【ウマ娘】新イベント『マスターズチャレンジ』の攻略と対策方法!おすすめキャラとおすすめの作戦をチョイス!!

おすすめアプリ
Raid
[PR]編集部イチ推しゲームはこちら

新イベント:マスターズチャレンジ

2023年12月28日からウマ娘プリティーダービーにおいて新イベント「マスターズチャレンジ」が開催されました。

いわゆる高難易度コンテンツであり、ある程度ステータスやスキル構成がしっかりしていないと勝てないです。

今まで対人のチャンミやLOH以外で歯ごたえを感じなかった方には面白みのあるイベントですね。

この記事では新イベント「マスターズチャレンジ」の仕様とオススメキャラやスキル構成、比較的勝ちやすい手段の紹介と解説をしていきます。

  1. 中距離は逃げや中距離特化キャラ
  2. 長距離は新衣装メジロブライト
  3. 期間は長いので焦らずに育成

この記事は5分程度で読み終わりますので、さいごまで読んでいってくださいね!

「マスターズチャレンジ」の仕様

まず今回初となるマスターズチャレンジでは皐月賞、天皇賞(春)、有馬記念となっています。

それぞれ難易度がLEVEL1,2,3と用意されており、それぞれのLEVEL2初回報酬に虹の結晶片があるため、ここまではなんとしても確保をしたいところですね。

強敵はそれぞれドゥラメンテ、キタサンブラック、キタサンブラック(新衣装2)であり、ステータスが高いです。

殿堂入りしたウマ娘は3回出場させることができ、1度でも勝利できれば報酬が貰えるので何度か挑戦するのもありですね。

強敵ウマ娘達の弱い箇所

皐月賞LEVEL1のドゥラメンテでさえUG8と萎縮しますが、強敵ウマ娘には共通として継承固有スキルを所持しておりません。

つまり加速力が少々不足な展開があるのでこちらは継承スキルと終盤の速度スキルをバッチリ用意すれば勝てるチャンスは広がります。

皐月賞であるなら終盤コーナー系のセイウンスカイ固有やメジロドーベル固有になります。

いつものアンスキ及び彼方…ですね。

ただし、天皇賞(春)は終盤直線や向かい正面スキルが強いので強敵のキタサンブラックが厄介となります。

この場合は使用するキャラをキタサンブラックにすれば強敵はシュヴァルグランとサトノダイヤモンドのみとなり勝率を高めやすいです。

強敵キャラと同じキャラを使用した場合は相対的に他の強敵が強化されます。

例)天皇賞(春)LEVEL3の場合UE3キタサンブラックが登場するので手持ちのキタサンブラックを使用した場合、UE3シュヴァルグランが登場します。

中距離(皐月賞)は逃げや中距離特化キャラ

皐月賞ではドゥラメンテ、キタサンブラック、サトノクラウンが登場します。

オススメキャラとしてはサイレンススズカ(水着)、アグネスタキオン(水着)が候補になります。

 

ステータス最低限目標数値
スピード1550
スタミナ1000
パワー1200
根性900
賢さ1200

距離2000mですのでスタミナ勝負は発生しませんが多少スタミナがある方が勝率は上がりやすいです。

最優先はスピードになります。

ここを1600付近まで上げれるかどうかで違いが出ますので優先順位はスピード>賢さ>パワー>スタミナ>根性です。

アグネスタキオン(水着)

水着アグネスタキオンを運用する場合、進化スキルのどちらもスピードの参照またはスピードと賢さの参照ですのでスピードを最優先に上げましょう。

パワーが足りない場合は継承スキルや加速スキルで補えば誤魔化しは効きます。

終盤コーナーであるニシノフラワー固有の「つぼみ、ほころぶ時」や終盤追い抜き発動するスペシャルウィーク固有「シューティングスター」の両方を積めば安心です。

サイレンススズカ(水着)

中距離大逃げという選択肢の場合は水着サイレンススズカがおすすめになります。

こちらもスピードと賢さを上げていきパワーはセイウンスカイ固有スキルでなんとかしましょう。

もちろんスキル構成では序盤中盤の速度スキルを優先的に積んでいきます。

大逃げはスタミナも使うし育成が苦手という方は逃げでも構いません。

逃げ運用の場合は水着サイレンススズカではなく通常のサイレンススズカなども候補です。

天皇賞(春)はキタサンブラックを除く逃げ以外が候補

天皇賞(春)ではキタサンブラック、シュヴァルグラン、サトノダイヤモンドの3人が強敵で登場します。

特にオススメキャラとしてはナリタトップロードとサクラローレルです。

ステータス目標数値
スピード1600
スタミナ1200
パワー1200
根性900
賢さ1200

距離3200mですので当然スタミナ勝負が発生しますし完走用のスタミナ1200は必須です。

欲しい加速(複合、疑似加速)スキル名詳細
勝ち鬨ワッショイ!逃げ用 キタサンブラック固有
Do Ya Breakin!逃げ用 セイウンスカイ(新衣装)固有
怪物先行用 金スキル

(テイエムオペラオー サポカ)

無我夢中差し用 金スキル

(シンボリクリスエス

マンハッタンカフェ サポカ)

迫る影追込用 金スキル

(ヒシアマゾン サポカ)

この辺りの加速スキルを継承またはサポートカードの編成に組み込みましょう。

ここからさらにスペシャルウィーク固有「シューティングスター」を積んだり、速度スキルなどを用意すれば勝てる確率が上がります。

ナリタトップロード

長距離特化、チャンミでは重や稍重にされがちなのでここで進化スキル「ターフの主人公」を思う存分活躍させられますね。

怪物と進化スキル「正道」でガンガン伸びてくれるので固有も最大出力で発動しやすいです。

サポカ賢さSSRテイエムオペラオーかサポカ賢さSSRメジロマックイーンのどちらを所持していれば「かっとばせ!」と「怪物」の両方を積めますので非常に強力ですよ。

サクラローレル

差しでありながら少々前にいきやすい、行きやすすぎるサクラローレルです。

進化スキル「桜前線進行中!」のおかげもあって中盤に前へいきやすく、「無我夢中」が発動しない位置まで行ってしまうことがあります。

しかし、現在速度アップ進化スキル「一花咲かせましょう!」のお陰で擬似的な加速を補ってくれて非常に強いです。

「無我夢中」を構成に入れてもいいのですが、サポカ編成に入れずステータスの上昇や他のスキルで補うことが出来るキャラになります。

有馬記念は天皇賞(春)の流用でOK

有馬記念は天皇賞(春)と同様に終盤直線(向かい正面)系の加速スキルが欲しい環境となっています。

強敵はキタサンブラック(新衣装2)、シュヴァルグラン、サウンズオブアース、サトノクラウンです。

さらに終盤コーナー系の加速も悪くはないのでスキル余裕がある、加速をもう少し積みたいという場合は終盤コーナー加速を用意しましょう。

ここでオススメなキャラは天皇賞(春)のオススメキャラ以外に12月チャンピオンズミーティングで猛威を振るったメジロブライト(新衣装)とトウカイテイオー(新衣装2)になります。

ステータス目標数値
スピード1600
スタミナ1200
パワー1200
根性901
賢さ1200

距離2500mですので天皇賞(春)よりスタミナ要求値は低いですが似た構成になります。

欲しい加速(複合、疑似加速)スキル名詳細
勝ち鬨ワッショイ!逃げ用 キタサンブラック固有
Do Ya Breakin!逃げ用 セイウンスカイ(新衣装)固有
怪物先行用 金スキル

(テイエムオペラオー サポカ)

無我夢中差し用 金スキル

(シンボリクリスエス

マンハッタンカフェ サポカ)

迫る影追込用 金スキル

(ヒシアマゾン サポカ)

トウカイテイオー(新衣装2)

距離2400m、2500m特効のトウカイテイオーです。

有馬で比較的有用な加速スキル鍔迫り合いの進化スキル「天賦の身ごなし」に回復スキルの余裕綽々ですね。

しかも固有は目標速度+現在速度と欲しいところがほぼ揃っているキャラになります。

今回の場合、キタサンブラックが強力なので追い越し対象になるか不安でしたが、強敵シュヴァルグランも強いので問題なく発動しました。

メジロブライト(新衣装)

12月チャンピオンズミーティングで苦汁をなめさせられたか勝利へ導いたかプレイヤーによって変わりますが、非常に強いメジロブライト(新衣装)です。

恐ろしいのは有馬特効ではなく長距離に有効なので天皇賞(春)に運用しても問題ないです。

加速スキルとしては無駄になりやすかった「怒涛の追い上げ」が進化スキルでは「雪華の追い上げ」となり、現在速度に変化しています。

固有スキル、進化スキルどれもスタミナが1200前提なのですが、非常に強力な性能をしていますよ。

さいごに

新イベント「マスターズチャレンジ」の紹介をさせていただきました。

ジュエルや虹の結晶片、が貰えるイベントなのでなるべく完走をしたいところですね。

中距離特化や長距離特化のキャラ紹介をしましたが、有効発動する加速を用意すればあとはステータスと速度スキルにまかせて攻略も可能です。

期間も12月28日から3月21日11時59分までと長期期間ですので、今から継承元の育成をしても間に合うペースですね。

焦らずじっくりと強いキャラの育成に取り掛かりましょう。

[PR]世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料のターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなハマってます!

注※PCゲームのため、PCからアクセスしてください。スマホだとページが開きません。

\ まずは無料でプレイ!(PC版)/

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※PCゲームのため、PCからアクセスしてください。スマホだとページが開きません。

\ まずは無料でプレイ!(PC版) /

RAID: Shadow Legends 公式サイト