【ウマ娘】2回目ライブラ杯のオススメキャラとスキル!今回の重要スキルは加速力!!

 ランク(順位) 精霊術士(36388
 経験値  2,544
獲得バッジ
10記事達成10週連続記事公開攻略記事を10記事公開1つのカテゴリーで10記事

2回目チャンピオンズミーティングのライブラ杯

9月に開催予定がされているチャンピオンズミーティングライブラ杯の情報が出ました。

ライブラ杯の情報まとめと各脚質のオススメキャラをあげていきます。

この記事ではオススメキャラ以外に有効なスキルなども紹介していきます。

  1. ライブラ杯は阪神 芝 1600m 曇り 良 右
  2. おすすめキャラは加速または複合固有スキル持ち
  3. 今回もクリスマスオグリキャップの出場は可能

この記事は5分程度で読み終わりますので、さいごまで読んでいってくださいね!

ライブラ杯は桜花賞と同じ場所

今回のチャンピオンズミーティングのライブラ杯は桜花賞または阪神ジュベナイルF及び朝日杯FSと同じ阪神レース場のマイル1600mです。

今までのチャンミは該当季節のG1に合わせてくる印象でしたが2回目ライブラ杯は違うようですね。

今回上り坂は1405mから1535mの最終直線です。

下り坂は950mから1350mと開始位置が終盤開始地点間際です。

終盤の開始は1067mです。

つまり今回はスリーセブントリガーではクリスマスオグリキャップの固有は接続しません。

レース場阪神
距離1600m
バ場芝・良
コース右・外
季節
天気曇り

ライブラ杯で有用なスキル

有用緑スキル阪神レース場良バ場曇りの日
根幹距離秋ウマ娘各脚質のコツ右回り

マイルですのでパワー用に良バ場○を積むのはありですね。

また、逃げ先行の地固めにスピード系とパワー系の3種確保はありです。

コパノリッキー用に緑スキルが6つ欲しい場合は上記の緑スキル以外に自制心もありですね。

有用加速スキル

有用スキル豪脚乗り換え上手電光石火
一番星ノンストップガール鍔迫り合い逃亡者
キミと勝ちたいアオハル・力決死の直滑降曲線のソムリエ

今回のマイルレースでは最終直線が上りですので加速スキルを積みたいです。

決死の直滑降は発動位置がバラけますが位置次第では有用です。

注目スキルは追加されたばかりの電光石火です。

有用継承固有スキル

継承固有スキルセイウンスカイニシノフラワーメジロライアン

逃げは毎度お馴染みであるセイウンスカイ固有「アングリング×スキーミング」です。

先行はニシノフラワー固有の「つぼみ、ほころぶ時」になります。

先行固有と言えばタイキシャトルの「ヴィクトリーショット!」がありますが、今回継承では届かないので採用されません。

差しはメジロライアン固有「レッツ・アナボリック!」またはバンブーメモリー固有「熱血!! 風紀アタック」が有効発動です。

メジロドーベルの固有「彼方、その先へ…」は有効ではありません。

ライブラ杯オススメキャラ

マイルレースなのである程度のキャラ達が走れますので候補が多いです。

加速スキル、固有の使い勝手などで候補を絞っていきます。

ニシノフラワー

先行育成でオススメの1人目はニシノフラワーになります。

成長率がスピード15%パワー15%とマイルに欲しいスピードとパワーが収束しています。

成長率と加速固有が強い上、決死の直滑降があるので強いです。

欠点を上げるとするなら継承固有でニシノ以外に有用加速固有スキルが複合になります。

パワーが盛れるなら速度スキルを継承させましょう。

タイキシャトル

先行育成でオススメの2人目はタイキシャトルです。

今回は継承固有には採用されませんがタイキシャトル自身の固有スキルであれば届きます。

成長率はスピード20%と賢さ10%ですので育成がし易いですがパワー不足になりそうですね。

継承固有はニシノフラワー固有「つぼみ、ほころぶ時」にすれば加速力がガンガンあがります。

今回もかなり使用頻度が高いと予想されるバレンタインミホノブルボンです。

ミホノブルボン

逃げ育成でオススメの1人目はバレンタインミホノブルボンです。

自前でコンセントレーション及び地固めを持っている上、固有がほぼ発動しますので中盤の1位キープがしやすいです。

成長率がスピード、スタミナ、パワーにそれぞれ10%です。

スピ賢さ育成でパワー因子になりそうですね。

セイウンスカイ固有「アングリング×スキーミング」の継承は必須です。

余裕があるなら水着マルゼンスキー固有「グッときて♪Chu」も積みましょう。

ただし大逃げが出てきた場合は潰されやすいので準エースぐらいと考えたほうがが良さそうです。

クリスマスオグリキャップ

今回は先行ではなく追込に改造する必要があります。

中距離2000mとスリーセブンが終盤前ギリギリに発動して接続して無類の強さを発揮しています。

前述にマイル1600mだとスリーセブンの接続が出来ないと書きましたが、追込の回復スキルである「下校の楽しみ」であれば終盤の接続が出来てしまいます。

坂スキルは発動位置がバラけるとも書きましたが、回復スキルであれば発動位置は固定です。

追込Dですので追込因子7以上が前提です。

サポートカードのSSRゴールドシチーを所持している場合は連続イベントで慧眼の獲得が出来ます。

固有の回復用に積みつつデバフを撒くことが出来ます。

回復3つは「下校の楽しみ」以外にスリーセブン、慧眼、コーナー回復が候補になります。

デバフキャラ

ヴァルゴ杯ではエース1人とスタミナデバフ系、スピードデバフ系の編成が非常に強力でした。

中距離でスタミナがギリギリの上、根性が低く水着ゴルシ固有で環境が激変しています。

今回はマイルですのでスタミナデバフはあまり効果がありません。

ですが、スピードデバフはまだまだ使われる可能性があります。

スピードデバフは慧眼に独占力、各脚質白デバフを入れるだけで比較的簡単にできてしまいます。

ライブラ杯で考えられる編成

ライブラ杯ではどの脚質もチャンスがあるので色々の編成が考えられます。

逃げ3編成

バレンタインミホノブルボンに水着マルゼンスキーや大逃げのサイレンススズカなどを入れた逃げ3(大逃げ1逃げ2)編成が考えられます。

逃げ3の強みは展開を早めることで後ろの脚質に追いつかれないようにしつつ、スピードイーターを無理なく発動させることができます。

しかも相手も逃げがいれば逃げ4以上となり、先行の固有条件を潰しやすいです。

先行2差し1編成

エース2人かエース3の構成です。

逃げが居ないのでどこかしらで誰かが固有発動させて勝ちに行きやすいと考えられます。

予選はやる気はランダムなので3人とも走れるのは安定性がありますね。

クリスマスオグリキャップ編成

追込のクリスマスオグリキャップ編成です。

逃げ以外であればエース2人、デバフ2人どちらでも問題ないです。

さいごに

芝マイルは走れるキャラが豊富です。

上記にオススメは出していませんが、

ファインモーションや新衣装メジロドーベルマヤノトップガンなど強いキャラもいます。

 

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト