【ポケモンSV DLC】【ネタバレなし】藍の円盤・キャラクター紹介!!

おすすめアプリ
Raid
[PR]編集部イチ推しゲームはこちら

はじめに

皆さま、こんにちは。

ポケモンSV・DLC『藍の円盤』は既にプレイされたでしょうか?

こちらは、ブルーベリー学園の生徒たちの関係性、そしてパルデアの大穴とテラスタル現象の秘密に迫る、非常に目が離せないストーリーとなっています。

そして今回は、そんな『藍の円盤』に登場するキャラクターたちをご紹介。

ストーリーに関係するようなネタバレはナシで執筆しておりますので、まだプレイしていない方もご安心くださいね。

  1. 『藍の円盤』登場キャラクターをご紹介!
  2. 気になるキャラクターが見つかるかも??
  3. ネタバレなしなので未プレイの方でも大丈夫!!!

この記事は5分で読み終わりますので、ぜひ読んでいってください!!!

タロ

タロは、ブルべリーグ四天王の3位の女の子。

ジムリーダーたちのように、あるタイプを極めていますが……そのタイプはここでは秘密にしておきましょう。

彼女自身外見も性格もカワイく、『カワイイ』ものが好きな彼女ですが、四天王としてのバトルは容赦なし。

3位というポジションに相応しく、極めているタイプのポケモンたちとガツガツ攻めてきます。

タロ以外の四天王にもいえることですが、勝つには緻密な戦略と高レベルのポケモンの力が必要です。

一人称は「わたし」で、しっかり者として主人公をサポートしてくれます。

見せてくれる言動もカワイイものが多く、カワイイものが好きな方なら、きっと彼女と気が合うはずです。

そんな彼女ですが、イッシュ地方で活躍する人物と関係がある様子。

タロの外見をよく見れば、分かるかも……?

アカマツ

アカマツは、ブルベリーグ5位の人物。

シェフのような服装や持っているフライパンからも伝わる通り、料理が好きな少年です。

主人公や他の人物と話す時も、料理に関する言葉を使ってきますので、料理愛はかなり強い様子です。

一人称は「オレ」。

裏表がなく実直な性格は、彼がバトルで扱うタイプとも相性バッチリ。

バトルもかなり強く、相性が良くても簡単には勝てない相手なので、挑む時は対策が必要です。

そんなアカマツですが、実はあの人のことが気になっているようで……?

カキツバタ

カキツバタは、ブルベリーグ2位の人物です。

飄々とした性格で掴みどころがなく、本気になったり疲れたり、といったことを嫌い、いつも気だるげな様子です。

何度か留年しているそうなので、実年齢は他の生徒よりも上なのかもしれません。

しかし強者としての風格はあり、実際バトルでも一筋縄ではいかせてくれない強さを見せてきます。

一人称は「オイラ」「ツバっさん」。

主人公を「キョーダイ」と呼ぶことなどからも感じられる通り、緩い接し方をしてくる人物です。

ゼイユなどからは信用ならないとも酷評されている一方、ブルーベリー学園内の他の生徒や人間関係を気にかけているようですが……?

いつも緩いキャラでいる彼ですが、その理由が窺える情報も出てきますので、カキツバタが気になる方はそちらも必見です。

ネリネ

ネリネはブルベリーグランク4位のトレーナー。

時間にかなり厳格であったり機械的な話し方をしたり、といった特徴を持つ人物です。

そうした機械的なネリネですが、何故かゼイユとは気が合う様子。

一見真反対のタイプに見えますが、どうしてか話が噛み合っているところをストーリー中でも見ることができますよ。

一人称は「ネリネ」。

前で述べた通り、性格も冷静で機械的、一癖も二癖もある人物……なのですが、ストーリーを進めていくと、学生らしい意外な一面も。

クールな部分とのギャップが魅力の人物ですよ。

もちろん、ブルベリーグランク4位のトレーナーとして、バトルの時は容赦も手加減もありません。

挑むときは万全の態勢で挑みましょう。

スグリ

スグリは後に紹介するゼイユの弟であり、ブルーベリー学園の生徒です。

また、ブルベリーグでの強者でもあります。

前編『碧の仮面』の時から髪形や表情が大きく変化し、雰囲気もがらりと変わっていますよね。

そして変わったのは、外見だけではありません。

気弱だったスグリはどこへやら、かなり強気で他者を寄せ付けない性格に。

目からもハイライトが消え、以前の気が弱かったスグリは影もありません。

一人称も、『碧の仮面』時では「おれ」でしたが、『藍の円盤』では「俺」に変化。

彼の中で、一体何があったというのでしょうか……?

ゼイユ

ゼイユはスグリと同じく、前編『碧の仮面』から続けて登場する人物です。

そしてスグリの姉であり、ブルーベリー学園の生徒でもあります。

『碧の仮面』では、強気な姉としてスグリを引っ張っていましたが、後編『藍の円盤』ではどのような立場にいるのか?

性格が変わった弟・スグリに対して、どのように接するのか?

必見ポイントはたくさんですよ。

また、ブルーベリー学園の他の生徒との関係性も見どころです。

強気で勢いがあり、癖のあるゼイユですが、他の生徒とはどのような関係なのでしょうか……!?

シアノ

シアノは、ブルーベリー学園の校長です。

オレンジ・グレープアカデミーのクラベル校長とも関係があるようですが、クラベル校長とはまた違った性格をしています。

校長らしく、厳格で何事にも厳しく、威厳ある人物……ではなく、かなりフランクな様子です。

校長だという紹介をされなければ、ただの「気のいい人」に見えさえします。

しかしブルーベリー学園には誇りを持っていると見える、校長らしい一面も……!

ブライア

ブライアはブルーベリー学園の教員である人物です。

『碧の仮面』では、林間学校の引率教員としてキタカミの里を訪れていましたので、『藍の円盤』をプレイしていく皆さまは、一度会ったことがあるはず。

テラスタル現象やパルデアの大穴に強い興味を持っており、テラスタルを彷彿とさせる飾りも耳に着けています。

また、生徒たちに親身になる優しさも垣間見ることができ、教員としても頼りになる人物ですよ。

『藍の円盤』配信前は、テラスタルへの強い関心から、主人公の前に立ちはだかる悪役になるのではないかと囁かれていましたが、実際は……?

ブライア先生が一体どのような人物であるのかは、ご自身の目で確かめてみてくださいね。

おまけ:テラリウムドームの写真

おまけに、ブルーベリー学園にあるテラリウムドームで撮った写真をご紹介。

『藍の円盤』プレイへのワクワク感を高めてください。

まずはテラリウムドームのポーラエリアで撮った一枚。

ポーラエリアで時々起こるダイヤモンドダストのような現象と、伝説のポケモン・レシラムとのショットです。

レシラムの神々しさがさらに際立つ、神秘的な一枚なのではないでしょうか。

ダイヤモンドダストとレシラム、それぞれがそれぞれの魅力を引き立たせているのがポイントです。

次は、少し笑える一枚です。

何の写真か、分かりますでしょうか?

正解は……『こちらに突っ込んでくるケンタロスの尻尾』でした。

サバンナエリアでは、ケンタロスがこちらに向かって突っ込んでくることも珍しくないので、ご注意くださいね。

気を抜けるのは、ピクニックの時だけですよ。

テラリウムドームは広大で、撮影スポットもたくさん。

ポケモンたちとの写真撮影も楽しんでみてくださいね。

さいごに

『藍の円盤』に登場するキャラクターたちの魅力、伝わったでしょうか?

個性的で魅力的な人物ばかりですので、『藍の円盤』での旅も充実すること間違いなし。

ぜひ色々なキャラクターたちとバトルやお話をしてみてくださいね。

それでは、今回はここまで。

良いポケモンライフを!

 

ライター紹介

さかおみん
主にポケモン関連の記事を執筆しております、さかおみんです。

今や、ポケモンは「子どものアニメ」ではありません。
子どもはもちろん、大人の目線で見ても深いといえる世界です。

ポケモンを知らない方には「今のポケモンってこんな進化してるんだ…!」と、
知っている方には「こんな目線から見ることもできるんだ!」と感じてもらえるよう、精一杯執筆して参ります!
よろしくお願い致します!

[PR]世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料のターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなハマってます!

注※PCゲームのため、PCからアクセスしてください。スマホだとページが開きません。

\ まずは無料でプレイ!(PC版)/

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※PCゲームのため、PCからアクセスしてください。スマホだとページが開きません。

\ まずは無料でプレイ!(PC版) /

RAID: Shadow Legends 公式サイト