【ポケモンSV】マフィティフ(くらいつくTOD型)徹底考察・育成論

 ランク(順位) 神 Lv.13(2413
 経験値  28,722
獲得バッジ
スキルバッジ:一定の記事数に到達すると獲得開拓者バッジ:一定のカテゴリー数を達成すると獲得探究者バッジ:一定の攻略記事を投稿すると獲得分析者バッジ:一定のレビュー記事を投稿すると獲得学者バッジ:一定のまとめ記事を投稿すると獲得富豪バッジ:一定の合計PV数に到達すると獲得殿堂バッジ:総合ランキングに一定回数入賞すると獲得ランキングバッジ:月間PVランキングに一定回数入賞すると獲得神バッジ:神ランクに到達すると獲得

【ポケモンSV】マフィティフ(くらいつくTOD型)徹底考察・育成論

番犬注意

現実世界では、そういった看板を目にしたことがあるかと思いますが、ポケットモンスターの世界にもそれは実在します。

本記事では、「ばんけん」という特性を持ったまさに番犬であるマフィティフの育成論・役割対象ポケモンを紹介していますので、「んほぉ~マフィティフたまんねぇ~」「もっと知りたいなマフィティフのこと」という方はぜひ参考にしていただければと思います。

  1. マフィティフ育成論に関して
  2. 役割対象ポケモンに関して

今回の記事は5分ほどでお読みいただけるので、ぜひご覧になってみてください!

マフィティフのおすすめの型は?

  • くらいつくを生かしたTOD型

マフィティフは「くらいつく」を覚えられる数少ないポケモンです。

この「くらいつくを生かしたTOD型」がどのような型なのかを一言で表すとすれば「ハメることさえできれば100%勝てる型」でしょうか。

火力のないポケモン・起点作りのポケモンをくらいつくで拘束して以下のように立ち回ることで必ず勝つことができます。

  • 1.くらいつくで相手を逃げられなくする
  • 2.あまえるで相手の火力を下げる(ダメージに応じてねむるを使用する)
  • 3.相手のAを6段階下げたら相手を倒さないように攻撃技以外を連打する
  • 4.対戦時間終了間近で、くらいつくで拘束している相手を倒す

以上です。

マフィティフ育成論

タイプ
あく
特性
ばんけん
今回は特性「ばんけん」を採用します。
ばんけんは、特性いかくを受けないだけではなく、相手を交代させる技「ともえなげ」「ドラゴンテール」「ふきとばし」「ほえる」相手を交代させる道具「レッドカード」の効果を無効化できる特性です。
それにより、今回紹介する型のマフィティが持てる役割ポケモンがかなり幅広くなります。
種族値
H80A120B90C60D70S85
性格
わんぱく
努力値
H252B252D4
実数値
H187A140B156C72D91S105
持ち物
たべのこしねむる とあわせてHP管理を安定させることができます。
また、たべのこし発動エフェクトで時間を稼ぐことができる重要な道具です。
カゴのみあまえる で相手の攻撃を下げきるまではどうしてもある程度ダメージを受けてしまうので、最初のねむるだけはすぐに快復できるように持たせます。
ひかりのこな素眠りしている2ターンの間は行動できないので、その保険として持たせます。
テラスタル候補
ゴーストマフィティフはTODで有名でもあるので、中にはくらいつくを読まれることもあります。
くらいつくで自身も交代できなくなり、起点にされることを防ぐためにゴーストテラスタルを採用します。
くさ役割対象であるガブリアス・カバルドン・キノガッサに対してより強くなります。
技候補
物理技
くらいつく(必須)今回の型には必須の技です。
火力のないポケモン・起点作りのポケモンをハメてTODに持ち込みます。
したでなめる30%の確率で相手をまひ状態することができます。
あくまでも追加効果のために採用します。
くさわけつめとぎ とあわせて最大まで積むことで、こうげき・すばやさを最大まで上げた状態で相手の後続のポケモンと対面できます。
特殊技
バークアウトマフィティフは特殊耐久はそれほど高くありませんが、バークアウトでとくこうを下げることで、特殊型のポケモンもハメられるようになります。
変化技
あまえる相手に積み技がなければ、ほとんどの物理型のポケモンを起点にできます。
つめとぎPPが多い積み技です。
後続のポケモンに与えられるダメージが大きくなるほど、TODで有利になります。
ねむる唯一の回復手段です。
あまえる を使用することで素眠りも可能になります。
にらみつけるPPが多いため採用候補になります。
ぼうぎょを下げることで実質こちらの火力補強にもなります。

仮想敵

ポケモン解説
ガブリアス
つるぎのまい がない起点作りガブリアスは起点にすることができます。
オーロンゲ
マフィティフはあくタイプなので、すてゼリフで逃がしません。

オーロンゲのA無振りソウルクラッシュはあまえる1回で充分に受けられます。

しかし、ソウルクラッシュのPPが切れる前に急所に当たる可能性が高いので、確実に有利とは言えません。

カバルドン
初手に出てきやすいカバドンは絶好の役割対象です。

特性ばんけん によりカバルドンのほえる・ふきとばしは効きません。

【ポケモンSV】マフィティフ(くらいつくTOD型)徹底考察・育成論 まとめ

  • マフィティフの強みは、くらいつくで相手の交代を許さないこと、特性ばんけん により交代させられないこと
  • 相手の起点作りポケモン・火力のないポケモンをハメることができる
  • この戦術が通用するのは一部のポケモンに限られるので汎用性には欠ける

相手のポケモンを拘束して、お互いにただただボタンを連打するだけの虚無な時間が過ぎていくさまには思わず

「もう逃がしてやれよ」という声も聞こえてきそうですが

「絶対に逃がさない、絶対にだ」

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

ライター紹介

nnt
ポケットモンスターシリーズを中心にプレイしています。
決してプレイングは上手ではありませんが、
独自の目線と独自の構築を大切に、
ほかの攻略サイトでは読むことができないような記事を
みなさまにお届けできればと思います。