使用率 ランキング

ApexLegends シーズン9終盤 レジェンド使用率ランキング

レジェンド 使用率 ランキング(シーズン9終盤)

実際にプレイしている周りのプレーヤーはどんなレジェンドを使用しているのか気になりますよね、今回はそんな方向けに Apex Legends の「 レジェンド 使用率 」をまとめてお伝えいたします!

あくまで公式に出ているトラッカーではないものの、大規模なプレイヤーデータに基づいたトラッカーとなっておりますので、気になった方は最後までご覧いただけますと嬉しいです。

当記事では以下の情報について記載しております。

  1. 使用率ランキング TOP 5 のレジェンドについて
  2. 使用率ランキング一覧
  3. レジェンド使用率の確認方法

この記事は5分で読み終わりますのでどうか最後までご覧ください。

ランキング TOP 5 のレジェンドについて

使用率 TOP 5 のレジェンドとは

早速使用率 TOP 5 のレジェンドを紹介いたします。

  1. ライフライン
  2. レイス
  3. オクタン
  4. ブラッドハウンド
  5. パスファインダー

(※2021年7月24日時点)

1位はレイスを押しのけてライフラインです。

少し前のナーフで蘇生時に前方にシールドを張れなくなったとはいえ、やはり小柄削除が大きい上方修正だったと言えます。

TOP 5 に入るレジェンドの中でもともとパッシブアビリティとして小柄を保有していたレジェンドは「ライフライン」「レイス」「パスファインダー」の3体です。

特に「パスファインダー」においては小柄の削除により台頭してきた感じがありますね。

また、オクタン・ブラドハウンドは安定の人気があります。

オクタンのスピーディーな移動は味方としては頼もしく、敵としては厄介なイメージもありますが、戦術アビリティの注射器ダメージ上昇のナーフが入ったところで使用率はさほど落ちなかったようです。

ブラッドハウンドのナーフで大きいものは戦術アビリティのスキャンによりキルアシストが入らなくなった点ですが、それでもランクでも使用している方は多いことや、初心者にも優しい敵の位置が一瞬で分かるアビリティなどが人気なポイントとなっております。

どのレジェンドも他ゲーム攻略サイトでおすすめキャラとして上位に入るレジェンドではありますので、TOP 5としては納得のいく結果かと思います。

ただ、これまで上位入りしていたホライゾンやジブラルタルが入っていないのは戦闘環境の変化によるものかと思います、これにより今回の TOP 5 が来シーズンも同じ結果になるとは限らないと言えます。

新レジェンドのseer(シーア)のアビリティやアルティメットの効果がブラッドハウンドと被っているなどの考察もありますので、来シーズンを楽しみに待ちましょう。

また、5位以下のレジェンドを確認したい場合は以下の章でご説明しておりますのでご確認ください。

レジェンド使用率ランキング一覧

使用率 ランキング表

惜しくも TOP5 には入れなかったが、いつも使用しているレジェンドが何位に入っているのか確認したいという方向けに一覧表としてご用意させていただきます。

順位レジェンド使用率KPM (kill/match)
1ライフライン

ライフライン

15.7%3.3
2レイス

レイス

14.0%3.6
3オクタン

オクタン

12.7%2.8
4ブラッドハウンド

ブラッドハウンド

11.4%2.1
5パスファインダー

パスファインダー

9.7%3.6
6バンガロール

バンガロール

7.5%3.4
7ジブラルタル

ジブラルタル

4.7%3.2
8ヴァルキリー

ヴァルキリー

4.3%3.3
9レヴナント

レヴナント

3.7%2.3
10ローバ

ローバ

3.0%2.9
11ミラージュ

ミラージュ

2.7%3.1
12ホライゾン

ホライゾン

2.6%3.5
13コーズティック

コースティック

2.0%2.3
14ワットソン

ワットソン

1.5%2.6
15クリプト

クリプト

1.5%2.4
16ヒューズ

ヒューズ

1.5%
17ランパート

ランパート

1.4%1.6

ランキング表解説

KPM(kill/match)は1試合の間に各レジェンドが何キルしているか、という情報になりますので、使用率が低くKPMが高いレジェンドは使用しているプレイヤーのほとんどが強いといえるのかもしれません。

※通常FPS用語だとKPMはkill/min、分速何キルかの指標ですが、このサイトの場合はkill/matchとなっております。

例を挙げると、100人のレイス使用者で平均キルレが3.6だとすると使用者が多いため、もちろん0キルもいれば20キルだっているかと思います。それに対して使用率の低い、ホライゾンだと10人のプレイヤーでキルレ3.5となっているため、皆がそこそこキルをしているという認識になります。

これをもとに表を見る限りだと、ホライゾン・ミラージュなどを使用しているプレイヤーは強い傾向にあることが予想されます。

また、レイスは安定のKPM1位で使用率2位と多くの人が使用しながら平均値でKPM1位を取るあたりにレジェンド自体の強さが伺えます。

レジェンドの使用率の確認方法

レジェンド使用率の掲載サイト

レジェンドの使用率は非公式ではありますが、以下の「Tracker Network 」というサイトで公表されております。

使用率

全てのゲームで2億人、ApexLegendsに関しては14,504,671人のプレイヤーをトラッキングしてデータを作成しているため、かなり正確なデータとなっております。

また、「Tracker Network」ではランクマッチのデータも閲覧することができ、アカウントを作成しゲーム内アカウントと連携することで、より詳細な自分のプレイデータを見返すことができます。

気になった方はこれを機に登録してみてはいかがでしょうか。

シーズン10序盤の レジェンド 使用率 について

以下のページにまとめておりますので、気になる方は是非閲覧してみてください。

ApexLegends シーズン10序盤 レジェンド 使用率 ランキング

「Apex Legends」ランク プラチナ帯の立ち回りを解説

ライター紹介

志村
志村
主にApexに関する記事を執筆しております!
ご満足のいただける記事をこれからも書き続けますので応援よろしくお願いいたします!
過去に投稿した記事を確認したい際は以下をクリック!