【グラブル】対「グランデHL」ヒヒ掘り編成!現在の流行は?

 ランク(順位) 神Lv1(4368
 経験値  7,903
獲得バッジ
まとめ記事を10記事公開1記事で10万PV10週連続記事公開125記事達成2つのカテゴリーで10記事攻略記事を40記事公開

最新の流行編成から学ぶ理想ムーブ

この記事は「2021年10月8日」に最終更新したものです。

ヒヒ掘りのトレンドは武器/キャラ追加ごとに大きく変化するので、随時更新するようにはしますが、念のため更新日時を確認するようお願いします。

ほんの少し前まで、「安い編成で手軽に殴れる上に回転率のいい」ヒヒ掘りマルチと言えば「アーカーシャ」でしたが、シス超越に始まり、カレー、リッチ斧の実装とたて続いた今、そのトレンドも変わりつつある気がします。

今回は、今人気のヒヒ掘りコンテンツこと「グランデHL」の流行編成を紹介していきたいと思います。

早い人たちが考えたトレンド編成から、火力の出し方や編成、ムーブの仕組みなどを少しでも知るきっかけになったら嬉しいです。

  1. 船炉なしで青箱確定(150万)
  2. 行動封印でカカシ殴りにできる
  3. オメガ刀採用が主流?

基本の形(誘惑採用風マグナ)

多分一般に出回っている形はこれだと思います。

2T〆の編成ではあるものの、リミカリオストロの3アビ(封印)を2T目も押すなら3T動くことができ、若干ではありますが、貢献度を盛ることも可能です。

ただ、誘惑採用とはいえニーアのデバフでDATAが下がっているため、コルワ、および主人公の火力がほぼ期待できません。

武器編成例

武器ハードルはかなり軽いですが、「船炉なし」「凸グランデなし」「凸ラファエルなし」だとまったく届きません。116万くらい。

水着ティアマトさんが実装されたので、凸済みを所持している場合はラファエルやグランデの凸が不要になるかも。

召喚石例

すべて凸済み前提です。未所持 or 持ってないならテンペランスやステ石等で誤魔化しましょう。

私はグランデ、水着ティアマト、ラファエルさんを凸れてないので、この編成だとグランデさんをステ石に変えて殴っています。

基本ムーブ

誘惑採用でおそらくもっとも有名なムーブです。

1ターン目:ニーア1、デス落とし、リミカリ3、コルワ1→リミメア、リミメア13、ツープラ、攻撃

2ターン目:黒麒麟、リミカリ3、コルワ1→リミメア、リミメア3、ツープラ、殴り〆

2ターンで確実に届く場合、2ターン目攻撃後に壊滅しても問題ないため、リミカリ3を省略できます。

編成、ムーブ解説

ここからは、どうしてこんな装備になるのか、こういったムーブになるのかの説明をしながら、持っていない装備がある、ダメージが届かない場合の代用案などについて考えていきたいと思います。

主人公が闇属性なのはどうして?

初手でデスを召喚し、ニーアを1ターン目に落とすためです。

ニーアは戦闘不能時に敵味方にかかる「残執」効果で、敵に消去不可の防御下限デバフを与えることができます。

グランデHLは50%時にデバフリセットがあるため、参戦タイミングや部屋速度次第で、デバフなしのグランデを殴ってしまうことになりかねません。

敵のHPや速度を気にせず殴るために、消去不可で下限まで持っていける残執が強い、ということですね。

更にグランデHLは、味方の属性数に応じてバフがつく仕様となっています。リミメアひとりで火力が出せる場合、主人公を別属性にした方が火力が安定する、ということです。考えた人ほんとグラブルIQ高い。

代用キャラクター

2021年夏に実装された、季節限定ぶっ壊れキャラ代表格こと水着イルノートさん。

彼女も3アビに消去不可、防御下限デバフを持っています。イルノート採用の場合、裏からキャラを引っ張り出すことができないので、踏む場所を間違えると2T目動けません

50%特殊技(4番手に配置したキャラに100%の無属性ダメージ)対策で、必ずイルノートを4番目に配置しましょう。

ナルメア2は使わないの?

反射/カウンターがそれぞれ5回あるナルメアの2アビはかなり強いのですが、反射率が50%と、50を踏まない前提であっても攻撃を受けきれる数値ではないため非推奨です。

こうして考えると、クリスマスナルメアの反射率99%が本当にヤバかったんだなって実感しますね。

裏から出すキャラクターについて

グランデは無属性のダメージも使用してくるため、行動封印が使用できるリミカリオストロか水着シャレムがおそらく最適解となります。

どちらを採用しても属性数が増える(=ナルメアの火力があげられる)ので、どちらを採用するかは演出の時間や好み等で決めてしまっていいでしょう。

個人的な好みではありますが、シャレムのほうが演出が短い(気がしている)のと、最後にデバフをポチポチして殴れるので貢献度が盛りやすい(気がする)ので、シャレムのほうが好きです。

裏からカッツェが出てきてしまう可能性はありますが、上記2キャラがいない場合は全体かばうキャラ(水ブロやクリスマスミリン等)でも代用できます。

終末の第2スキルについて

終末の上限枠(第二スキル)については、何を入れていてもダメージに大差ありません。

というのも、アストラルウェポンの第二スキルが「風属性キャラが強化効果の数に応じて通常攻撃ダメージ上限UP」なので、今回のムーブで唯一意味のある通常上限がアスポンで盛れているからです。

以前の記事でチラっと紹介したことがあるのですが、「終末」「オメガ」「アスポン」の上限は重ねて発動させることができません(=重複しません)。

【グラブル】「各種スキル上限」と、「上限アップの上限」まとめ

なので、風属性で誘惑を採用する際は終末第二スキルで通常上限を盛る必要はありませんし、今回のムーブの場合、アビダメなどを使用しないため仮に終末の第二スキルが通常上限でも、わざわざ変更する必要もありません

たまに勘違いしている人がいるので念のための補足ですが、通常攻撃の追撃はアビダメ枠ではないので、アビ上限を盛っても追撃の数値は伸びません。

裏2はカッツェ固定

ニーアの残執で敵だけでなく味方にも確定でデバフが入っているため、カッツェの攻撃UP効果がかかります。

ニーア採用時は裏カッツェにしておきましょう。

オメガ刀採用パターン

個人的にはこちらのほうがダメージ伸びました。

武器編成例

グリム杖(スプーン)をオメガ刀(渾身)と入れ替えます。第二スキルはついてなくても構いません。

クリティカル確率が96%まで下がりますが、リミメアはキャラクターLBでクリティカル枠を3つも持っているので、全部振っていれば武器クリ96%とキャラクリ20%3つをすべて外す確率は2%ちょいのはずです。

それより火力上げたほうがいい!というのがこの編成のコンセプト(のはず)。

船炉なし+凸グランデ&ラファエルなしなので、クリ確定だと112~119万貢献度をうろうろしていましたが、渾身オメガ刀に変えただけで138~144万くらいになりました。

2%引いたらもしかするともっと下がるかもしれませんが、体感下振れでもクリ確編成を上回ってそう。

久遠の有無とダメージの伸びについて

久遠後の下振れ(敵HP20%くらいで入った)で、138万を確認しました。久遠があるからといって確実に青箱!というわけではなさそうですが、100回ほど殴った感じでは貢献度5~6万のびてます、すごい。

上振れするときのブレ幅が大きくなり、ほぼ100%のグランデHLに入れた時は2Tで150万出せるようになりました。

若干足りない時でも3T目殴れば150は安定して超えられるようになったので、久遠の差はかなりある印象。

今の風環境がリミメアと心中しているようなもんなので、久遠のコスパは他キャラと比べて圧倒的に良さそうですね。

風の王考案ムーブ

風属性古戦場個人ランキング連続1位、ブレグラ1位など、とにかく雑に「グラブルの風属性で1番強い人」は誰かと聞かれたときに名前が出てくるプレイヤーことジンカンさん考案ムーブ。

スプーン、オメガ刀の代わりに邪武器が入ってます。

マグナではなくてゼピュで殴りたいよ!という人は、上記ツイートを開いてさかのぼってみてください。装備ハードルは高いものの、25秒安定、というとんでもない世界が見れます。

召喚石例

水着ローズクイーン(水着JK)とステ石を入れ替えます。この編成の場合、凸済みグランデ石を所持している人はハデスと入れ替えましょう。

ムーブ

1ターン目:アラナン13、水着コルワ1→リミメア、リミメア13、水着JK召喚、ツープラ、殴り

2ターン目:水着コルワ1→リミメア、リミメア3、ツープラ、殴り〆

アラナン1のフィールド(防御25%ダウン、攻撃別枠20%UP)と3アビ(防御25%ダウン)で防御下限(50%)にしつつこちらの火力を上げています。

フィールドでクリティカルが発生するようになっているため、ナルメア以外の主人公、コルワもクリティカルで敵を殴れる状態に。

更に、初手デス召喚が不要になったことから、水着JKの召喚で追撃を盛ることもできています。

ダメージ感

行動封印やかばうをしているわけではないので、イルノート採用と同様に踏むとキャラが落ちる場所がありますが、アビポチが少ないため、ニーア採用型より最後まで殴れることが多いです。

2T以降絶対に動かない+グランデが爆速で埋まる環境の場合は、こちらのほうが早いかもしれません。

ただ、船炉なし+凸グランデなし+凸ラファエル(天司石なし)状態だと青箱が安定せず、3T目もできれば殴りたいな、という場合は、ニーア採用のほうがダメージは安定します。

両方編成を作っておいて、船炉ありなしで切り替えて使ってみるとかもいいかもしれませんね。

バフありなのにダメージが下がる?

ニーア採用型とアラナン採用型で、武器編成を同じ(オメガ刀)にした状態で殴り比べてみたのですが、私の装備だとアラナン採用型のほうがダメージが下がってしまいました。

DATAデバフなしで主人公も水着コルワもダメージは上がっているのですが、属性数が減ったことで肝心のナルメアの火力が下がっている様子。

初ターンで水着JKを召喚するには主人公は風属性じゃないといけないので、手持ち次第で好きな方を使っていきましょう。

クリスマスマリー(マキラ)採用型

行動封印ができるリミカリや水着シャレムではなく、バフを盛れるクリスマスマリー(マキラ)を採用する形です。

クリスマスマリーの2アビをリミメアに使うことで、装備(特に石)が用意できなくても青箱が安定するようになります。

こちらも先ほど紹介したアラナン採用型同様、踏む場所が悪いとキャラが落ちてしまいます。特に95%特殊を踏み抜くとその後動けなくなるので注意。

85~61あたりに着地するか、それより減っている(60%切っている)場合は50%以降になってから殴りましょう。

ちょっと考えることが多くて面倒ではあるものの、グランデHLが早い時間帯でなければ確実に青箱が稼げるのでこちらもおすすめです。

ムーブ

基本はアラナン採用型と同じです。

船炉なしで150万安定するだけで試してみる価値はあると思います。

動画にも記載されてますが、泡沫のところは別武器で代用しても問題ありません。

あると嬉しい石(個人的に欲しい石)

グランデHLにおいては、ナルメアさんになんとか火力を出してもらおう!というのがメインではあるものの、水着ティアマトがあるとかなり火力が安定するらしいです。

残念ながら自分は凸できていないのですが、やっぱり水着コルワがTAするのが大きいようですね。

というのも、ニーア戦闘不能時のデバフには、DATA100%ダウンもついているので、いくら誘惑である程度連撃を盛っているといっても、そのままだとコルワが普通にSAしてしまうんですね。

そこを確定TAにできる水着ティアマトは、実際使ってみるとかなり強い、グランデ石なしでも安定する、ということでした(団員さん談)。

グランデHLヒヒ掘り編成のポイントまとめ

最後にポイントのおさらいです。

  • 初手デス用に主人公は闇、出てくるキャラは闇風以外で3属性揃える
  • クリは琴4で96%出るので、キャラクリ許容できるならオメガ刀(渾身)がおすすめ
  • 初手でニーアを落とす運用の場合、連撃にもデバフが入ってることは忘れがちなので要注意、SAも普通に出る
  • ヒヒ掘りグランデHL用であれば、水着JKより水着ティアマトのほうが火力に影響ありそう
  • イルノート、アラナン、クリマリ、マキラ等でバフ、デバフを盛る編成もある。手持ちと相談しよう。

アスポンの作成やLB強化に超越など、地味に要求されることがあるグランデHL素材。

ヒヒ掘りもそうですが、一度編成を組んでしまえば、いざ必要となったときにダラダラ殴る必要がないため、周回ストレスもかなり緩和されると思います。

今はリミメアのおかげでグランデHLの討伐速度も上がっているため、日課として自発だけ消化、というのもやりやすくなりました。

グランデHL素材が面倒で止まっている武器強化がある、つよばはやアーカーシャは早すぎて無理!という人は、一度グランデHLで遊んでみてはいかがでしょうか。

 

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

ライター紹介

大納言あずき
大納言あずき
グラブルとグラブルのお姉さんが大好き
やること多すぎて最近何から手を付けていいかグルグル。
整理がてら記事を上げていくので、見ていっていただけると嬉しいです。