【ウマ娘 プリティーダービー】他のウマ娘と相性補正抜群!グラスワンダーの育成論

 ランク(順位) 神Lv24(2384
 経験値  14,494
獲得バッジ
まとめ記事を10記事公開レビュー記事を10記事公開攻略記事を10記事公開1記事で1万PV100記事達成10カテゴリーの記事公開1つのカテゴリーで10記事10週連続記事公開

他のウマ娘と相性補正抜群!グラスワンダーの育成論

今大人気の育成ゲーム「ウマ娘 プリティーダービー」の育成論を掲載していきます。

今回のキャラはコチラ!

『グラスワンダー』です。

グラスワンダーは差しタイプなので、育成は結構難しいと思います。

そこで、今回は初心者の人でもURAファイナル優勝出来るというのをテーマに攻略していきます。

グラスワンダーは他のウマ娘と相性の良い組み合わせが多いので、他のウマ娘を育てていく上でも、良い土台になっていきます。

ぜひこの記事を見て優勝目指してください!

  • 継承とデッキ編成と仕方
  • 勝ちやすいおすすめレース
  • URAファイナルの戦い方

この記事は5分で読み終わりますので、最後まで読んでいって下さい!

継承は最初は難しく考えなくてOK

継承はこのゲームにおいて最重要要素の一つですが、最初から難しく考えなくても大丈夫です。

最初は相性の良いウマ娘同士を組み合わせていきましょう

グラスワンダーと相性の良いウマ娘一覧
・スペシャルウィーク
・サイレンススズカ
・エルコンドルパサー
・ウオッカ
・ダイワスカーレット
・ナイスネイチャ
・メジロライアン

この辺を組み合わせておけばOKです。

グラスワンダーは中距離適正がBしかありません

ここを継承でAにしておかないと、かなり最後までいくのは大変なので、必ずAにしましょう。

中距離同士の継承をすればいいので、そんなに難しくないと思います。

もし自分のウマ娘だけじゃAに出来ない場合、レンタルを活用しましょう。

レンタルは、自分のフォローした人の代表ウマ娘が出てきます。

色んな人をフォローして、相性の良いウマ娘を探すのは非常に大事です。

デッキはパワータイプ中心で

次にデッキの組み方です。

グラスワンダーのステータスにおいての育成の重要度はこんな感じです。

パワー>>スピード>スタミナ>賢さ>>>>>根性

差しが得意なグラスワンダーは、パワーを上げないと成績が安定しません

この2枚は出来ればどっちかは欲しいです。(持ってない場合はフレンド枠も活用していきましょう

オグリキャップ・・・差しスキルとやる気ボーナス60%が強力
ウオッカ・・汎用性の高い差しスキルが豊富

他に入れておきたいSSRはこんな感じ

スーパークリーク・・・回復最強スキル『円弧のマエストロ』持ち
駿川たづな・・・やる気、回復等イベントで回復出来る
ファインモーション・・・練習上手、右回り〇が使いやすい

SRだとこんな感じ

キングヘイロー・・・現状SR最強。グラスとの相性も〇
ミホノブルボン・・・パワー型で珍しいコーナー回復〇持ち
マチカネフクキタル・・・スキルpt獲得量が段違い

上記のカードを全然持ってない場合、基本的にはパワータイプを中心に編成しましょう。

もう1つ大事なことは、このゲームは状況によってはSSRより強いSRが強かったりします。

例えばグラスワンダーの場合、SSRのツインターボを入れるより、SRのキングヘイローを入れた方が絶対に良いです。

もし持っていた場合は積極的に入れていきましょう。

序盤は勝ちやすいレースを狙っていこう

では育成を始めていきます。

まず選択肢イベントについてですが、出来るだけ覚えて、必要なステを補完していきましょう。

覚えてない場合は基本上安定です。

トレーニングにも優先度があります

通常時トレーニング優先順

パワー>>>スピード>スタミナ>賢さ>根性

サポート右上のサポートキャラがあまりにもよってない場合、パワーが最優先です。

しかし夏合宿中は全然違います。

夏合宿トレーニング優先順

賢さ>スピード>>スタミナ>>>>パワー>根性

これは夏合宿中はトレーニングLvが一時的最大になっているため、Lvの低いトレーニングを優先するということです。

しかし体力の減りも激しいため、基本的には賢さ中心でトレーニングしましょう。

グラスワンダーの目標一覧

まずジュニア級ですが、メイクデビューと朝日杯FS以外は目標がありません。

もしメイクデビューで朝日杯の出走条件を満たした場合、他に何も出走しなくていいと思います。

ひたすら育成しましょう。

次にクラシック級

クラシック級は日本ダービーまで目標はない

日本ダービーまでのおすすめレース
・クイーンC
・スプリングS
・青葉賞
・京都新聞杯
・フローラS

この辺は出走人数が少ないので(特にスプリングS)、かなり安定します。

個人的なおすすめローテは

スプリングSまでひたすら育成→NHKマイルC→日本ダービー→ジャパンC→有馬記念

余裕があれば皐月賞も出ていいと思います。

ただ理由は後述になりますが、中距離レースよりマイル中心のローテの方が良いです。

シニア級はG1出まくり!

シニア級の春は、グラスワンダーの得意なG1が多いです。

シニア級おすすめローテ

大阪杯→Vマイル→安田記念→宝塚記念

順調に来ていれば全部勝てます。(鬼ローテ?関係ありません)

スタミナ育てないと有馬記念1着が難しいのでは?という意見もあると思いますが、スタミナはDくらいでも有馬記念は意外と余裕です。

ファイナル前にスキルチェック!

まずURAファイナルは、自分の出走したレースの系統によって、距離が変わってきます。

グラスワンダーはマイルが一番安定するので、出来るだけマイルのレースに多く出るようにしましょう。

次にスキルを一気に振っていきましょう。

『乗り換え上手、好転一息、独占力』

上記のスキルは優先した方が良いです。

さらに、URAファイナルは人気薄になることが多いので、伏兵〇がかなり強いです。
もし継承とかで持っていた場合、必ず覚えさせましょう。

伏兵〇を持っているSR以上サポートカード

コンティーニューですが、レースはかなり運にも左右されます。

コンティニューは出来るだけURAファイナルまでとっておきましょう。

もし途中で失敗した場合、時計も勿体ないので、やり直してもいいと思います。

さいごに

お疲れさまでした。グラスワンダーは出走出来るG1が多いので、レジェンドも難しくない方だと思います。(作者の初レジェンドウマ娘です)

ウマ娘は逃げの方が勝ちやすいと言われていますが、勝った時の気持ちよさは断然差しです!

グラスワンダーはレースの見ごたえもじゅうぶんなので、しっかりレースを見ることをおすすめします!

【ウマ娘】駿川たづなはいらない!?たづな必要論と不要論を徹底解説!

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト