【ポケモンSV】シーズン12環境調査!【シングル】

おすすめアプリ
Raid
[PR]編集部イチ推しゲームはこちら

シーズン12環境調査!

11月のシーズン12も終わり、いよいよ今月からはDLC後編が発売されます。

今回の記事では11月環境シングルバトルでの使用率ランキングを見ながら、先月との環境の違いについて詳しく話していきます。

今月からはDLC後編が発売されるので、シーズン12が実質的なレギュレーションE最後の環境だったと言えるかもしれません。

  1. みずオーガポン評価急上昇!
  2. 気になるDLC解禁ポケモン達の様子は…?
  3. いよいよ今月後編発売!環境への変化に期待!

この記事は4分程度で読み終わりますので、ぜひ最後までご覧くださいね!

11月終了時点のランキング紹介

1位:カイリュー11位:一撃ウーラオス
2位:ハバタクカミ12位:ハッサム
3位:オーガポン13位:ランドロス
4位:サーフゴー14位:テツノツツミ
5位:ガチグマ15位:キラフロル
6位:連撃ウーラオス16位:キョジオーン
7位:パオジアン17位:アローラキュウコン
8位:イーユイ18位:コノヨザル
9位:ディンルー19位:カバルドン
10位:トドロクツキ20位:ガブリアス

シーズン12で変わったところ

前期一位だったオーガポンが3位に転落。

その他にも、DLCで登場した新ポケモン達のほとんどが順位を落としています。

これは、いわゆる「新ポケモンを使いたい」という層が減ってきたため、本来のポケモンの性能だけを見て採用されることが増えてきたからだと考えられます。

逆に言うと、現在も使用率上位にいるDLC解禁ポケモン達は「本当に強いポケモン」という証明にもなっています。

ここからは、シーズン11との環境の違いをポケモン毎に注目して紹介していきますので、是非今後の参考にしてください。

1位⇒3位:オーガポン

前期までは1位でしたが今期は3位に転落。

これはオーガポンの評価が下がったというより、1位のカイリューと2位のハバタクカミがタイプ・性能面で採用しやすかったため、結果的に順位が少し下がってしまったというのが原因だと考えられます。

というかこの上位2匹はSV対戦環境で欲しい要素を複数持っていて強すぎますね…。

今期で一番注目すべきは順位ではなく、「かまどのめん」61.7%、「いどのめん22.4%」、「いしずえのめん13.4%」というもちもの分布

前期の1位が使用していたのがみずオーガポンで、他の上位陣も複数みずオーガポンを採用していたためか、みずオーガポンの採用率が大きく増加しました。

特性「ちょすい」があまり活用できないタイプだったので当初は注目されていませんでしたが、流行していたほのおオーガポンに強い点や、環境に多い連撃ウーラオスの「すいりゅうれんだ」を無効にできる点が評価されて今ではみずオーガポンがメジャーになってきています。

とはいえ、相変わらず一番使用率が高いのは使い勝手のいいほのおオーガポンのままです。

使用率が少なくなっている岩オーガポンも優秀な性能をしているので、今後の環境次第ではまた使用率の変動があるかも知れません。

18位⇒10位:トドロクツキ

18位⇒10位にランクアップ。

「はたきおとす」の習得によりDLCから注目されていたポケモンではありましたが、なんとTOP10にランクインしました。

SV発売当初は「絶対環境ポケモンになる」と言われていたのに、実際はあまり活躍できなかったという過去を持っているので、この活躍は素直に嬉しいところです。

もちもの分布を見ると、ブーストエナジーが71.4%、こだわりハチマキが15.2%となっていて、ほぼこの2つのもちものに固定化されています。

「りゅうのまい」の採用率も70%と高いところを見ると、こだわりハチマキ以外の型はほぼりゅうのまい採用のエース運用をしている場合がほとんどのようです。

昔は性格「いじっぱり」で火力特化にしていた人が多かった印象ですが、すぐ下にオーガポンがいるDLC後の環境では「ようき」でオーガポンを抜いている人が増えてきています。

後編の追加技次第ではこれから更に強くなる可能性もあると考えると、今後も要注目のポケモンです。

6位&11位:ウーラオス

剣盾DLCで登場した準伝説ポケモン。

相変わらず最強のかくとうタイプ枠として高い使用率を誇っています。

選出画面ではどちらのウーラオスなのか判断不可能なのが非常に凶悪です。

みずオーガポンが増えてきている関係で、最近は一撃ウーラオスの数が増えてきている印象です。

連撃ウーラオス想定で選出してしまうと、一撃ウーラオスに破壊されてしまうケースも結構あるので注意しましょう。

SVからはじめた人は剣盾を購入しないと自力での入手不可能というのがちょっと悲しいポケモンです。

そのうちSVでも入手手段がでてくると嬉しいですね。

19位⇒41位:グライオン

「ポイズンヒール」と「みがわり+まもる」を繰り返すことでTODを簡単に狙えるポケモン。

今作では「ハサミギロチン」と「はねやすめ」を没収されてしまいましたが、みがまも戦術は問題なく運用できます。

解禁当初は騒がれていましたが結局順位は伸びずこの結果になってしまいました。

この順位になったのは、グライオン自体が弱いというわけではなく連撃ウーラオスの存在が大きいと思われます。

「すいりゅうれんだでみがわりを貫通されてそのまま負ける」、「特性でまもるすら貫通」というあまりにも悲しい相性の悪さなので、ウーラオスがいるだけでグライオンの選出は厳しくなります。

一応テラスタルでみずタイプ等に変えることで抵抗は出来るのですが、テラスタルをしたところで別に有利になるわけではないのも悲しいところ。

また、赫月ガチグマも「ハイパーボイス」を覚えているので、みがわり貫通の手段を持っているポケモンが上位に2匹もいるという厳しい状況に置かれています。

この手の相手を詰ませるポケモンは「相手に対策ポケモンを選出させる」という部分が強いのですが、環境上位にウーラオスや赫月ガチグマがいる今の環境だと「他のポケモンのついでに勝手に対策できている」という人が多いので、グライオンの強みがあまり活かせていないのが現状です。

とはいえ、グライオンが暴れている環境はいい環境とは言えないので、その点はウーラオスに感謝したいところですね。

30位⇒50位:ゴリランダー

最強特性×最強の先制技で剣盾では大暴れしていた御三家ポケモンの1匹。

前期は30位で踏みとどまっていましたが、今期ではなんと一気に50位まで大転落してしまいました。

「グラススライダー」を習得はしたものの弱体化が痛かったという点や、オーガポンと同じくさタイプなのでタイプ被りを避けるため採用が見送られている等の理由が考えれます。

現状使用率1位のカイリューに対して有効打が乏しい点が厳しく、グラススライダーをマルチスケイル込みで受けられて食べ残しの回復量だけで満タン…みたいなサイクルを回されると非常に苦しい展開になってしまいます。

この特性と技、悪くない種族値を持っているゴリランダーでさえこの順位になってしまっている辺り、SV対戦環境のインフレ具合が伺えます。

DLC後編では一体どうなってしまうのか…。

25位⇒54位:エンペルト

悲しいことに今期で大きく順位を落とす結果に。

前回高順位だった理由として、強さ以外にも「せっかくの解禁ポケモンだから…」「思い入れのある御三家だから」というポケモン自体の人気で採用された部分もあるのでは…と話していましたが、DLC発売から時間が経ったことで、「エンペルト自体の強さ・評価のみの順位」になったと言えます。

ここまで使用率が落ちた理由としては、ほとんどの起点作戦要因にタイプ上強く出られる「ウーラオス」の存在が大きいと考えています。

先発の「ステルスロック」展開などを防ぐためによく先発でウーラオスを投げられることが多いのですが、エンペルトの場合ウーラオスに対して有効打が「あくび」くらいしかありません。

ステルスロックを撒く前に倒されてしまったり、交代を読まれて「つるぎのまい」を積まれてそのままゲームエンド…という展開に繋がりやすく、エンペルトを先発のステルスロック撒き要因にするのはかなり厳しい環境でした。

先発要員にすると、「あくび」「ステルスロック」「クイックターン」で3枠が埋まってしまう関係上、せっかくの高い特攻を活かせる機会が少ないというのも少し悲しい点ですね。

12月14日からの変化について

前回のDLCでは、シーズン途中からいきなりオーガポン等一部のDLC新ポケモンが使えるというサプライズ?がありました。

それに、後編では新しく多数の新技が登場することが判明しています。

前回のDLCと同じ感じになるなら、14日時点からDLC新ポケモンが使える可能性は十分あるので、14日で「レギュレーションE」環境は終了するといっていいのかもしれません。

トドロクツキのように、新しいわざ次第で評価が一変するポケモンはたくさんいると思いますので、意外なポケモンが環境に登場するかもしれませんね。

正直、今の環境は上位ポケモンが強すぎて、上位の使用率がほぼ変動しないマンネリ状態になってしまっているので、今回のDLCで環境が大きく変化することを期待したいところです。

さいごに

今回はレギュレーションEの2カ月目の環境で活躍したポケモンを紹介しました。

上位ポケモンの並びこそ変わりませんでしたが、もちものに変化があったり、10位以下のDLC解禁ポケモンの採用率に大きく変化があったシーズンでした。

今月は途中からDLC要素が入って来ます。

DLCの影響でどんな風に環境が変わっていくのかにも注目です。

ライター紹介

アウラ
こんにちは!「アウラ」と申します。ゲーム全般が好きで、その中でも「原神」や「ポケモン」「シャドウバース」などを中心に遊んでいます。
ポケモンやシャドウバース等、対人要素があるゲームのランクマッチでもよく遊んでいるので、対戦関連の攻略記事をメインに紹介しています!

[PR]世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料のターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなハマってます!

注※PCゲームのため、PCからアクセスしてください。スマホだとページが開きません。

\ まずは無料でプレイ!(PC版)/

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※PCゲームのため、PCからアクセスしてください。スマホだとページが開きません。

\ まずは無料でプレイ!(PC版) /

RAID: Shadow Legends 公式サイト