【FGO】年末年始予想!誰が実装される?(前編)

 ランク(順位) 仙人(6388
 経験値  7,558
獲得バッジ
1記事で1万PVまとめ記事を10記事公開10週連続記事公開50記事達成3つのカテゴリーで10記事攻略記事を30記事公開

【WARNING!】この記事は、最新話(2部6章)までのネタバレを多大に含んでおります。

年末年始は新サーヴァント実装の季節!

今年のクリスマスイベントも終わり、2021年も残すところあと少しとなりましたね。

しかし、この後には2部6.5章にあたるイベント「ツングースカ・サンクチュアリ」、さらには年始の新規サーヴァント実装が休む間もなく待ち受けています。

ストーリーを進めてね!」という再三にわたる運営からのメッセージに、とてつもない年末年始を予感しているマスターさんも少なくないことでしょう。

そこで今回は、【年末年始にかけて実装が見込まれるサーヴァント】について予測を交えてご紹介したいと思います!

  1. ついに実装か!?「カルデアの者」
  2. Quickの救世主か!?「安倍晴明」
  3. 愉悦をもたらす存在か?「グレゴリー・ラスプーチン」
  4. さらなる狂気か?「新フォーリナー」

全てとなると長くなるため、今回は【カルデアの者】を取り上げる【前編】とさせていただきます。

こちらの記事は7~8分程度のボリュームですので、どうぞ最後までお付き合い願います。

※繰り返しとなりますが、最新話(2部6章)までのネタバレを含んでおりますので、ご注意ください。

ついに実装か!?「カルデアの者」

はじめに、【最も実装を期待したい存在】「カルデアの者」についてご紹介しましょう。

「カルデアの者」とは?

2部1章「アナスタシア」から存在はほのめかされていましたが、2部5章「アトランティス」でついにその実態を見せた人物です。

容姿が「1部で舞台から降りざるを得なかった人物」に酷似しているため、公開当時マスター達を大いに動揺させました。

では、【彼がどのような存在であるか】、最新話までの情報をまとめてみましょう。

2部5章前編11節

2部の敵対勢力となる「クリプター」のリーダー・キリシュタリアの圧倒的な力になす術なく敗れ去ろうとしていた時、「カルデアの者」は現れました。

彼の交渉のおかげで、キリシュタリアは主人公達を見逃すことになります。

その去り際に、キリシュタリアは言いました。

「その人マネは、あまり上手ではないと思うよ。」

このことから、【「カルデアの者」≠「1部で退場した人物」】ということが判明しました。

また、この後の話で主人公側のサーヴァント・マンドリカルドが思うところによると、

サーヴァントのようであり、サーヴァントではないような存在

と「ただのサーヴァントではない、特殊な存在」であることをにおわせています。

さらにその後、「カルデアの者」が退場するわけですが、

単独で異聞帯から転移することができる

主人公達がシャドウボーダーという手段を用いることではじめて移動できる異聞帯を、何故単独で移動できるのでしょうか?

この描写から考えられることとして、スキル「単独顕現」の存在があります。

単純に言うと「いつでもどこでも自分の意思で出現できる能力」です。

そして「単独顕現」を持つ存在として多くのマスターが想像するものは、

FGOにおける大ボス「ビースト」でしょう。

※サーヴァントでも極一部は「単独顕現」を持っています(マーリンなど)。

  • 【1部で舞台から降りざるを得なかった人物】そのものではないが、似ている
  • 「サーヴァント」に似た気配を持つが、単純な「サーヴァント」ではない
  • 「ビースト」が可能な「単独顕現」をすることができる

2部6章10節

また、「カルデアの者」は「アヴァロン・ル・フェ」でも登場します。

以下は、主人公が異聞帯の王・モルガンとの邂逅を終えた後の場面です。

突如玉座の間に現れた「カルデアの者」。

何をするのかと思いきや、まさかの「モルガンの偉業を褒め讃えに来た」とのことでした。

それに対しモルガンは、「魔術の腕を讃えられても喜べない。それこそ嫌味だろう」と返しています。

このことから【カルデアの者はモルガン以上の魔術の使い手である】と言うことができます。

さらにその後に続く会話として、

「意に沿わない汎人類史を塗りつぶすという達成点は評価する」

「かつて同じ立ち位置にいた者であった」

と述べています。

  • 魔術の天才であるモルガンが「嫌味か?」と言いたくなる魔術の腕前を持つ
  • かつで汎人類史を塗りつぶす(滅亡させる)立場にいた存在である

「カルデアの者」の正体は?(※ネタバレの核心)

以上の情報から、「カルデアの者」の正体はほぼ確定したと言えるでしょう。

特にモルガン以外で「汎人類史を滅亡させる立ち位置にいた者」となると、マスター達が思い浮かべる存在は一つしかいませんね。

そう、「ビーストⅠ」【魔神王・ゲーティア】です。

そうなると、以下のような疑問がわいてくる方もいることと思われます。

何故ゲーティアがサーヴァントとして召喚されるの?

どうして「彼」の姿をしているの?

実装される根拠はあるの?

ここから先は、私、アザ・キャストの推察も交えながら、ご紹介させていただきます。

  1. 「異星の神」に対する「世界のカウンター」
  2. 「1部で退場した人物の姿」→ ゲーティアがイメージできた姿である
  3. 実装の根拠は「元ビーストのサーヴァント」「『待望の実装』の先駆者」「FGO年末特番」

「異星の神」に対するカウンター的存在

「カルデアの者」ことゲーティアが現れた理由、それは2部のラスボス「ビーストⅦ」【異星の神】に対する世界のカウンターなのではないか、と考えられます。

Fateを含むTYPE-MOON作品では、「抑止力」という概念が存在します。

定義は複雑ですが、簡潔に言うと「世界の破滅を阻止するため、世界そのものに呼ばれた存在」です。

ゲーティアは汎人類史を滅亡させようとしてたけど?

では何故、世界を滅亡させようとした存在」であるゲーティアが「抑止力」として召喚されるのか。

それに対する答えとして、次のようなことが考えられます。

「抑止力」には善悪といった観点はなく、「世界を存続させる力」であればそれでいい

「抑止力」の最大の目的は、【破滅の要因を排除して今ある世界を存続させること】です。

つまり、「それ以外の判断基準は除外されている」と考えることができます。

結果として、我々人間からすると「何でこの人物が?」「抑止力、節操なさすぎでしょ」と言いたくなるような存在のチョイスも起こりうるのではないでしょうか?

何故ゲーティアは「彼」の格好をしているの?

ゲーティアが一番知っている人間の姿が『彼』であったからではないか」と考えています。

加えて、「彼という英霊の存在」は「英霊の座」から完全に消え去っているため、記録として残った(と考えられる)「英霊ではないの彼の姿」を模しているのかもしれません。

「では何故そんなことをする必要があるのか?」となりますが、おそらく「サーヴァントとして召喚されるための、存在のスケールダウンではないか」と考えられます。

(※神など「原典が大きすぎる存在」は召喚の際、サーヴァントとして適したスケールとなります)

ゲーティアは実装されるの?

結論から言いますと【ゲーティア実装は十分考えられます】。

次章では、その根拠となる部分についてご紹介していきます。

「カルデアの者」が実装されうる根拠

  1. 「元ビースト」のサーヴァントが既に存在する
  2. 「待望の実装」の先駆者が存在する
  3. 年末に放送されるFGO特別番組の出演者

ビーストであったサーヴァントがFGOには存在する

FGOには、元ビーストであるサーヴァントが二騎実装されています

同じく元ビーストである「カルデアの者」が実装されても、おかしくはないのではないでしょうか?

「待望の実装」の先駆者

2021年の元旦、多くのマスター達が待ちに待っていたサーヴァント、千子村正が実装されました。

初登場した1.5部「亜種特異点Ⅲ 屍山血河舞台 下総国」開幕から3年以上経過しての実装でした。

つまり、名前が登場した2部1章から約3年9カ月、姿を現した2部5章前編から約2年が経過した「カルデアの者」も満を持しての実装が行われる…ということも考えられるのではないでしょうか?

2021年年末特番の出演者

FGOでは年末に、お正月福袋や新規実装サーヴァントなど、情報山盛りの特番を行っています。

そして先日、2021年末の出演者が先日発表されたのですが、その中に…

【1部で舞台から降りざるを得なかった「彼」】役の鈴村健一さんが出演することが決定しています。

さらに、昨年末には村正役の杉山紀彰さんが出演し、その中で千子村正の実装が発表されています

そうなると、鈴村健一さんの出演はただ事ではない…と考えられるのではないでしょうか?

さいごに

今回は年末年始にかけて実装が見込まれるサーヴァント】、その中でも【最も実装を期待したい存在】「カルデアの者」についてご紹介させていただきました。

最後にポイントをおさらいしましょう。

  • ストーリーの重要キャラ「カルデアの者」実装への期待が高まっている
  • 「カルデアの者」の正体から、実装されたら熱い展開になることは間違いない
  • 実装の下地は、十分にできあがっている

もし本当に実装がされたら、とんでもない規模で聖晶石召喚が回されることになりそうですね…!

次回は、安倍晴明についてご紹介させていただきたいと思います!

今年も残りわずかですが急ピッチで作成いたしますので、どうかご期待くださいませっ☆

【FGO】年末年始予想!誰が実装される?(中編)

【FGO】年末年始予想!誰が実装される?(後編)

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

ライター紹介

アザ・キャスト
ゲームとお酒と猫が好きです。好きなゲームはカードゲームで、学生時代には「MAGIC:The Gathering」にドハマりしていました。最近プレイ中のゲームは「MTGアリーナ」と「Fate/Grand Order」です。「はじめての人にわかりやすく」「好きな人がもっと好きになる」をモットーに執筆をしておりますので、どうぞよろしくお願いします。個人ブログ:https://uzomuzo.net/