値  72
獲得バッジ

モンハンマルチは怖いという噂。ウソ?ホント?

こんにちは!今日も一狩り楽しんでいますか?

最近はせっせとナルハタタヒメ討伐に勤しんでいる木村です。

今回は、「マルチプレイで遊ぶ上での注意点」についてお話していこうと思います!

  • 一番の迷惑行為は自己中なプレイ!
  • 迷惑行為をしないためにも
  • みんなで楽しく狩りをしよう!

この記事はだいたい3分位で読み終わりますので、ぜひ最後まで読んでいってくださいね!

暗黙のルールさえ押さえれば怖くない!

モンスターハンター界隈には、マルチプレイをする上での暗黙のルールが存在しています。

この暗黙のルールについては、さすがのウツシ教官だって教えてはくれませんし、ゲーム内で言及されることもありません。

私のように今作が初モンハンの方は、自分の行動がほかのハンターさんへの迷惑行為になってしまわないよう、ここで一緒に予習しておきましょう。

ルールとマナーさえ覚えておけば、モンハンマルチは怖くありません!

クエストには積極的に参加すること!棒立ち禁止!

1人では倒せないモンスターも、みんなと一緒なら倒せる。

これがマルチプレイの良い所です。

実際に私も、なかなかモンスターを倒せないときは、よくマルチプレイを利用してきました。

しかし腕に自信がないと、狩りへの参加もついつい消極的になってしまいがちですよね。

力尽きてしまわないように、遠目から眺めていたくなる気持ち…とてもよくわかります。

実はこの消極的な態度こそが、迷惑行為として取られてしまうことがあるんです!

モンハン用語における「寄生」

「寄生」とは、モンスターの討伐を人任せにして逃げ回ったり、クリアするまでベースキャンプから1歩も動かないプレイスタイルのことを言います。

「ベースキャンプ棒立ちタイプ」にはあまり出会ったことがありませんが、初めて遭遇した時はおもわず「大変!ネット環境に不具合でも生じたのかしら!?」と心配になりました。

それくらい棒立ちは目立ちます。

次は逃げ回りタイプについてですが、「逃げ回ることの何がダメなの?乙るほうが迷惑になるのでは?」と、お考えになる方も多いのではないでしょうか。

しかしマルチプレイの特性上、自分のグループに寄生プレイヤーがいるということはデメリットしかないのです。

その理由は、参加人数によって増加していくモンスターの体力にあります。

4人グループの中に1人でも寄生プレイヤーがいると、「モンスターの体力は最大値なのに、狩りを行うのは3人」という、単純な火力不足問題が発生してしまうのです。

本来4人で削るべき体力を3人で削るのは大変ですし、討伐完了後の剥ぎ取りにだけ飛んでくる姿は、見ていて気持ちのいいものではありません。

自信が無くて、乙るのが申し訳ない気持ちはよくわかりますが、他力本願すぎるプレイは周りから嫌われてしまいますので気をつけましょう!

※自分の部屋に寄生プレイヤーがいて困った場合は、キック機能を使って強制離脱させることも可能です。

しりもち&吹き飛ばしに要注意

戦闘中にモンスターを攻撃したつもりが、なぜか味方までふき飛ばしてしまったことはありませんか?

このように、味方まで一緒にふき飛ばしてしまうことを「フレンドリーファイア」といいます。

完全な事故の場合は仕方ありませんが、あまりにも連発させると、ほかのハンターさんへの迷惑になります。

中には妨害もかねてわざと連発してくる方もいらっしゃるので、自分がそう思われてしまわないように注意しましょう。

マルチプレイに参加する際には、自分が使っている武器にフレンドリーファイア技が無いかどうか、一度確認しておくと安心かもしれませんね。

(ちなみに、私が愛用している双剣にはフレンドリーファイア技が1つもありませんでした)

一言メモ:ふき飛ばしやしりもちは「ひるみ軽減」のスキルを使えば軽減可能です。装飾品を使ってしっかり自衛もしましょう!

あいさつと準備は早めに済ませよう

クエストに参加したら、なるべく挨拶をするようにしましょう。

今作には可愛い定型文スタンプもありますので、そちらを利用するのもお手軽でオススメです。

自分が部屋主の際に実感するのですが、参加してくれた方から挨拶してもらえると、「あ、この人はいい人そうだ…」となんだか安心するんですよね。

マルチプレイで円満に遊ぶためにも、挨拶やチャットツールは程よく活用していきましょう。

※周りを不快にするような、煽りメッセージを飛ばすのだけは絶対にやめましょうね!

それともう1つ。

先述した「寄生プレイヤー」だと思われてしまわないように、食事やアイテムの補給等は、なるべくクエスト参加前に済ませておきましょう。

マルチプレイは、他のハンターさんと足並みを揃えることがなにより大切です。

自分1人だけテントでモタモタしていたり、ほかの人の分まで応急品を持っていったりするのはやめましょう。

「討伐クエストなのに1人だけ採集を楽しんでいる」なんていうのも言語道断です。

やむを得ない場合以外は、なるべくまっすぐに標的のモンスターの元に向かいましょう!

微妙な探り合いになる「睡眠状態」

参加者の中に睡眠属性の武器を使っている方がいると、戦闘中にモンスターが眠ってしまうことがありますよね。

この場合、自分もよく迷うのですが、出来ればちょっとだけ周りの出方をうかがうと良いかもしれません。

もしかしたらモンスターが眠っているうちに砥石を使ったり、回復したい人がいるかもしれないですからね。

こればかりは全員が探り合い状態になることが多く、実際の場でも、なんとも言えない空気感になりがちです。

連撃の流れで即座に起こしてしまった場合は仕方ありませんが、念のため、周りの様子を確認してからモンスターを起こすようにしましょう。

マルチプレイで気持ちよく遊ぶためにも

今回はモンハン界隈の暗黙のルールについてご紹介させていただきました。

この注意点さえ押さえておけば、ほかのハンターさんに迷惑をかける回数をぐっと減らすことができます。

マルチプレイには、ソロで遊んでいる時とはまた違った面白さがありますので、怖がらずに一度チャレンジしてみてくださいね!

モンハンライズは今後もいくつかのアップデートが予定されています。

これからもガンガンやり込み、まだまだ楽しみ、プロハンターになれるように頑張っていきたいと思います!

ここまで読んでいただきありがとうございました。

いつかマルチプレイで偶然お会いできれば嬉しいです!

【モンハンライズ】重ね着コーデまとめ〜女性編〜

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト