【ポケモンSV】キラフロル徹底考察・育成論

 ランク(順位) 神 Lv.13(2413
 経験値  28,737
獲得バッジ
スキルバッジ:一定の記事数に到達すると獲得開拓者バッジ:一定のカテゴリー数を達成すると獲得探究者バッジ:一定の攻略記事を投稿すると獲得分析者バッジ:一定のレビュー記事を投稿すると獲得学者バッジ:一定のまとめ記事を投稿すると獲得富豪バッジ:一定の合計PV数に到達すると獲得殿堂バッジ:総合ランキングに一定回数入賞すると獲得ランキングバッジ:月間PVランキングに一定回数入賞すると獲得神バッジ:神ランクに到達すると獲得

【ポケモンSV】キラフロル徹底考察・育成論

あのトップチャンピオン、オモダカさん愛用のキラフロル。

特性どくげしょう が非常に優秀で、選出して物理技を受けるだけでも十分に役割を果たしてくれます。

本記事では、特性どくげしょう という唯一無二の特性を持ち、起点作り・アタッカーとして活躍できるキラフロルにスポットを当てて育成論・対策を紹介していますので、「んほぉ~キラフロルたまんねぇ~」「もっと知りたいなキラフロルのこと」という方はぜひ参考にしていただければと思います。

  1. キラフロル育成論に関して
  2. 対策ポケモンに関して

今回の記事は5分ほどでお読みいただけるので、ぜひご覧になってみてください!

キラフロルのおすすめの型は?

  • きあいのタスキ型を持たせた起点作り型

決して耐久が低いわけではありませんが、じめん技は多くのポケモンがサブウェポンとして採用しているので、不意のじめん技で簡単に落とされないために、多くの方が採用しています。

  • 特殊アタッカー型

キラフロルの多くは起点作りとして活躍していますが、高いとくこうを生かしたアタッカー型も強力です。

キラフロル育成論

タイプ
いわどく
特性
どくげしょう
今回は場に出すだけでも役割を果たせる特性「どくげしょう」を採用します。
ただし、先発に出さないと特性のメリットをあまり生かすことができません。
種族値
H83A55B90C130D81S86
おすすめの性格
おくびょう
おすすめの努力値
H4C252S252
実数値
H159A67B110C182D101S151
持ち物
きあいのタスキ耐久が低いわけではありませんが、確実にステルスロックを使用するために持たせます。
こだわりメガネとくこうが高く、技範囲もそれなりに広いのでアタッカーしても優秀です。
じゃくてんほけん
ロックカットとあわせて、攻撃面・素早さ ともに強化することもできます。
ふうせん多くのポケモンがサブウェポンとして搭載しているじしん対策になります。
テラスタル候補
くさ弱点であるじめん技を半減で受けられるとともに、タイプ一致エナジーボールがじめんタイプによく刺さります。
ひこう
じめん技を無効化できます。
ほのお
はがね技を半減で受けられます。
攻撃面ではテラバースト(ほのお)がハッサム・ふうせんサーフゴーに刺さります。
どく
どく技の強化として使用します。
いわいわ技の強化として使用します。
技候補
物理技
キラースピン相手の起点作りポケモンに対して有効です。
耐久が高いポケモンをどく状態にできる点も優秀です。
がんせきふうじマッドショットも覚えられますが、がんせきふうじは無効化されることがありません。
だいばくはつ起点回避の退場技として使用します。
おみきやげ でも構いませんが、みがわりには無効です。
特殊技
ヘドロウェーブ高火力のタイプ一致技です。
ヘドロばくだんヘドロウェーブより5だけ威力が低いですが、30%の確率で相手をどく状態にします。
追加効果を狙うのであれば、ヘドロばくだんを採用します。
アシッドボム後続の補助や耐久型ポケモンの対策として使用します。
パワージェム追加効果はありませんが、安定したタイプ一致技です。
だいちのちからはがねタイプへの最高打点です。
マッドショットはがねタイプに刺さるほか、起点作りや後続の補助としても役立ちます。
マジカルシャインドラゴン対策として。
ガブリアス・セグレイブといった相性2倍のポケモンは倒せませんが、サザンドラであれば、確定1発で倒せます。
ラスターカノン一部技範囲は被りますが、フェアリー・いわ・こおり に抜群です。
エナジーボール苦手なじめんタイプに刺さります。
テラバースト(ほのお)だいちのちからを覚えられますが、テラバーストはじめん技が等倍のハッサム・フォレトス、ふうせんサーフゴー に対して有効です。
変化技
ニードルガード様子見を兼ねて接触ダメージを稼げます。
ステルスロック特性どくげしょうとあわせて場を整えます。
どくどく特性どくげしょうで後続のポケモンはどく状態にできるので、対面のポケモンまでどく状態にしたい場合に。
どくびし特殊技には特性どくげしょう は発動しないので、必ずどくびしを撒いておきたいときに採用します。
まきびしステルスロックで十分ですが、必要に応じて採用します。
ロックカットじゃくてんほけんとあわせて全抜きを狙えます。
リフレクター起点作り用。おきみやげ・だいばくはつで退場できます。
ひかりのかべ同上
おきみやげ起点作りが終わった後、自身が起点にされないように退場できます。
みがわりには無効なので、だいばくはつ との選択です。

対策ポケモン

ポケモン解説
ハッサム
いのちのたまorこだわりハチマキ 持ち特化バレットパンチで確定1発です。

自身はどくびしの効果を受けない点も優秀です。

イダイナキバちょうどキラフロルよりもS種族値が1早く、じしんで確定1発で倒せます。

ステルスロック・どくびし もこうそくスピンで解除できます。

 

キラフロル
キラフロルにはキラフロルを。

その理由は、キラフロルはだいちのちからを覚えられ、キラースピンでステルスロック・どくびし を解除できるからです。

【ポケモンSV】キラフロル徹底考察・育成論 まとめ

  • 起点作り型・アタッカー型が強い
  • 特性を生かすために先発に出す必要がある
  • できればどくびし対策ができるポケモン・パーティーで対策したい

起点作りとしてもアタッカーとしても優秀なキラフロル、ただ残念なのが弱点がメジャーな「じめんタイプ」であるということ。

だからこれだけは言わせてください。

(じしんは)やめてよね。

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

ライター紹介

nnt
ポケットモンスターシリーズを中心にプレイしています。
決してプレイングは上手ではありませんが、
独自の目線と独自の構築を大切に、
ほかの攻略サイトでは読むことができないような記事を
みなさまにお届けできればと思います。