行き詰ったら見てください!【ソングオブホラー】エピソードⅠを攻略!<前編>

 ランク(順位) 戦士(58384
 経験値  1,268
獲得バッジ
10記事達成攻略記事を10記事公開

はじめに

今回はソングオブホラーの攻略記事となります。

ソングオブホラーがどんなゲームかについては、こちらの記事にて書いておりますので、まだの方は是非そちらから先に読んでみてくださいね!

ソングオブホラー序章↓↓↓

見つかったら終わり【ソングオブホラー】ってどんなゲーム?進め方をご紹介!

またここから先は攻略記事となりますので、自分で考えたい!という方はお気を付けください!

自分で考えたけど行き詰ったり、謎解きはサクッと進めたいという方は是非参考にしてください!

尚、長くなることが予想されます為、【前編】と【後編】に分かれております。

この記事は5分ほどで読み終わりますので、最後までみていってください!

序章の概要

まずは序章を簡単に振り返ってみましょう!

主人公のダニエルが、上司のエティエンヌに「作家のハッシャーがいなくなったので、家を見てきてくれ」と頼まれたところから物語がスタートします。

しぶしぶダニエルが、ハッシャー邸に行きますが、そのまま行方不明になります。

3日経っても連絡が取れないことを心配したエティエンヌと、ダニエルの元妻のソフィーが探しにハッシャー邸に向かう、というのが序章になります。

エピソードⅠで使用できるキャラクター

エピソードごとに操作できるキャラクターが変わります

ダニエルの元妻「ソフィー・ヴァン・デネンド」

ダニエルの上司「エティエンヌ・バードランド」

ハッシャー邸の使用人「アレクサンダー・ラスキン」

ホームセキュリティシステムの担当の警備員「アリーナ・ラモス」

以上の4人のうち好きなキャラクターを選びます。

どのキャラクターでもストーリーをクリアできますが、キャラクターにはステータスに差があります。

ステータスとキャラ選びのポイント

各キャラクターにあるステータスについてザックリ解説したいと思います。

プレイしてみた感覚ですが、、、

スピードが高い移動速度が速い
ステルスが高い敵から隠れる際の操作がしやすい
精神力が高い敵との遭遇率や脅かしが少ない
体力が高い即死ではない場面で、敵に捕まった時に逃げ切りやすい

こんな感じになっているのではないかと思います。

エピソードⅠ のキャラクターでですが、同じくらいの探索時間でも、4人の中で精神力が最も低いアレクサンダーを操作した時には、敵からの脅かしアクションが多く感じました。

場面場面で有利不利が分かれるキャラクターもいるので、まずは全体的にバランスの良いキャラクターを選んでみてもいいかなと思います。

Shima のポイント①

ステータスだけを見ると、アレクサンダーが不利なように感じますが、ハッシャー邸の使用人ということもあり、部屋の中を調べているとハッシャーさん一家の特徴がよくわかります。

そういう意味では、他の3人とは違うセリフが聞けるので、アレクサンダーを操作して、ハッシャーさんの人となりを感じながらプレイしてみてもいいと思います。

この攻略記事の読み方について

私はクリアしているので、ロック解除の番号など、すべてわかりますが、この記事では、どの場面でどこを見れば番号がわかるのか?も含めて攻略記事として書いております。

その為、この番号を入力すれば一発で解除できる!という部分も「ここではまだわかりません」という形で、物語に添って進めて行きます。

もし、暗号だけが知りたい!という方は、そこはスクロールして暗号部分を見てください!

いよいよハッシャー邸へ!

ここからは、いよいよハッシャー邸の攻略となります。

※ロスなく効率よくを重視して書きますが、絶対ではないので、探索してキャラクターのセリフを楽しみつつプレイしてみてください!

エピソードⅠ攻略【前編】

  1. 鍵のかかっていない部屋に行き、アイテム回収
  2. マスターキーを入手後、電気を付ける

Shima のポイント②

このゲームには何カ所か「隠れポイント」が存在します。

クローゼットやテーブルの下などですが、この隠れポイントを見つけておかないと、いざ隠れる場面になった際に対応できず、キャラが即死になる可能性があるので、気になった部分は調べてみてくださいね!

ただし、調べたら即死・・・というケースもあるので、調べるの NG ポイントとして場面場面で書きますので、そちらも注意してください!

アイテム回収しつつマスターキーを入手しよう!

ハッシャー邸は2階もありますが、最初は上がれないので1階を探索していきます。

玄関に入って左側2つ目の扉を開け、更に入った真正面の扉を開けるとガレージに行きます。

ここの画面右側の作業台の上に「ヒューズが入った缶」があるので、まずはそれを回収します。

画像のように回収できるものは「手のアイコン」がでて、白く光ります。

※手に取れる物は裏返したり、くるくる回したりして「調べる」をすることにより、ヒントを得られることがあるので、よく観察してください!

回収したら、玄関まで戻り、次は廊下を進み突き当り左側の扉を開けます。

その扉を入ってすぐの棚上の「マッチ箱」を回収し、棚横の扉に入るとキッチンがあります。

キッチンで調べる場所は「冷蔵庫の絵」「カウンターの上の鍵の一部」「シンク近くの床」の3カ所です。

「鍵の一部」については、手に取り表面を調べるを色が違う点のような場所があるので、そこを調べると、折れた鍵だということがわかります。

次は向かって左側の扉を開けてパントリーに行きます。

パントリーの奥には「オイル缶」があるので回収します。

「オイル缶」を回収したら、マッチ箱があった場所まで戻り、出て左側に進みその先の扉を開けるとリビングに出ます。

リビングについてまっすぐ進んだ先の扉を開けると書庫になります。

書庫に入り、奥の机の引き出しを調べ、「オイル缶」を使用して開け「マスターキー」を入手します。

マップの見方について

やっとマップが見れるようになりましたね!

エピソードⅠの1階はこんな感じになっています。

主なマップの表記としては・・・

歯車物を使う場所
パズル謎解き
目に斜線隠れポイント
鍵で開けれる扉 ※丸やダイヤ等、鍵の形が違う物は同じ形の鍵で開けられる
南京錠反対側から鍵がかかっている ※反対側に回れば開けられます
×通れない

こうなっています。

ここからはマップを使って場所を示していきたいと思います。

マスターキーを入手!ダニエルが消えた部屋へ!

無事にマスターキーを手に入れることができたので、まずはマップ画面向かって右側のダイニングルーム横の部屋の鍵を開けダニエルがいなくなった扉の部屋に行きます。

部屋に入り、ダニエルが入ったドアがあった壁を調べると、手紙が置いてあるので、それは回収してください。

ローテーブルの上に「マイナスドライバー」があるので回収し、「ヒューズの入った缶」と組み合わせて中の「ヒューズ」をゲットします。

この部屋以降、2階に行けるようになります。

このゲームは電気(光)が重要になりますので、全体を確認する前に電気を付けに行きます。

電気を付けよう!

まず2階の赤丸の場所に行き「汚れた雑巾」を回収します。

2階を上がりきったところの壁に丸い跡があるので、そこは調べておきましょう!

次はキッチンに向かい、青丸のシンク付近の床の水を「汚れた布巾」で拭き取ります。

※この拭き取り作業をしないと電気が付かないので、先にやっておきましょう!

拭き終わったら、赤丸の鍵を開け、地下に向かいます。

地下を降りたすぐそばに「金庫」があり、金庫を解くヒントとなるメモを回収しておきます。

奥に行くと「ヒューズ」を入れる場所があり、そちらは謎解きになっています。

左側に「アンペア数」、右側「ヒューズを入れる場所」があります。

【4つのヒューズを正しく配置し電力を供給する】というのが今回の謎解きです。

画像だと暗くでわかりづらいかもしれませんが、それぞれ「赤」「青」「緑」の線が通っています。

これをヒントに当てはめる場所を決めます。

正解の画像はこちらです↓↓↓

「10」+「15」=20A

「10」+「20」=30A

「10」+「15」+「25」=50A

これが正解です。

正しい位置に置けたら、隣にあるブレーカーを操作し電気を付けます。

次回に続く

今回はここまでです。

前編の操作は無事にできましたでしょうか?

次回は【後編】になりますので、よろしければご覧ください!

行き詰ったら見てください!【ソングオブホラー】エピソードⅠを攻略!<後編>

一緒にダニエルを探し出しましょう!

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

ライター紹介

shima
こんにちは、お読みいただきありがとうございます。
ゲームライターをしております『shima(シマ)』と申します。

ジャンル問わず好きなゲームや気になるゲームをプレイし、レビューを書いていきたいと思います。
レビューだけではなく、攻略記事もあげていけたらと考えております。

最近は「Ghost of Tsushima」や「Dead by Daylight」を主にプレイしておりますが、新作ゲームの情報などを早めにリサーチし、魅力をたくさん伝えていけるよう努めていきますので、何卒よろしくお願い致します。