【ApexLegends】ブラハ専マスターが教える、強いブラハの立ち回りと戦い方!

 ランク(順位) 神Lv47(2400
 経験値  21,245
獲得バッジ
まとめ記事を10記事公開レビュー記事を10記事公開攻略記事を10記事公開1記事で1万PV100記事達成10カテゴリーの記事公開1つのカテゴリーで10記事10週連続記事公開

どうやったら、最強のブラハになれるの?

今回の記事では、「強いブラハ専になれる方法」について解説していきます!

どうやったら、強いブラハ専になれるのか?

結論から言うと、「アビリティ、ウルトを沢山使うブラハになれ!」です!

ブラハを使っていて、上手くキャラを活かせない、戦闘で中々勝てない、良くダウンしてしまう。

そんな方に向けて、複数シーズンマスターでブラハ専の私が強いブラハの戦い方を解説していきたいと思います!

  1. アビリティとウルトの使い方
  2. ダウンしない為の立ち回り
  3. ブラハの立ち位置

について解説します!

この記事は3分程で読み終わりますので、最後まで見ていってくださいね!

アビリティ、ウルトは戦闘時絶対に使う!

まず、皆さんは何のためにアビリティ、ウルトがあるかご存知ですか?

理由は簡単、「戦闘を有利にする為」です!

もっと具体的に言えば、戦闘で勝利するための確率を高める為です。

アビリティ、ウルトの使い方が良くなるだけで、味方、自分自身の戦いやすさがガラッと変わります!

スキャンが良くなるって何を意識すればいいの?

例えば、インファイトが起こる場所って、建物内もあれば建物外どこでもあり得る訳ですよね?

どこでもあり得るって事は、「敵がどこでもいる可能性があり得る」って事なんです!

雑にスキャンして、映らなかった敵に1ダウン取られるって事もあると思います。

そうならない為に意識する事が、「敵3人がスキャン範囲に映るように意識する」これだけです!

え?そんなの当たり前でしょ!って思う方もいると思います。

でも、これが出来ていない方が意外と多いです!

そこで、重要なのがスキャンする立ち位置と視点です!

スキャンの立ち位置を考える!

こちらの2枚を比較して違いが分かりますか?(バグでボットが2体重なっているので4体になっています)

違いは、「立ち位置」です。(同じ場所から後ろに下がってスキャンしています。)

少し後ろに下がってスキャンしただけで左側の1体が視界にいなくても検知しました。

立ち位置が変わることによってスキャンの範囲が結構変わります!

自分の立ち位置から、「敵3人が居るであろう場所を視界にいれてスキャンする」と良いでしょう!

ですが、立ち位置よりもっと重要なのが視点です!

スキャンの視点を考える!

今度は、立ち位置の応用みたいな感じと捉えてください!

こちらの画像は1番最初にスキャンした場所より更に前に出た場所からスキャンしました。

先ほどより前に出たことで更に3体目が見えにくいはずです。

ですが、「視点を少し横に向けただけで、3体目が映った状態でスキャンできています。

え?そんな簡単な事?って思った方も居るかも知れません。

戦闘中、味方にスキャン要求されて何となくでスキャンしている事ありませんか?

焦ってとりあえずスキャンしたり、雑にスキャンしてしまう事もあると思います。

このちょっとした細かい部分に拘る事で、味方の戦いやすさ、自分の戦いやすさが変わるんです。

スキャンの質が変わるだけで戦闘勝率UP↑↑

例えば、急に撃たれた時、敵が視認出来ていない時は明確な場所分からないですよね。

この時に、スキャンし敵3人の位置が視認できることによって以下の事が判断できます。

回復できる時間はあるか。

味方の誰が詰められる可能性があるか。

詰められそうな味方をカバーできるか。

自分達が安全に撃ち返せるか。

逃げれる事ができるのか。

少なくともこの5つが分かります。

この5つが分かるってめちゃくちゃ重要じゃないですか?

回復できれば、万全に撃ち返せる。

味方が詰められそうだったら、カバーできる。

自分達が戦いたくない状況であれば、移動系のウルトで逃げれる。

ブラハのスキャン1つで戦況が大きく変わる可能性があります。

逆に自分達が有利側、攻めたい側の時はスキャンで以下の事が分かります。

孤立しているor詰めやすい敵の位置がわかる。

1人削ったから詰めたいが、敵の仲間がカバーしやすい所にいるのか。

自分が起点を作れそうかどうか。

この3つが分かるだけで、1ダウン先に取れる確率が大きく変わります。

スキャンはめちゃくちゃ強力です。

それを活かす為に「敵3人がちゃんと映る様なスキャン」を意識しましょう!

意識するだけでスキャンの質が大きく変わります!

そのスキャンを活かす為に必要なのが、立ち位置、立ち回りになります!

ブラハは立ち回りが非常に重要

ブラハは立ち位置、立ち回りによって大きな起点になる事もあります!

ブラハの強みは、ウルトを使うと足が早くなる、スキャンのクールタイムが短くなるです!

これらをもう少し嚙み砕くとこんな感じになります。

ウルト中は展開しやすい!

敵の位置がわかるので、自分本位で動ける場合がある!

スキャンでヘイトを買って味方を動かせる!

ぱっと思いつくのでこんな感じです!

ですが、1歩間違えるとデメリットにも繋がります。

ウルトが切れてしまったら要注意です。

展開したままずっと同じ場所に居てしまう。

展開しても遮蔽物が少なく、投げ物を投げられ逃げれずダウンしてしまう。

スキャンができなくて、敵の位置が分からず、詰められダウンしてしまう。

がデメリットになります。

ウルト中は、引いたり展開したりが非常にしやすいです。

ですが、ウルト中、ウルトが切れるまでの立ち回りが非常に大事です。

展開する際の注意点

自分自身のデットゾーンを感覚で覚える事」が大事です。

これを、自分の感覚内で出来るようになればダウンする確率はめちゃくちゃ減ります!

場所をちゃんと考え展開するのが大事です。

遮蔽物が少ない所に展開すると、投げ物をめちゃくちゃ投げられたり、ホライゾンウルトなどが来て、ダウンする可能性があります。

遮蔽物が少ない所に展開するのは極力避けましょう!

自分本位で動くときは味方のカバーを貰える場所で戦う、必ずコールする

スキャンをして、ヘイトが向いてない所から1人で詰めたり、味方より前に出る事があると思います。

そういった際に、大事なのが味方のカバーを貰える位置で戦うことです。

レイスみたいに虚空が無いので、無理に前に出てダウンしないように意識しましょう!

味方が回復する時間を稼げば良いんです!

絶対にダウン取らなきゃいけない訳じゃありません。

ダウンしない方が戦闘に置いてめちゃくちゃ重要です。

また、ブラハのスキャンで自分自身が一番敵の位置がわかりやすいです。

そういった時に、詰めたい敵、孤立している敵に対して詰めるかどうか瞬時の判断やコールして上げる事が出来ると良いです!

自信がない方も居るかも知れませんが、行動に移して行く事がレベルアップに繋がります!

瞬時の判断が重要、積極的コールしていきましょう!

ブラハの立ち位置

パーティーの構成にもよりますが、基本的には2番目、もしくは3番目です。

ブラハは逃げアビリティがある訳ではないので、レイスやホライゾン、アッシュなど前に出てくれるキャラの近くに基本的には居るといいと思います。

ですが、「ウルト中は自分本位に動いてください!

せっかくのウルトの強みが活かせません。

何度も言いましたが、その際はコール、展開の場所が重要です!

ストームポイントでの立ち回り

ストームポイントは高低差が非常に重要で、上を取っている方がめちゃくちゃ有利に戦いやすいです。

なので、ホライゾンのアビリティで一緒に上昇し撃ったり上を取りに行ってあげると味方も戦いやすくなります!

ジブや、コースティックなど、3番目の立ち位置(一番後ろ)のキャラがいる場合は、ブラハが2番目の役割になります。

そういった場合は、展開もしくは、1番前に行くキャラとスイッチするといいです!

ですが、平面状で戦闘している場合はやはり展開ですね。

ストームポイントは遮蔽物が少ない所が多いので、しっかり場所を選び展開しましょう!

さいごに

前半はブラハのアビリティの使い方、後半は立ち回りについて解説しました。

簡単にリマインドします!

  • 戦闘時のアビリティ、ウルトは惜しまず使いましょう!
  • 敵が3人映るスキャンを意識しましょう!
  • 展開する際は、遮蔽物が多い所に行きましょう!
  • 自分本位の動きは、カバーが貰える所、コールを必ずしましょう!
  • パーティー構成で立ち位置を考えましょう!

この5つを意識する事で、最強のブラハになれます!

今日から実践してみましょう!

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト