【ウマ娘】「あなたは大丈夫?」初心者がやりがちなNG集

 ランク(順位) 仙人(4379
 経験値  7,685
獲得バッジ
まとめ記事を10記事公開レビュー記事を10記事公開攻略記事を10記事公開1記事で1万PV100記事達成10カテゴリーの記事公開1つのカテゴリーで10記事10週連続記事公開

やったらいけない&やってなきゃ損なNG集

「感覚通りプレイすれば大丈夫」という昨今のゲームですが、スキルの総数が200種類以上、かつステータスの具体的な効果が明記されていない「ウマ娘プリティーダービー」においては他ゲームの感覚が通用しない特殊性があります。

あなたの攻略法は大丈夫でしょうか。

今回はウマ娘で「やってはいけない」「やっていないといけない」NG集をまとめてみました。

ぜひぜひご参考くださいませ!

  • ファン感謝祭イベントの成功条件を知らない
  • 蹄鉄を交換しない
  • ウマ娘名鑑を見ていない
  • 死にスキルを拾ってしまう

ファン感謝祭イベントの成功条件を知らない

シニア4週目の前半開始時に始まるそのイベントでは、成功すると「やる気アップ」と「固有スキルのレベルアップ」が行われます。

バレンタインイベントと異なり、成功するためにはファン数70000人以上(ダート馬は60000人以上)の獲得だけではなく理事長の絆ゲージを、緑色以上に上げておかなければなりません。

理事長との絆を培うということは、イコール学園への貢献になりますから、学園に貢献しているウマ娘が学園祭で報われるのは当然至極……という流れなんでしょうが、そんなの読み取れるわけないですよね。

ちなみに、忘れがちですが「追加の自主トレイベント」でも理事長の絆ゲージは上がりますので、場合によっては自主トレするほうを選びましょう!

蹄鉄を交換しない

蹄鉄(ていてつ)は、サポートカードを分解した際に得られるアイテムです。

「R」のサポートカードで鉄の蹄鉄、「SR」で金の蹄鉄、「SSR」で虹の蹄鉄を交換できます。

そしてこれらは「毎月」ガチャチケットと交換できます。

虹の蹄鉄は入手できないにしても、金と鉄の蹄鉄の入手は比較的容易です。

金と鉄の蹄鉄で交換できるもの

「SR以上確定メイクデビューチケットx2」
「サポートカードガチャチケットx4」
「育成ウマ娘ガチャチケットx4」

ウマ娘のガチャにおいて、貴重な無課金要素のひとつです。

なお、蹄鉄の交換場所は「ホーム画面」⇒「ショップ(左下)」⇒「蹄鉄交換」。

重ねて、サポートカードの分解は「サポートカード保管室」をチェックすると、5枚以上所持しているカードを表示してくれますので、上限解放をしたい場合は蹄鉄変換の前に済ませておきましょう。

5枚揃ってないカードは、保管室ではなく一覧のほうから分解できるので、場合によってはこちらも確認してみるとよいです。

R・SRのサポートカードには優秀なものもあるので、分解はよく調べてから行いましょうね!

ウマ娘名鑑を見ていない

メニュー画面から見れる「ウマ娘名鑑」は、無料ジュエルの宝石箱です。

普通にゲームを遊んでいると、この「ウマ娘名鑑」は、なかなか開く機会がないかもしれません。

しかしこのウマ娘名鑑。

実は訪問と同時に達成レベルに応じてジュエルを配布してくれます。

低レベル帯ならさくさくレベルが上がるため、もしまだ開いていなかったり、しばらく見てない、という人はこれを機にぜひ見に行ってみてください。

通常のレベルアップで50ジュエル、節目では100ジュエルもらえたりします。

なお、筆者は存在に気づくのに遅れて、3000ジュエルほど溜まっていました。

貯金箱にしたいという人はあえてそのままにしておくのもいいかもしれませんね。

大食いイベントで日和ってしまう

好物の特売セールが行われていたり、後輩からお弁当の味見を頼まれたり、と事情は様々ですが、ウマ娘には自身の限界を超えて食べなければならない時がきます。

食べるほうの選択肢を選ぶと「体力30回復&確率で太り気味」になります。

太り気味になるとスピードが一切上がらなくなるので、Bランク育成ではお世話になったりするのですが、基本は嫌ですね。

しかし太り気味の発生確率は体感だと5回に1回ほどです。

また仮に太り気味になってしまったとしても、スタミナ育成などは問題なく行えますし、実は太り気味は他のバッドステータスと違い、早ければ1ターンで「自然治癒」します。

太り気味のデメリットよりも体力回復のメリットの方が大きいので、太り気味を連発する恐れはありますが、上振れを期待していっぱい食べさせましょう。

ちなみに太りやすいと悩んでいるマックイーンですが、他キャラに比べて太り気味になりやすいということはなく、大食いイベントが複数ある形で再現されている印象です。

画像は大食いイベント詰め合わせにしようと思っていたのですが、可愛いのでこっちにしました。

死にスキルを拾ってしまう

ウマ娘は「スキルゲー」と言われることもあるほど、スキルの価値が高いゲームです。

覚えるべきスキルの数は多く、中には取ってもほとんど発動しないスキルもあります。

今回はそんな「死にスキル」についてざっくりまとめてきました。

①隠れ蓑
隠れ蓑「師匠」「先生」「桐生院」と呼ばれる、このあまりにも有名な死にスキルは、ウマ娘の中でも最弱の死にスキルとなっております。
理由は「前半にスタミナ回復してもあまり意味がなく、そもそも前半から詰まる相手がほぼいない」ためです。
初見では金スキルの見た目に騙されて拾ってしまいますよね。
そんな教訓から「師匠」「先生」といった愛称で親しまれることとなりました。

②終盤で後ろのほうで発動するスキル
「豪脚(上昇気流)」「電撃の煌めき(詰め寄り)」など、マイルや短距離で発動するものは死にスキルと呼ばれています
理由は単純で、そもそも短いレースなのに、終盤で後ろのほう(7位~12位)にいなければ発動しないからです。
持続時間は3秒と長めにはなっていますが、追い込みであってもラストの直線で7位というのは、結構キツいですね。
逆に高いスタミナとパワーがあれば終盤までに順位が上がってきてしまい、発動タイミングを逃してしまうこともあります。
それならばレース中盤などで発動するスキルのほうが需要がある…ということから死にスキルといわれています。
また「二の矢」は中盤で発動しますが、作戦「逃げ」のウマ娘限定のスキルなので、これも代表的な死にスキルとなっています。

③大きくリード
こちらも死にスキルとしては有名。
発動には「大きくリード=3馬身以上」という、シビアな条件を満たす必要があります。
それだけ差をつけてリードできているのなら、そのまま勝ててしまいますね。
唯一、生かせるタイミングは「自分ひとりだけ逃げ馬である」という状況でしょうか。
「おひとり様」並にシビアな条件のスキルです。
そんな理由で、こちらも代表的な死にスキルとなっています。
スキルは「先陣の心得」「リードキープ」などがあります。

と、ここまで上げたスキルは「どんな状況でも役に立ちづらい」というスキルになっています。

限定的ですが「先行」の作戦なのに、中盤で追い抜くと加速する「アガってきた!」などのスキルを覚えさせるのも死にスキルになりがちです。

ウマ娘って難しいですね。

おわりに

攻略情報を鵜吞みにするのも考えものですが、先人が築いた道をなぞるのも大事です。

そんなわけで締めたいと思います。

最後まで閲覧いただき、ありがとうございました!

よきウマ娘ライフを!

【ウマ娘】意外と知られていない!?『根幹距離〇』や『逃げのコツ〇』などの効果!

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト