ホワイトデー 考察と感想|ラブライブ!

おすすめアプリ
Raid
[PR]編集部イチ推しゲームはこちら

ホワイトデー 考察と感想

3月14日はホワイトデーです!

バレンタインにはさまざまな媒体で特別なやり取りが見られる一方で、同様にホワイトデーにも特別なやり取りを見ることができるのです。

というわけで、今回は、μ’s、Aqours、虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会のスクールアイドルメンバーのみなさんの「ホワイトデー」に対しての考察や感想を簡単にお届けしていきます。

この記事でわかる内容は以下のとおりです。

  1. 3月14日はホワイトデー
  2. イベント事では意外な発見ができることもある
  3. 一部のゲームやアニメの反応を交えての紹介
  4. 権利の関係でラブライブ!の関係した画像や動画は載せていません(理由はもちろんお分かりですね?)

本記事は画像・動画・セリフはございません、あらかじめご了承ください。

今回の記事は3分ほどでお読みいただけるので、最後まで読んでくれなきゃヤダ!ですからね?

3月14日はホワイトデー

アニメではバレンタインデーのようすが描かれることがなかったのと同様に、ホワイトデーについても描かれることはありませんでした。

しかし、一部のゲームなどではホワイトデーの反応も見ることができます。

では、一体どこで見られるのか。

現状、ホワイトデーの反応を見ることができるのは「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバルALL STARS」「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル2 MIRACLE LIVE!」の2つのアプリです。

スクスタはまもなくサービス終了してしまうので、来年のホワイトデーを迎えることはできませんが、スクフェス2では来年初めてのホワイトデーを迎えるので、確認してみてください。

※イベント限定の特別ボイスやメッセージはその日当日しかご覧いたただくことはできませんので、見逃さないようご注意ください。

  • アニメでは見られなかったホワイトデーのやりとりや反応は一部のゲームでなら見ることができる
  • イベント限定の特別ボイスやメッセージは当日しか見ることはできない

それぞれのメンバーの反応

喜んでくれるメンバーやお返しに対してのお返しを用意するメンバーなどさまざまです。

中には、「人気投票してほしい」「ぬいぐるみがほしい」といった独特な反応もあるようです。

それぞれの個性が表れていて面白いですね!

  • メンバーによってホワイトデーの反応はさまざまで、個性が表れている

まとめ:ホワイトデー 考察と感想

  • バレンタインデーに特別なボイスやメッセージがあるが、ホワイトデーも同様
  • 一部媒体では、ゲームならではのホワイトデーの描写・反応を見ることができる
  • 一部媒体では、季節やイベント当日には特別なメッセージやボイスを愉しむことができる

今回は3月14日のホワイトデーを記念して、μ’s、Aqours、虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会、のメンバーを交えて簡単な考察であったり感想をお届けしました。

本記事の内容はアニメやほかの媒体の内容の設定が混在しておりますので、ご覧いただく媒体によっては内容が異なる点もあるかもしれませんが、ご了承ください。

ラブライブ!はアニメだけではなく、ゲームアプリにも魅力的なストーリーや要素が多数あるコンテンツです。

ご覧いただくコンテンツによっては、設定や反応が異なることもありますが、その違いも含めてさまざまな媒体をお愉しみになってみてはいかがでしょうか。

次回は「こどもの日」に関しての各メンバーの反応の考察と感想をお届けしようと思います。

ところでお気づきですか、記事内にラブライブ!関連の画像や動画がないことに。

理由はもちろんお分かりですね?

声優・キャスト

▼ラブライブ!(μ’s)

高坂 穂乃果 新田 恵海
絢瀬 絵里 南條 愛乃
南 ことり 内田 彩
園田 海未 三森 すずこ
星空 凛 飯田 里穂
西木野 真姫 Pile
東條 希 楠田 亜衣奈
小泉 花陽 久保 ユリカ
矢澤 にこ 徳井 青空

▼ラブライブ!サンシャイン!!(Aqours)

高海 千歌 伊波 杏樹
桜内 梨子 逢田 梨香子
松浦 果南 諏訪 ななか
黒澤 ダイヤ 小宮 有紗
渡辺 曜 斉藤 朱夏
津島 善子 小林 愛香
国木田 花丸 高槻 かなこ
小原 鞠莉 鈴木 愛奈
黒澤 ルビィ 降幡 愛

▼ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会

高咲 侑 矢野 妃菜喜
上原 歩夢 大西 亜玖璃
中須 かすみ 相良 茉優
桜坂 しずく 前田 佳織里
朝香 果林 久保田 未夢
宮下 愛 村上 奈津実
近江 彼方 鬼頭 明里
優木 せつ菜 林 鼓子(一部楽曲:楠木 ともり)
エマ・ヴェルデ 指出 毬亜
天王寺 璃奈 田中 ちえ美
三船 栞子 小泉 萌香
ミア・テイラー 内田 秀
鐘 嵐珠 法元 明菜

著作権表記

©2013 プロジェクトラブライブ!
©2017 プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!
©2020 プロジェクトラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会
©KLabGames
©SUNRISE
©bushiroad

[PR]世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料のターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなハマってます!

注※PCゲームのため、PCからアクセスしてください。スマホだとページが開きません。

\ まずは無料でプレイ!(PC版)/

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※PCゲームのため、PCからアクセスしてください。スマホだとページが開きません。

\ まずは無料でプレイ!(PC版) /

RAID: Shadow Legends 公式サイト