【ポケモンGO】スーパーリーグで個体値は関係ない!? PvP で活躍するおすすめポケモンを紹介!

 ランク(順位) 神Lv47(2400
 経験値  21,245
獲得バッジ
まとめ記事を10記事公開レビュー記事を10記事公開攻略記事を10記事公開1記事で1万PV100記事達成10カテゴリーの記事公開1つのカテゴリーで10記事10週連続記事公開

スーパーリーグで活躍するポケモンは、個体値が低い!?

やっとの思いで、個体値100のポケモンを手に入れた時は嬉しいですよね!

ポケモンは個体値が MAX に近いほど、強いに決まっている!となる気持ちも分かります。

ですが、ポケモン GO の対人戦スーパーリーグでは、個体値の低いポケモンが強い場合もあるんです!

どのゲームも、強いキャラは総じて能力が高い傾向にありますが、この事実にはサトシもビックリですね!

しかも、攻撃・防御・HP の3つある個体値の中で、バトルにもかかわらず攻撃が低い方がいいんです!

弱いポケモンを逃がしていた人は、ボックスにお宝が眠っているかもしれないので、1度博士に送る手を止めて下さい!

この記事では、攻撃個体値の低いポケモンが強くなる理由の解説と、おすすめのポケモンを紹介していきます。

  1. ポケモンの種族値と個体値について
  2. 弱いポケモンが、バトルで活躍する理由を解説
  3. スーパーリーグでの、おすすめポケモンを紹介

この記事は5分で読み終わりますので、最後まで読んでいって下さいね!

種族値・個体値とは?

ポケモンGO では、ポケモンのステータスを表す指標が、大きく分けて2種類あります。

ポケモンの種類によって違う「種族値」

種族値は攻撃・防御・HP の3つの値からなる隠しステータスで、値の大きさによって伸びが変わってきます。

原作では攻撃・防御・特攻・特防・すばやさ・HP の6つで構成されていましたが、ポケモン GO では簡略化されています。

同じ名称のポケモンであれば、同じ値が設定されており、ポケモンGO をプレイしていても確認できない数値です。

例えば、ピカチュウは攻撃112・防御96・HP 111の総合319のように設定されており、どのピカチュウを捕まえても、同じ値になっています。

同じポケモンでも個体によって違う「個体値」

個体値も攻撃・防御・HP の3つの値がありますが、種族値との違いは同じ名称のポケモンでも異なる点と、ポケモン GO 内で確認できる点です。

【調べ方の手順】

①調べたいポケモンをボックスから開く

➁画面右下の、丸で囲まれた3本線のメニューを開く
③ポケモンを調べてもらうをタップ
④各3つのステータスが、グラフで表示されます。

個体値は0~15でランダムに決まっており、各ステータスやCP に影響します。

種族値が「素の強さ」を表すなら、個体値はその「伸び率」を表している、と言えますね。

たまごからの孵化や、レイドバトルでゲット、大親友同士で交換したポケモンは最低個体値がそれぞれ10以上が確定しています。

スーパーリーグで重要になる SCP とは?

ここからは、ポケモン GO 内の PvP である、GO バトルリーグについて説明していきます。

もしかしたら聞いたことがないかもしれない SCP ですが、それもそのはず、ゲーム上では表示されていないステータスなのです。

この SCP が CP 制限のあるスパーリーグではかなり大事になります。

CP と SCP の違い

聞きなじみのあるCP は Combat Power (戦闘力)、SCP は Standard Combat Power (標準戦闘力)の略で、どちらも攻撃・防御・HP の3つの個体値から算出されるステータス。

違いは個体値のどれを重要としているかで、CP は攻撃に比重があり、SCP は3つすべてのバランスです。

SCP のイメージは 、CP 1500以下の時の、強さを表す指標といってもいいでしょう!

なので例としてランキングを見ると、CP の1位はケッキング、2~11位までは伝説と、高い攻撃種族値を持つポケモンで占めています。

一方で SCP ランキングは1位がラッキー、2位はトリデプス、3位はハピナスで、防御や HP に定評のある、いわゆるかたいポケモンたちです。

CP ランキングで1位だったケッキングは、SCP だと1391にまで下がり、ラッキーが2193になります。

つまり、CP 1500以下の同じ条件下でケッキングとラッキーの強さを比較すると、理論上は802もの圧倒的な差があるんです!

これが、スーパーリーグにおける SCP の重要性です!

攻撃個体値を下げる理由

CP と SCP の違い、対人戦では SCP が重要な指標の1つ、という解説をしてきました。

ポケモンを強くするには、 PL(ポケモンレベル)を上げる必要があります。

PL を上げることで、攻撃・防御・HP が上がるので、ポケモンが強くなります。

CP の算出方法が攻撃の個体値に重きを置いているので、攻撃の個体値が0に近いほど、強化したときの CP が上がりづらいです!

つまり CP 1500になるまでに、より多く強化できるのです!

例として、スーパーリーグで人気の、ガラルマッギョを見ていきましょう。

個体値攻撃15・防御15・HP 15攻撃0・防御15・HP 15
CP14831483
PL2426.5

同じ CP 1483のガラルマッギョなのに、攻撃の個体値が異なるだけで、PL が大きく変わります!

PL は0.5単位で上昇するので、PL 24と26.5には5回分の強化の差があります!

この差がスーパーリーグでの勝敗を左右することもあるのです!

  • 攻撃個体値が低いほど、CP があがりにくい
  • CP 1500を越えないように、どれだけポケモンを強化できるか
  • 攻撃0・防御15・HP 15が理想

※補足すると、攻撃の実数値(攻撃力の強さ)によって技を打つ順番や、与えるダメージの量は変わるので、攻撃個体値0がベストではない時もあります。

スーパーリーグで活躍するポケモンはこれ!

トリデプス

最初のおすすめトリデプスは、言うまでもない鉄壁お化けで、SCP は驚異の2004。

使用率こそ TOP 10入りはしないものの、耐性が9つもある優秀なタイプと多くの相手に効果抜群をとれる技範囲は、1匹育てておいて間違いありません。

タイプいわはがね
技1うちおとすアイアンテール
技2ストーンエッジ

ラスターカノン

かえんほうしゃ

技1のうちおとすは DPS (Damage per Second:1秒間に与えるダメージ量)が優れており、技2は高威力の岩技ストーンエッジとサブウェポンにかえんほうしゃを覚えるので、技範囲も優秀で申し分のないポケモンです。

攻撃種族値は高くないので火力不足は否めないが、それを補うかたさは1級品で並大抵の攻撃にはびくともしません

野生湧きせず、イベント期間中でないと入手できないので、アメが手に入れにくいのが難点なのと、かくとうタイプにはめっぽう弱いので、パーティーで相性補完必須です。

マリルリ

別名青い悪魔のマリルリは、相手の手持ちにいてほしくないポケモンの1匹です。

毎シーズン対策されているはずなのに、環境 TOP に君臨し続けています。

タイプみずフェアリー
技1あわいわくだき
技2れいとうビーム

ハイドロポンプ

じゃれつく

シーズン6で技1のあわは弱体化されたものの、ダメージ効率やゲージ回復量を考慮すると、依然としていわくだきよりあわを採用する型が多いです。

技2は回転率はよくないものの、どれも強力でパーティーによって使い分ける必要があります。

ハイドロポンプ不採用だと、はがねタイプに太刀打ちできなくなり、じゃれつく不採用だとミラー対面(同じポケモンの対面)で、不利になるリスクがあります。

効果抜群の技をくらっても1撃では倒れない、頼もしい HP タンクとしての役割は、パーティーに入れておけば必ず仕事をしてくれます!

ブラッキー

かわいさとかっこよさを兼ね備えている人気のポケモン、ブラッキーも SCP が1860と高く、倒すのに時間がかかるポケモンです。

あく単タイプで2重弱点がないうえに、見た目に反して耐久力はトリデプスと肩を並べる恐ろしいポケモンです。

タイプあく
技1(通常技)バークアウトだましうち
技2(ゲージ技)イカサマ

とっておき(※1)

あくのはどう

サイコキネシス(※2)

※1・・・コミュニティデイ限定技のため、通常進化では覚えられません。すごいわざマシンを使用するか、年末開催の復刻コミュニティデイを待ちましょう。

※2・・・こちらも2回目のコミュニティデイでの限定技です。覚えさせる方法は※1と同じになります。

技1のバークアウトとだましうちは DPS で見るとほぼ一緒の性能ですが、EPS (Energy Per Second:1秒間のゲージ増加量) はバークアウトに軍配があがります。

技2は通常で覚えられるのが、あくタイプのみになりますが、苦手なフェアリータイプやあくタイプミラー対面に備えて、とっておき」は持っておきたいところです。

相手と技の打ち合いになれば、バークアウトとイカサマの高回転技の応酬で、対面をとれることが魅力

進化方法がアメ25コ+相棒にして10km 歩いて夜に進化、とクセはあるものの対エスパーやゴーストには明確な役割を持てるので、育てる価値はあります!

まとめ

スーパーリーグで、個体値の低いポケモンが活躍する理由について、解説していきました。

攻撃の個体値が低くても勝てる理由は、PL の差にありましたね。

PvP は個体値の他にも、「使用するポケモン」・「覚えさせる技」・「パーティーの相性補完」・「プレイングの技術」・「ネット環境」・「運」が絡んでくる奥深いゲームです。

やりこもうと思えば、とことんのめり込めます!

今スグにボックス内の活躍できる、ポケモン チェックだぜ!!

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト