《ポケモン剣盾》多彩な型をもつ新環境「マンムー」その強さの理由を徹底解説!

 ランク(順位) 神Lv23(2388
 経験値  14,066
獲得バッジ
まとめ記事を10記事公開レビュー記事を10記事公開攻略記事を10記事公開1記事で1万PV100記事達成10カテゴリーの記事公開1つのカテゴリーで10記事10週連続記事公開

環境トップを一掃!? 可能性を秘めたポケモン“マンムー”!!

子供から大人まで大人気のゲーム、【ポケットモンスターソード・シールド】!

たくさんの魅力的なポケモンの中で、僕が強いと思うお勧めポケモン、マンムー

意外と知られていないけれど、使い方を工夫すれば環境トップのランドロス等を一掃できる可能性を秘めたポケモンです。

この記事では、マンムーの強さの理由をタイプ・種族値・特性から徹底解説していきます!

  • マンムーとは「ダイヤモンド・パール」から登場したポケモン
  • 対戦においてのマンムーの基礎知識
  • 強さの理由はタイプ・種族値・特性にある

この記事は3分で読み終わりますので、最後まで読んでいってくださいね!

マンムーとは

ダイヤモンド・パールで登場

リメイクがおおきな話題を呼んでいる第四世代、ダイヤモンド・パールから登場したポケモンです。

アニメ「ダイヤモンド・パール」にて、ダブル主人公である「ヒカリ」が使用したり、2008年公開の映画「ギラティナと氷空の花束シェイミ」にて、ちょっとかっこいい登場をしましたよね。

このように活躍した機会も多いため、印象に残っている人も多いのではないでしょうか?

「げんしのちから」で進化

イノムーに「げんしのちから」を覚えさせてレベルアップすると進化するという、ちょっと特殊な進化方法をもつポケモンです。

「げんしのちから」で原始時代のマンモスモチーフのポケモンになるのは非常に面白いですね。

何故イノシシモチーフからマンモスモチーフになるのかは本当に謎。。。

対戦においてのマンムーの基礎知識

マンムーの基礎知識

ではマンムーのタイプ、種族値、特性を見ていきましょう。

ここではHPをh、攻撃をaというなどの略称を利用しています。

タイプこおり・じめん
種族値h110-a130-b80-c70-d60-s80
特性どんかん・ゆきがくれ・あついしぼう(夢)

それではマンムーの強さの理由を、タイプから順に説明していきます。

強さの理由① タイプ


このタイプ、「攻め」としては最強クラスです。

では、理由を説明していきますね。

[こおり]というタイプ

「攻め」としてこのタイプは、強いところが二つあります。

一つ目は、こおりタイプの技を《無効》にするタイプが存在しないこと+《効果いまひとつ》で受けることができるタイプが4つしか存在しないこと。

二つ目は、以下の3つの強タイプに《効果バツグン》を与えることができることです。

[ひこうタイプ] 環境上位のサンダー等がもち、ダイマックス状態での最強技『ダイジェット』をタイプ一致(自分のタイプと技のタイプが一致していると威力が1.5倍になる仕様)でうてる

[ドラゴンタイプ] みず、くさ、ほのお、でんきの四タイプを《効果いまひとつ》で受け、「ボーマンダ」や「ガブリアス」などの合計種族値が600をこえる【600族】と呼ばれる高種族値のポケモンが多い

[じめんタイプ] 「受け」最強のタイプの[はがねタイプ]に《効果バツグン》を与え、威力100、命中100の安定した打点「じしん」がある

弱点として、《ほのおタイプ》や《かくとうタイプ》などから”効果バツグン”をつかれやすいという致命的な点があります。

しかしマンムーには、それをカバーする”あるポイント”があります。

それはのちに解説。

[じめん]というタイプ

このタイプ、攻めとしても受けとしても優秀なタイプです。

攻めとしては、攻撃技として優秀な威力100命中100の「じしん」をタイプ一致でうてます。

(じめんタイプが強いのではなくて、じしんが優秀なんて言わない)

受けとしては、攻めで優秀なタイプ・いわ技、そしてステルスロックを半減出来るのです。

このように、マンムーは非常に優秀なタイプを持ったポケモンといえます。

強さの理由② 種族値


h110-a130-b80-c70-d60-s80

ポケモンの強さを決める要、といっても過言ではないほどに大切なもの、それは種族値です。

aについて

a種族値130とはとても高い数字です。

あのガブリアスと同じ数字といえば分かりやすいでしょうか。

このポケモンを語るうえで、最も重要な数字です。

弱点について

惜しいところは2つあります。

1つ目は防御、特防に数字があまり入っていないこと。

2つ目は、防御と特防の差が20とあまりに大きいため「ポリゴン2」などがもつ特性の「ダウンロード」の対策がやりにくいということです。

特性「ダウンロード」は相手の耐久の低いほうの火力が上がります

ダウンロードとは
仮にbよりもdのほうが高いポケモンがいたとします。
その場合「物理」のほうがダメージが入りますよね。
なのでaが上がります。
逆も然りで、dよりもbのほうが高いポケモンがいれば「特殊」のほうがダメージが入るため、cが上がるというわけです。

それを踏まえた上でみると、この特性を持つもっともメジャーなポケモンは「ポリゴン2です。

このポケモンは、物理型よりもcを利用した特殊型のほうが多いため、cを上げさせないためにdを上げるだけで対策になります。

しかしマンムーはbとdは20も差があるため、並の育て方だとどうしてもcがあがる可能性が高くなってしまいます。

その点が少し厳しいところ。

マンムーは、ポリゴン2を一撃で倒すほどの超火力を持ち合わせていません。

その他の種族値

sはs75族のウオノラゴンやパッチラゴンを抜けるのが good。

cはノーコメントで。

強さの理由③ 特性

特性について

マンムーの特性はどんかんゆきがくれあついしぼう(夢)です。

これらについて、順に説明していきます。

「どんかん」

この特性の効果は、メロメロ状態にならないというものです。

しかし、これだけではあまりに貧弱。

ですが今作「ソード・シールド」にてある大幅な強化を受けました。

それは、あの強特性「いかく」が効かないということ。

「いかく」は、使用率上位の「ランドロス」や「ギャラドス」がもつ、場に出ただけで相手のaを下げる効果のある特性です。

物理型をつくる際には、いつもこの「いかく」に悩まされていましたが、この“どんかん”マンムーならそのように悩む必要もありません。

なのでマンムーは、今作「ソード・シールド」で強力な特性を与えられたと言っていいでしょう。

この物理型でもランドロス等を気にする必要がないというのが、マンムーを推す一つの理由です。

「ゆきがくれ」

マンムーのもう一つの通常特性、「ゆきがくれ」。

僕としては、「グレイシア」や「ユキメノコ」のイメージのほうが強いですかね。

あの巨体でどうやって隠れるのか…そんな話はさておき。

この特性の効果は、天気が『あられ』の時に技の回避率が上がるというもの。

(正確には相手の技の命中率が0.8倍になる)

用途としては、ダイマックス時に氷技を『ダイアイス』としてうち、追加効果であられに持ち込む。

そして運に頼るといったところでしょうか。

ただ、どうしても運に頼ってしまうこと他の特性が強力なことから採用率はそこまで高くないです。

「あついしぼう(夢)」

夢特性「あついしぼう」。

これが、こおりタイプの説明のときに言った“ポイント”です。

この特性の効果は《ほのおタイプ》、《こおりタイプ》の攻撃を半減するというもの。

つまり、弱点の一つである《ほのおタイプ》の攻撃を等倍に、攻め最強の《こおりタイプ》の攻撃を半減にします。なのでマンムーのタイプとかみあった強特性に化けるというわけです。

さらに弱点をつかれると、火力が二倍になるアイテム『弱点保険』が「あついしぼう」やダイマックスと相性がよく、相手としては安易に弱点をつけません。

なので、もしも「あついしぼう」以外の特性や『弱点保険』以外のアイテムでも、相手を縛ることが出来るというわけです。

これが、マンムーの持つ一番の強みだと思います。

さいごに

以上、マンムーの強さの理由をタイプ・種族値・特性の3つの側面から解説しました。

環境上位へ牙を突き出すポテンシャルを持つ「マンムー」。

使い方次第で大きく化けます!

是非この機会に使ってみてくださいね!

【ポケモン剣盾】ストーリー攻略でおすすめのポケモンを紹介!入手法や理由まで解説

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト