ラブライブ! LoveLive!

ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会ビジュアルノベルゲーム ティザーPV徹底考察

おすすめアプリ
Raid
[PR]編集部イチ推しゲームはこちら

虹ヶ咲 6th Live! I love You ⇆ You love Me 神奈川公演終了、そして・・・

その日、神奈川県横浜市Kアリーナ横浜で大歓声に沸いた。

いや、行っていないので知りませんけど。

そう、ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会(以下ニジガク)の新作ゲームの制作が発表されたのだ。

これまで、スクフェス、スクスタ、スクフェス2など数々のラブライブ!のゲームが制作されてきた歴史があるが、ニジガク独占のゲームはこれが初めてである。

(あ、TOKIMEKI RunRunsとLove U match friendsは忘れていませんよ!!)

これは由々しき事態ですよ!

そこで今回はこの記念すべきビジュアルノベルゲームの発表を記念して、たった1分しかないティザーPVを徹底考察していきたいと思います!

  1. ニジガクメンバーだけの最新ゲーム
  2. ビジュアルノベルゲーム
  3. ベースは「スクスタ?」

3分ほどでお読みいただけるので、全部読んでくれないとヤダ!(CV.優木せつ菜)ですよ!

そして、読み始めたのなら貫くのみです!👊

いいですか、こういったPVで公開される映像にはすべて意味があるのです。

余すところなく解説していきますよ!

上原歩夢のアパート

そう、スクスタやアニメと同じアパートである。

ここで重要なのが、歩夢の隣の部屋に住むのが「高咲侑なのか、あなたちゃんなのか」ということ。

懐かしの絵柄

・・・・・・ねえ、ねえってば!
もしかして、まだ寝ぼけてるの?

おっと、これは懐かしい絵柄ですね。

惜しまれつつ勇退したアプリ、ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル ALL STARS と同じ立ち絵なのです。

新たな書下ろしではなく、みんなに愛されたスクスタ絵を流用してくれるなんて粋なことをやってくれますね~w

まぁきっとこれはファンサービスというやつですよ。

まさかすべてがスクスタやスクフェス2から流用されたものなわけないですよね!

ね!

そして、ここで重要なのが、ボイス付きであるということ。

スクスタと同じくフルボイスの可能性が示唆されていますね!

目がとろんとしている

わかった、ゆうべまた遅くまで作曲してたんでしょ。
目がとろんとしてるよ?

おっーーーと、制作陣、いきなりぶっ飛んだセリフを歩夢に言わせてしまったー!

「目がとろんとしている」

この表現、アウトです!w

この表現、どのようなシチュエーションで使用されるかご存知ですか。

そう、女性が男性に堕ちるときや発情しているときに使われるのです。

堕ちたあとのことはお分かりですね?

さすがニジガクの制作陣、歩夢のことをよく分かっているとは言うべきか、少々イキすぎた表現ではないかと思います。

また、この時点では誰と話しているのか分かりませんが、「作曲をしている」設定ということが分かりますね。

【悲報】高咲侑、不在か?

・・・・・・歩夢ちゃん?
ごめん、一瞬うとうとしてた

歩夢のことを「歩夢ちゃん」と呼んでいるあなた。

このことから、高咲侑ではないということがわかります。

ただし、スクフェス2のように「あなた」とは別に存在する可能性は十分に考えられます。

新しいあなたちゃん

ふふっ、あなたって昔からそう。眠たいとき、すぐ顔に出るからわかるよ。
でも、そろそろ家を出ないと

今回の「あなたちゃん」も歩夢の幼馴染のようですね。

あなたちゃんは部長

え、今何時・・・・・・って、もうこんな時間!?
部長なのに朝練に遅刻しちゃう!

あなたちゃんは「部長」であることが判明します。

そして、同じく同好会に所属していることもわかります。

スクスタと同じ設定ですね!

スクフェス2の口パク機能はなし?

じゃあ私、玄関の前で待ってるね

スクフェス2ではボイスにあわせて口が動きますが、このPVでは確認できません。

その点でも本作はスクスタと同じと言えます。

ただし、この口パクに関しては賛否両論なので、あるほうが良いのかはわかりませんが。

わかった。急いで準備して私も出るよ!

平常運行の歩夢

うん、待ってるから大丈夫だよ。
あなたと一緒に学校行きたいもん

それにしても、どの媒体でも歩夢のキャラはブレませんね。

何気ない会話なのに、ちょっとした「恐怖」を感じます。

学園内の様子

PVの最後には講堂、教室、外観、そしていつもの部室が確認できます。

今回のPVで確認できた内容は以上となります。

ほかのメンバーがどのように登場し、そしてどの媒体に沿ったキャラクター設定であるのか気になりますね!

ゲームシステムの考察・考えられる展開

PVの内容をもとに、ゲームシステムと考えられる展開を考えてみました。

以下の5点に関して解説していきます。

  • ビジュアルノベル
  • スクスタからの流用
  • スクフェス2との連動
  • アニメとの連動
  • 新曲の発表

 ビジュアルノベル

ビジュアルノベルというのは、文章を読み進めていくことを主体としたゲームジャンルです。

恐らく、スクスタから音ゲー部分を除いた内容になるのではないかと予想しています。

スクスタからの流用

PVで確認できただけでも、大部分がスクスタから流用されているように思えます。

淡々と日常パートが進むだけとは思えないので、ライブシーンも流用して使用される可能性もありそうですね。

スクスタは3Dグラフィックで唯一ニジガクメンバーをご覧いただけるアプリでした。

中にはその3Dグラフィックが好きだった方もいらっしゃるかと思いますので、そういった意味ではスクスタからの流用も楽しみですね!

せっかくさまざま衣装を生み出してくれたのですから、ぜひまた拝みたいですね!

スクフェス2との連動

これまでスクフェス、スクフェス2、スクスタはそれぞれ連動企画がありましたので、今回もスクフェス2との何らかの連動や特典があるかもしれません。

アニメとの連動

今後、劇場版として物語が展開していく虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会ですが、アニメと連動したストーリーの追加も期待しちゃいますよね。

新曲の発表

スクフェスやスクスタコラボシングルが発表されているように、今作でも連動して新曲が発表される可能性が大いに考えられます。

ですが、同時に「課金による曲の追加」も頭によぎりました。

スクフェスACが楽曲と衣装をダウンロードコンテンツにしている前例がある以上、覚悟しなければなりません。

製品情報

2024年1月14日時点で判明している製品情報は以下のとおりです。

今後の情報はブシロードゲームズ公式Xにて公開されていくようです。

ジャンルビジュアルノベル
プラットフォームNintendo Switch
発売元ブシロードゲームズ

本記事のまとめ

今回のティザーPVで確認できた内容は以上となります。

キーポイントは以下のとおりです。

  • ゲームグラフィックは「スクスタ準拠」
  • 設定も「スクスタ準拠」の可能性あり
  • 恐らくフルボイス(あなたちゃんは除く)
  • 立ち絵のみの可能性あり

テレビアニメ、劇場版OVAが終わり、いよいよ物語は劇場版の完結編へと向かう虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会。

ですが、ここに来てさらに新しい展開を見せてくれることには驚かされるばかりです。

全くもって、尽きることない希望の灯りです!

そして、可能性はAnytime 無限大ですね!

(C)2022 プロジェクトラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会
(C)SUNRISE
(C)bushiroad

[PR]世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料のターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなハマってます!

注※PCゲームのため、PCからアクセスしてください。スマホだとページが開きません。

\ まずは無料でプレイ!(PC版)/

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※PCゲームのため、PCからアクセスしてください。スマホだとページが開きません。

\ まずは無料でプレイ!(PC版) /

RAID: Shadow Legends 公式サイト