【太閤立志伝5DX】エンディングを出そう!!(武士系エンディングあれこれ)

さいしょ の あいさつ

皆様ご機嫌よう、【ハリマヤホンポ。】でございます。

さて、太閤立志伝の花形はなんといっても武士でございます。

無論、他の道も選べるのが太閤立志伝の醍醐味というべきかもしれませんが、太閤立志伝の過半は武士で出来ています。

何せ、39あるエンディングの7~11は武士が絡んでいますし、さらに言えば主人公札の、少なく見積もって半分以上は武士に所属します。

故に、武士系のエンディング出すために周回するのが、最も効率の良い攻略方法なわけですな。

一応、商人や海賊、忍者などもきちんとモブではあるもののライバルキャラクターや、主人公札を持っていない有象無象が存在するわけですが……。

やはり武士というものはライバルキャラクターも主人公札を持っている通り、根本的に花形枠です。

よって、本記事ではその「武士」系のエンディングの分類分けを行い、どういうプレイをすればどういうエンディングを迎えるかを、解説したいと思います。

と、いうわけでザックリリストと読了目安時間はこちら!

  1. 300年の平和
  2. 200年の厳格な統治
  3. 150年の爛熟
  4. 100年の緩やかな統治
  5. 80年で乱世
  6. 闇の王様の傀儡
  7. とても恐ろしい何か
  8. 示弱からの地方統一
  9. 風流に生き引退
  10. 追放される大名
  11. 主君の片腕として

読了目安時間は6~7分を考慮させていただきたく存じ上げます。

それでは、今週もよろしくお願いいたします……。

そもそも、エンディングはどういう条件で分かれるのか

まず、武士系のエンディングは統一系と非統一系で分かれます。

と、いうのも、武士系のエンディングは何も斬った張ったをして一将功なりて万骨枯るだけではありません。

例えば風流人となって悠々自適の楽隠居生活を送ったり、君主の片腕となることを誓ったり、あるいは家臣から諫言の末に叩き出される(?)こともエンディングとして登録されております。

あと、厳密には武士身分ではないので今回は略しますが、宿敵と丁々発止をして勝ったり、なんて場合もエンディングリストに載っているのでやってみるのも一興かと。

とはいえ、やはり花形中の花形と言えば、天下統一物語なのは明々白々なわけですから、当然のようにエンディングも豊富に分かれております。

その中でも、やはり花形中の花形と言えるのが以下のエンディングでございましょう。

三百年の平和、その名も垣屋時代。

とはいえ、このエンディングは大名でないとまず達成は不可能で、というのもあまりにも多くのフラッグを処理する必要がございまして。

ヒントだけでも、以下の難条件を達成せよと注文がつく有様。

具体的な数値は伏せてあるものの、これを配下身分で調整して達成するのは至難の業。

具体的な数値はリメイク前の太閤立志伝Ⅴの攻略本、その名も「太閤立志伝Ⅴマニアックス」に記載されております。

そして、これを配下身分のまま達成できた場合、太閤立志伝の武士プレイを極めたと言っても過言ではないでしょう。

特に厄介なのが下の2項目で、一揆の防止や居城の住民安定度の調整などは、プレイヤーキャラクターが城主国主になった場合、かなりアクロバティックな解決方法を見出さない限り難しいかと。

じゃあ独立すればいいじゃん、とか思う方もいらっしゃるかもしれませんが、謀反した場合悪名がかなり上がる上に……。

統一した過程によっては悪の称号札がつくのでその時点で書いていない隠れ条件に抵触するわけで、不可能となります。

ちなみに、悪名が高かったり悪の称号札が付随した場合は以下の条件下のエンディングになります。

通称、徳川幕府エンディング。 二百年の平和は怨嗟と共に。

いわゆる、史実の江戸時代はこの扱いとなります。

残念ながら、当然の扱いかと。

ちなみに、条件はこちら。 巨大な町や一揆が無いと、なんとか長期政権を保てるらしい……?

……それを「平和」と取るかどうかは、さておいて。

他にも、こんななんか穏健そうなエンディングもあれば……。

ゲームの内部時間は概ね、1549年10月1日~1620年12月30日(太閤立志伝Ⅴのゲーム内部時間は12月制の一律30日制)までなので、だいたい1720年以降に新時代になる、という勘定でしょうか。

あんまり見たくないエンディングも存在したりする(汗)

基本的に、統一しないままエンディングを見ようと横着をすると、ろくでもないエンディングになる傾向がございます。

他にも、エンディングはありまして、条件は若干簡略化した説明にはなりますが、紹介しておこうと思います。

バッドエンディングその2、実は忍者のエンディングと表裏一体と言える。

と、申しますのも、忍者エンディングの一つに「影から統一勢力を操る」というのがありまして(もう一つは全部の忍術を覚える)、具体的なスチル・キャプション等は伏せますが、そのエンディングではまさに「忍者が裏で暗躍して天下を動かす」的ななんかそういうのになるわけですな。

ちなみに以下の画像がその条件。

ちなみに今更ながら、忍びの里や海賊の砦などは町同様に武士にとってはただの通過ポイントなので、天正伊賀の乱的なことをイベント以外のノーマルプレイでやろうと思っても不可能です、念のため。

忍者や海賊は城を攻めることはできるんですけどねー。

バッドエンディングその3、これだけは避けよう。

悪の称号札があるまま、漫然と天下統一を行うと外圧でえらいことになるので、悪の称号札を入手してしまった場合、きちんとした手順で天下統一には細心の注意を払いましょう。

そしたら、上の「徳川幕府エンド」までならば目指すことができます。

なお、悪の称号札を入手していない場合、寺に献金しまくれば悪名は短期間で低減させることも可能ですが……、宗教勢力保護などのロールプレイを重視するのでなければ、バカバカしいので悪名を未然に防ぐプレイを目標といたしましょう。

攻め寄せるときに攻める勅許がなかったりするだけでも、悪名は上がってしまいますのでご注意を。

他にも、こんなエンディングもあります。

例えば、150年間、政治が腐敗しつつも経済的発展を遂げ、最後には政治的首座を商人らしき影に明け渡す的なエンディングもあれば……

ちなみに条件はこちら。

武士エンディングでも、天下統一を経ないままなので流亡の章こそ出ませんが、一度は狙ってみたい「地方統一」イベントによるエンディングリストへのカウントワンもございます。

ちなみに条件はこちら。

他にも、統一事業には関係ないとしても武士身分限定によるイベントはちらほらございます。

例えばこんなのとか。

偉い身分になって軍神札と大量の合戦札、そして多少高級な兵法書があってようやく成立するエンディング

他にも、無能で悪辣な大名が酒を飲み続けると迎えてしまう「主君押籠」なんてのも存在します。

条件はこちら。

他にも、風流に生きる人間になることで隠居する代わりに乱世とはもう関わらずに朝廷の庇護のもと平穏に暮らせるエンドなんてのも……

ちなみに、「細川藤孝」という武将だけは隠居しなくていいらしい、なんでさ。

と、いった感じで、武士プレイを露骨に避けた場合、特に武士で天下統一を一切やらなかった場合、エンディングリストとしては一応30以上は達成(ちなみに、した場合は初期に札を5枚つけることができる)できますが、中々に厳しい条件と言えましょう。

と、いうわけで、以上が武士系エンディングのあれこれでしたが、反響が大きいようならば詳報も記述するかもしれません。

……反響が大きければ(指標:PV数)、ですが(汗)

さいご に ひとこと

さて、今回は武士系エンディングというものは天下統一や地方統一などの統一目標系のエンディングが合計八種類、それ以外で武士身分でないとエンディングを見ることができないものが三種類あることを確認いたしました。

以後、武士エンディングを短編連載の形で一つ一つ細かく見ていくのか、それとも一旦それから離れて忍者や海賊、商人などの勢力系のエンディングを見ていくかは反応次第となりますが……。

PV数グンと伸びて好評なようならば武士エンディングを見ていきたいと思います。

それでは、今週はこの辺りにいたしましょうか……  ではでは。

ライター紹介

キャラゲッ!編集部
キャラゲッ!編集部
最新作からレトロまで、ゲームをご紹介!
ゲーム大好き集団「キャラゲッ!」編集部が書いた記事になります。