【グラブル】土属性 リミテッド武器の上限開放優先度&必要本数解説!

 ランク(順位) 上級冒険者(60376
 経験値  1,018
獲得バッジ
攻略記事を10記事公開10記事達成1つのカテゴリーで10記事1記事で1万PV

土属性のリミ武器を凸るなら?順位形式でご紹介!


今や十賢者のカイムを取得すること前提で語られることの多い土属性。
ハイランダーが組めれば強いので、賢者を要求する割には武器の要求は低めというのが嬉しいところ。

この記事をご覧になっているということは、きっとどのリミ武器が完成していれば神石に移行できるのかと先を見据えて行動していらっしゃるのではないでしょうか?

今回は土属性の上限解放や必要本数について、育てるべき優先度別にご紹介していきます!

  1. 優先して作成するべきリミ武器が分かる!
  2. ダブったリミ武器を重ねて良いかが分かる!
  3. その武器が今の自分に必要な物なのか分かる!

この記事は8分で読み終わりますので、最後まで読んでいってくださいね!

1位:一期一振


どの属性でも渾身武器は強いですね。

そもそもワンパン編成では特別工夫を凝らさない限りHPが満タンの状態な訳です。
そこにこの一期一振。
攻刃Ⅲと渾身(中)の組み合わせときたらマッチョにプロテインを添える様なもんです…ティターンだけにね。

閑話休題。

とりあえず雑に挿しとけば強い1本でもあるのですが、十賢者カイムが実装される以前はイクサバやフォールンソードと同様に4~5本まとめて渾身に偏らせまくる編成が主でした。

現在では過剰な火力となるせいでダメージ上限の方が足りていないでしょうね…

という訳で必要本数は基本的に1本です。
これは土属性に限って言えば全て1本で統一されてしまうかもしれません。

一応複数本使う想定で考えると、まずは奥義特化編成。
ガレオン・ジョーを2~3本用意して攻刃確保のためにこの一期一振を複数本挿すという感じでしょうか。

一期一振とエーケイ・フォーエイがあれば神石移行してよいと言われているので、正直なところ別の武器で代用してよいと思います。

あとメイン武器として持った際の奥義効果が全体の攻刃30%と何気に強力な効果ですね!
特にマグナ編成であれば通常攻刃量を補えるので結構火力が変わってくる武器だと思います。

迷わずダマヒヒ突っ込んじゃって良い武器の1つですね!

2位:エーケイ・フォーエイ


そういえばあなたも随分と古い武器ですね。
奥義効果が非常に強いうえにダブル攻刃です…文句なしに火力が高い。

武器種が銃ということもあって、メカニックやレリックバスターの様な全体ポンバ持ちのジョブで装備できます
そして奥義の効果は防御力35%DOWNと破格のレベル!
無凸でもとりあえずメイン持ちして良いんじゃないかと言わんばかりの性能。

さて、一期一振の項でも書きましたが、それとこれ、2つ合わせて移行可能です。

とは言ってもカイム前提であることは否めません。
マグナⅡ編成普通に強いですし、なんならマグナハイランダーですら強いので。

11本目の武器と言われるだけのことはありますね。

では複数本の出番はあるのかというと…これはやはり微妙なところ
たまたま出来上ってしまったのであればいざ知らず、自ら作る必要はないでしょう。

もうティターンもできあがっていて移行が可能な状態なんだ!
そういう方であれば最初の1本はダマヒヒおすすめです。

逆にこれ作ったら移行しますよって方以外はやめておくのが無難です。
完凸武器の倍率が欲しいくらい火力に困ってるなら大人しくガレオン・ジョーを掘りましょう!

ちなみに乱舞小の連撃率はTA率のみかつ両面ティターンでも8%しか伸びないのであまりアテにはなりません…悲しいね。

3位:セラステス


ハイランダー編成から確クリハイランダー編成にランクアップするために欲しくなる1本。

クリティカル率を盛ろうとするとどうしても武器のバリエーションが必要になるのがハイランダー編成の弱みだと思います。
そんな中で技巧Ⅱを持つこの武器は大きく一歩前進するきっかけとなることでしょう。

ただ微妙に嬉しいか嬉しくないかぎりぎりのラインを行く必殺スキルが3位となってしまった理由ですね。
これが攻刃だったら間違いなくやべぇ奴認定されちゃいます。

奥義効果の累積防御DOWNや会心効果も強力なスキルですね。
ですがあまりメイン持ちすることがないなぁという印象なのは私だけでしょうか?

スパルタやセージで持って、耐久しつつ火力の補助に使えるかもしれません。

複数本数使う出番は…可能性はあるかも、というレベル。
運良く(運悪く)一期一振やセラステスが各2本ずつできあがってしまったという猛者であればカイムに頼らずに神石移行できるのではないでしょうか?

うん、そうそうあり得ない状況ですね!

4位:八幡薙刀


あなたは「やはた」派?「はちまん」派?
槍ではないよ、斧ですよ!

進境(大)、神威(中)という耐久前提の武器ですね。
使いどころが限られるという観点から順位は下げましたが、非常に強力な武器であることは明言しておきたい!

単純なスキル構成だけでなく、斧という武器種がまず強い
耐久が得意なランバージャックでメイン持ちできるのでスキルとジョブが噛み合うんですよね!

そして奥義効果もこれまた強力
クリティカル率UPは確定ではないものの火力の増強に貢献しますし、DA・TA率UP30%の追加効果もあるので耐久だけでなく火力においても十分ケアしてくれる武器となっています。

そういった性質があるので、サブ武器枠に入れるよりかはメイン武器として持つかどうかが検討されやすい武器だという印象が大きいかなと。

複数本の使用はまずないでしょう。
カイムを起用すると50%の防御UPが付いてくるので、あえてその強化を捨ててまでHPを盛る必要性は無いです。

ダマヒヒ突っ込むかは迷うところですね。
個人的には非推奨です。

できることは増えるけど、目に見えて強くなる訳ではないって感じです!

5位:ワールドエンド


新進気鋭の土リミ武器とはこいつのこと。

もう1人の十賢者ロベリアを加入させているならこの武器の編成を検討する価値はあるでしょう!
もしくは解放キャラのアナザーサンダルフォンを編成するのであれば

まず技練スキルがロベリアの全てをダメアビに変えてしまう能力と非常に相性が良いです。
上限だけでなく与ダメも乗るのでダメージの伸びは凄まじいでしょう。

更に奥義効果のディスペルガードがとても良い味を出しています。
アナザーサンダルフォンの3アビによる味方へのディスペル効果を防ぐことができるため、気にせず性能UPが発揮された奥義を使うことができるでしょう!

武器種が剣というのも優秀です。
レリックバスターやベルセルクで使っても良いですし、グローリーで持っても面白いですよ!

残念な点は技練を除けば乱舞(小)のスキルしかない武器になってしまうというところ。
良くも悪くもキャラクターの編成によって使えるかどうかが左右されてしまう武器でもあります。

2本目は滅多に使うことが無いでしょう。
一応技練のアビ与ダメUP効果は合計で20万まで発揮されるので、2本目がムダになることは無いのですが、カイムによる加護を捨てたうえでアビダメを伸ばす価値が果たしてどこまであるのか…

ハウンドドッグのタイム・オン・ターゲット編成であれば活躍できるかも?

6位:刃鏡片


弱くは無いんだ…ただ環境が強くなっただけ。

痒いところに手が届く性能のゴブロ短剣です。
攻刃(大)とDA確率UP(大)を合わせた無双Ⅱは火力を底上げしますし、HP上昇(小)とクリティカル率(小)を合わせた刃界という固有のスキルを持ちます。

複合スキル2種という珍しい構成だけでなく、短剣という武器種もグッド!
マスカレードのメイン武器として持つのも乙なもの。

そしてこの技巧(小)相当のクリティカル率が良い具合にはまるのです。

例えばセラステス未所持で袋竹刀があった場合、技巧(大)と他武器で技巧(中)2本を加えると両面加護でもクリティカル率92%となります。
こうした時に技巧(小)武器があると隙間に収まるという。

もっともセラステスが完成している場合100%ちょうどになりますが…

2本目は不要だと思われます。
ダブったら重ねてしまい、ダマヒヒも可能であれば使用は控えた方が良いというのが現状での評価となってしまいますね。

さいごに

カイムというマスターピースの登場により一気に移行ハードルが下がった土属性。
マグナⅡ編成⇒マグナハイランダー⇒神石ハイランダー⇒クリ確ハイランダーと、段階を追って計画的に強化できるので神石移行を初めて行う方にもオススメできる属性だと思います!

編成の幅がどうしても狭まってしまいますが、かえって面倒なアレコレを考える手間が省けるというもの。
今回の記事を参考にあなたもマッチョへの一歩を踏み出してみませんか!?

そして筋トレに必要なダマが足りない!金色に輝く延べ棒が欲しい!
そう思った方も多いはず!

ヒヒを掘れば筋トレがはかどるかもしれません。
という訳でこちらも併せてご覧ください。

【グラブル】ヒヒイロカネを集めてみよう!アーカーシャのススメ!

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

ライター紹介

HiyakaRei
HiyakaRei
ゲームが好き過ぎてゲーム記事を書くようになってしまった狐です。

少しでも読んだ皆様のお役に立てば良いなーと思いつつ、今日もキーボードを肉球で叩いています(ノシ´・ω・)ノシバンバン