【パズル&サバイバル】ギルドに入る前・入った直後にすべきことなど

 ランク(順位) 武闘家(16379
 経験値  3,131
獲得バッジ
1つのカテゴリーで10記事1記事で1万PV25記事達成攻略記事を20記事公開

ギルドに入る前・入った直後にすべきことなど

例の動画広告のゲームでおなじみの“パズル&サバイバル”

とりあえず始めてみて、何が何だかわからない、という方も多いかと思います。

ゲームの概要については下記記事を見て頂くとして、このゲームではほとんど必須ともいえるギルドの加入。

その加入前や加入直後に、まず何をするべきか、とその操作方法を扱っていきます。

【パズル&サバイバル】広告詐欺!?実はやることが多い戦略ゲームだった

ちゃんとしたギルド入ると、ギルマスやギルドの役職者の方にまずやるべきことを、かなりさらっと言われます。

普通にできるようなら良いですが、問題は「どうやるんだろう?」と思うことを言われたとき。

さらに「これくらいのことできないの?」というノリであったりすると、聞きずらいこともあるかと思います。

それは使用言語の違うギルドに入ることで顕著に。

このゲーム、翻訳が悪いのです。。。

ギルド加入前、あるいは加入直後にやっておくべきことはある程度決まっているので、それを取り上げていきます。

  1. 初期名から名前を変更して、ギルドに加入したら周りにお引越し!
  2. アイテムが足りない場合の入手方法
  3. 良いギルドに入ろう(最重要)!

この記事は大体 5 分で読み終わりますので、さいごまで読んでいってくださいね!

お引っ越し(自動)

※上画像は、ギルド丸ごとお引っ越し中のもの。

ギルド入りたてのころだけではなく、そういう時にもこの項で紹介する操作を行います。

まずは、対象ギルドの周りに自分の避難所のお引越しをします。

cc (コントロールセンターの略称)の Lv が 8 まではギルドに加入すると、世界のマップ上で、自動的にそのギルド付近に引っ越しします。

最初の内は世界のマップを意識しないので、ギルド入ってたらなぜかギルドマスターの近くにいた、ということになるかと思います。

下記は cc の Lv が 8 以上でギルドに入った場合、手動で指定の位置にワープする方法です。

「ゲート」というアイテムを消費しますが、初期配布されており、意識しないと使わないため、持っているかと。

世界のマップで適当な位置をタップ

→タップ場所の説明がでるので、「ワープ」をタップ

→緑・赤の枠に囲まれた避難所が出てくるので、緑の枠のみとなった場所でワープをタップ

赤い枠のところは別の避難所や何らかの障害物・ゾンビなどがいてワープできない箇所に重なっています。

ゾンビは倒せば良いですが、障害物は排除できません。

名前変更

初期の名前は国名で始まる数字(例えば 500 国であれば「 S500 」)で始まるアルファベットの羅列となっています。

(例えば[ S500554f4e701 ]といった名前が初期ネームとして振られる)

これでは、ギルドの側も誰が誰だかわからないし、自分でも自分の名前がわからないので、ギルドに入る前というより、できればゲーム開始後に速やかに変えましょう。

画面左上の顔のアイコンをタップ

→ 名前のところの右端の鉛筆のアイコンをタップ

→ 出て来た画面の「使用」をタップ

→ 変更したい名前を入力して確定をタップ

★後から何度でも変えられるので、決めていない方でもひとまずは分かりやすい名前にしておきましょう

使用するアイテムの「チェンジネーム」は「ゲート」と同様に初期配布されているので、持っているはずです。

各アイテムが無い場合

ダイヤで消費で実行

各アイテムを所持していない場合、「ダイヤ」を消費することで、それぞれの操作を行うことになります。

「ゲート」はダイヤショップにて、事前に購入することもできます。

「ダイヤ」は、いろいろな用途があり、できれば消費を抑えたいものですので、緊急時以外は前もってアイテムを用意するようにしましょう。

ギルドショップでアイテム購入

ギルドに加入した後の話ですが、「ギルドコイン」というもので買い物ができるギルドショップというものがあります。

ここでも、ダイヤショップと同じようにアイテムを購入することができます。

「ギルドコイン」ものちのち必要になる場面が多いので、出来れば消費を抑えたいところ。

イベントで入手

今使いたいが無い!という場面では難しいですが、失うものなく入手できるのは嬉しいところ

「ゲート」については、イベントで入手して貯めていくことができます。(「チェンジネーム」はイベント報酬で入手できません)

後々、いろいろな場面で使うことになるので、序盤にイベント報酬などで取得し、複数あるからといって、無駄遣いはしないように!

課金で購入

かなり避けたい選択です。

基本的には「ダイヤ」を課金で購入して、それを消費して実行(または購入)することに。

それ以外にも、いくつかの「ゲート」を直接課金で購入(※)できる方法もありますが、個人での購入は基本的に避けるべき。

※課金で購入できる「ギルドお引っ越しパック」というものがあります

課金する・しないについては課金姿勢次第ではありますが、するにしても、課金でしか買えないものから買いましょう!

ギルドの言語の確認

自分が使用できる言語を使うギルドに入ろう

極論、このゲームはチャットが主体で、共通の話題としてゲームが提供されている、と言っても過言ではありません。

ですので、ギルドに加入時は、主要言語が自分のネイティブレベルで使える言語、この記事を見ている方であれば『主要言語:日本語』となっているギルドを選びましょう。

もちろん、別の言語を使える方であれば、その使える言語でも。

確認方法は、ギルド公開情報の下記に主要言語の記載があります。

そのギルドが活発にチャットなどをしそうか?

自分のプレイスタイルに合っているか、なども合わせて確認し、楽しめそうなギルドを選ぶようにしましょう!

もし使える言語を使用するギルドが無かったら

言語をそのギルドで使う言語に適宜変更しましょう!

「画面右下のその他 – 設定 → Language 」で言語選択画面を開くことができます。

日本人プレイヤーはそこそこ多く、日本語を使うギルドはそれなりにある印象です。

ただし、国によってはほとんど無かったり、あったとしても、入りたくないギルドであったり、などあると思います。

探しても日本語を使用するギルドが無い場合、別言語でも強いギルドに入って、育って移民チケットを入手してから移民する、という手があります。

別言語を使用するギルドに入った時に、少しでも言語の問題を緩和するため、「良くわからない単語があるな」と感じたら、使用言語を都度都度そのギルドで使われている言語にすることは重要です。

特に、ゲーム内用語は日本語と日本語を英語に翻訳をしたものが全く合わない!

英語であればある程度わかるはずの私が、英語を使うギルドに入った時、意思疎通がうまくいかなかった理由がこれです。

さいごに

他の記事でも書いてますが、重要なことは良いギルドを見つけることです!

今回、各アイテムの使い方、入手方法などを書いていますが、良いギルドでしたらここら辺のことは、丁寧に教えてくれるところ。

対応が怪しかったり、いきなりやたらと厳しかったりで、『合わないな』と思ったら、ためらわず脱退して、別のギルドを見つけるようにしましょう!

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト