【FF16】リスキーモブの出現場所一覧【バイグル〜執意の竜騎士編】

おすすめアプリ
Raid
[PR]編集部イチ推しゲームはこちら

サブイベで遭遇するモブも収録

本記事では、終盤に登場するリスキーモブの出現場所と簡単な戦闘のコツを解説しています。

目当てのリスキーモブがなかなか見つからない時の参考にしてみてください!

  1. 終盤に登場する10体のリスキーモブを紹介!
  2. マップで居場所が把握できる
  3. 戦闘のコツを紹介

この記事は約5分で読める内容になっています。

バイグル

出現場所:ウォールード王国領 クリッテン・ホロウ

バイグルは帰らずの森近くに現れるクァール型のリスキーモブ。

雷系の魔法攻撃と俊敏な身のこなしが特徴です。

  • 雷攻撃は落雷が3回
  • 回避するバイグルを追いかけすぎると縄張りから外れるので注意
  • 光るモーションから攻撃パターンの予測が可能

アグニ

出現場所:ウォールード王国領 ハッフ峡谷道

アルマジロのような外見のアカシア化モンスター

大きく動き回る攻撃が特徴のため、頻繁な移動に適応できるスキルを積んで挑むのがおすすめです。

  • 3度の回転技後の飛びつき攻撃に注意
  • ローリング攻撃は向かってくる方向に向かって回避を!
  • 見失わないようカメラアングルを意識して挑もう

タナトス

出現場所:ダルメキア共和国領 タイタンの通り道

幻想の塔に現れた中ボスタイプのリスキーモブ。

直線的なレーザー攻撃が特徴で、回転が加わる攻撃と物理に任せた突進型の攻撃がメイン。

ハントボード追加時には一度メインで戦っているはずなので、戦闘のおさらいくらいの心構えで大丈夫です!

  • レーザーの回転攻撃は向かってくる方向に回避
  • 時差攻撃は回避タイミングに注意。

ターミナスシステム

出現場所:ザンブレク皇国領 巨大な水壺

ボムキングと同じ地点に現れるリスキーモブ。

遺物型のリスキーモブで、遺跡で遭遇したタイプのものと戦闘の傾向は概ね一致します。

  • 追跡型攻撃×3+挟み攻撃のコンボに注意
  • 挟み技はタイミングを意識
  • レーザー放射型攻撃の兆候が見られたら距離を置こう

パンデモニウム

出現場所:????

出現場所が伏せられたSランクリスキーモブ

出現場所は、ウォールード王国領 スケイズファールの壁 ウォルフダール城 城門前

地図から向かうのであれば、エイストラ近隣の影の海岸が最寄りになります。

メインと同時進行で討伐を進めていのであればやや格上のモンスターです。

攻撃の重複と瞬間移動が組み合わさった、見た目に似合わず追いかけるのがやっとのリスキーモブ。

距離を詰められるアビリティの準備がおすすめです。

  • 広範囲・追跡・複数AoE攻撃の連撃に注意
  • 瞬間移動後は追跡できるアビリティの使用で無駄なく反撃を
  • ダメージを受けた後は立て直しを急ごう!

ポーション類は余裕を持って装備し、サブクエストの薬鞄の拡張を視野に入れるといいかもしれません。

また、大型モンスターの死体はすぐに消えてしまうので、討伐後の撮影をしたい場合は早めに済ませましょう。

キングベヒーモス

出現場所:????

出現場所が伏せられたSランクリスキーモブ

出現場所は、ウォールード王国領 ヴィザールグレス平原北部

シリーズおなじみのベヒーモスです。

キングの名を冠するのに相応しい大技の連続攻撃が続くので、しっかり準備してから挑みましょう!

  • エンカウント直後から大技の連続
  • 薬とポーションは惜しまず使うべし
  • アポカリプス最後の巨大隕石は確実に回避を!

クーザー

出現場所:ウォールード王国領 バルムンク監獄

クーザーはサブイベント「《剣》の希望」を進めることによって成り行き上遭遇するリスキーモブ。

ベヒーモス型群用魔獣で、攻撃パターンはメインシナリオで遭遇するベヒーモスとよく似ています。

  • 爪の振り下ろし攻撃は2回
  • コメットの後に飛びつきの物理攻撃
  • ハントボードは遭遇後の掲載

ギザマルーク

出現場所:ウォールード王国領 ガルニック

どことなくガルーダに似た姿のギザマルーク。

見た目同様に、攻撃も風攻撃が中心

強さ自体はそこまでではないので、最後の大技は確実に回避をこなしながらダメージを与えよう。

  • ストームチェイサーは風攻撃の連続技
  • 落ち着いた回避処理ができれば強敵感は薄め

プリンスオブデス

出現場所:ザンブレク皇国領 オルシエール岬

オルシエール岬の高台に現れるプリンスオブデス。

鎌を振り回す近距離の範囲が広い攻撃と瞬間移動が特徴。

こちらも然程強いモンスターではないので、攻撃パターンを抑えれば手軽に討伐することが可能です。

  • 鎌攻撃は近接ながら広範囲の射程あり
  • 正面以外の被弾のリスクを把握した回避を

執意の竜騎士

出現場所:ザンブレク皇国領 マクルデュロワ丘陵 懺悔の門

ハントボードの一番最後に掲載されるリスキーモブ。

竜騎士型の敵で、決闘として門前に出現します。

戦闘時に台詞が用意されているので、余裕を持って戦いながら聞くのがおすすめ。

  • ジャンプは連続&広く複数地点に展開される
  • 攻撃に一度嵌ると追撃を食らってしまう
  • 視認性が下がるエアリアルブラストとの相性は×

意外と少なめだったリスキーモブ

リスキーモブの討伐が全て完了すると、シルバーのトロフィーを獲得することができます。

メインシナリオと同時進行に進めていればそこまで大変な作業は要しないので、トロコンを目指さなくてもできれば取っておきたいトロフィーの一つに入ると思います。

リスキーモブを進めていくことによって、別のトロフィー獲得要件となる装備の素材も揃います!

ライター紹介

Kiel Evans
世界中どこにいてもソーシャルゲームの周回をしていた元限界バックパッカー。
現在は大学でwebライティングや日本語を学びながら、ぼちぼち数タイトルのゲームをやってます。

その時遊んでいるゲームについての記事を執筆します。
Twitter→https://twitter.com/unkown0829

[PR]世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料のターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなハマってます!

注※PCゲームのため、PCからアクセスしてください。スマホだとページが開きません。

\ まずは無料でプレイ!(PC版)/

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※PCゲームのため、PCからアクセスしてください。スマホだとページが開きません。

\ まずは無料でプレイ!(PC版) /

RAID: Shadow Legends 公式サイト