【Apex Legends】チャンピオンをとれ!1位を狙いやすいレジェンド構成とは?

ライター名  キャラゲッ!編集部
現在のランク 冒険者(強)
現在の経験値 923

チャンピオンはレジェンド構成で取りやすくなる!?

みなさん、Apex Legends 楽しんでいますかー!

今や世界的大人気ゲームとなっている Apex Legends ですが、「バトルロワイヤル」というジャンルの性質上、やはり「チャンピオン」(1位)を獲ってこその喜びや楽しさがありますよね?

ただ、始めたばかりの初心者の方は何を意識したらいいのか、何を変えたら勝てるようになるのかがイマイチわからないと思います。

この記事では、チャンピオンを獲るために意識するポイントの中で「チームのレジェンド構成」について解説していきたいと思います!

  • レジェンドの役割を把握し、組み合わせる!
  • レジェンド構成でチャンピオンのとりやすさは変わる!

この記事は5分で読み終わりますので、さいごまで読んでいってくださいね!

チームプレイで求められる役割について

組み合わせの解説をする前に、チャンピオンをとることを意識したチーム内の役割を解説していきたいと思います。

Apex Legends のレジェンドは全部で17種類います。(シーズン9時点)

レジェンドごとに違った特徴があり、試合中にできることがそれぞれ違いますが、「チャンピオンをとる」という一つの目標を掲げた場合は、

ある程度やらなければいけないことが絞られてきます。

1.敵の位置を把握する

Apex Legends は3人1チームの60人20チームで行われるバトルロワイヤルゲームです。

その性質上、戦闘せずにチャンピオンをとるということはほぼ不可能です。必ずどこかの場面で戦闘が起こります。

では、その戦闘を有利に進めるためになにが重要かというと、

「敵の位置を常に把握する」これに尽きます。

初心者にありがちな死に方の1つに、「どこから撃たれたかわからないまま死んだ」「気づかないうちに挟まれてて死んだ」というのがあります。

これは、敵の位置を把握できれば未然に防げる負け方であり、逆に、相手を上記の死に方に追い込むこともできるようになります。

では、敵の位置を把握しやすい初心者におすすめのレジェンドは何かというと、下記の通りになります。

(おすすめ順)ブラッドハウンド、クリプト、ミラージュ、ヴァルキリー

特に「ブラッドハウンド」が初心者にも扱いやすく、能力もシンプルかつ分かりやすいです。

このように、アビリティを使うことで数秒間敵がハイライト表示され、味方も同じように確認できるため、戦闘を有利に進めることができます。

2.安置の把握と早めの安置移動

Apex Legends では、ゲーム開始から数分すると円形のダメージエリアがマップ端から徐々に迫ってきます。

円形の外側を「円外(えんがい)」、円形の内側を「安置(あんち)」と言います。(人によって言い方は変わるかもしれません)

初心者にありがちなプレイとしてなかなか安置内への移動をせず、長々と円外での戦闘を行い、結果ダメージエリアに飲み込まれ、

ダメージ回復を余儀なくされるということが起こります。例えダメージエリアに飲み込まれなくても、遅れて移動した結果、

安置の端っこで待っていたパーティに倒されるといったことがよくあります。

ある程度Apex Legends に慣れてくると、マップのどこに安置が寄るのか予測できるようになりますが、

もっと手っ取り早く安置を把握する方法があります。それが「調査ビーコン」です。

調査ビーコンはマップの各地に設置されており、マップを見ることでその位置を確認することができます。

これを使うことにより、次の円の場所を知ることができます。調査ビーコンは全レジェンドが使えるわけではなく、下記のレジェンドが使用可能となります。

ブラッドハウンド・パスファインダー・クリプト(ドローン)・ヴァルキリー

次の安置を早めに知ることができるため、安置を知らない他の部隊より早く移動ができ、強いポジションを先に確保することができます。

3.強いポジションを守り切る

安置への早めの移動で、強いポジションを確保したはいいけど、敵に攻められたときに守り切れなくて負けてしまう!

なんてことも、初心者によくあることだと思います。

そこで、強いポジションを守りやすいレジェンドを紹介します。

(おすすめ順)ジブラルタル・コースティック・ワットソン・ランパート

ジブラルタルは、遮蔽の少ない場所でもスキルを使うことにより、場所を問わずに遮蔽物を作成できますし、

ダウンした味方の蘇生や、倒した敵の確殺も安全に行うことができます。

また、建物内で特に有効なのがコースティックです。このレジェンドは、相手にのみダメージを与えるガスを充満させるトラップを

最大6つまで設置でき、さらにはULT(ウルト)で広範囲のエリアに毒ガスをばらまくことができます。

これにより、仮に味方がダウンさせられても、ガスを置くことで敵は容易に詰めることができず、復活から回復まで安全に行えるようになります。

コースティック活用動画

4.高い機動力を用いた複数の射線

先ほども書きましたが、Apex Legends はよく戦闘が起こるゲームです。

その戦闘中、ただ目の前に現れた敵を撃ち続けるだけでは、気づいたら味方がダウンしていたり、敵2人から囲まれていたりと、

なかなか戦闘を有利に進めることができません。

戦闘を有利に進めるうえで上級者が常に意識していることがあります。それが「射線(しゃせん)」です。

このように、敵に対して複数の射線を通すことにより、より有利に戦闘が進められます。

もちろん、どのレジェンドを使用していても意識しなければいけないことですが、初心者にとって使いやすく、機動力の高いレジェンドが下記になります。

(おすすめ順)レイス・オクタン・パスファインダー・バンガロール

これらのレジェンドは、新たな射線を作る際にも、そこから離脱する際にも高い機動力を持って動くことができるためおすすめとなります。

射線を作る動きの例

5.ピンチからの安全な離脱

Apex Legends をプレイしていると、複数の敵に囲まれたり、ダメージエリアに阻まれて安全な移動ができないという場面が起こりえます。

これはいくら意識して移動していても、不意に起こりえる事象です。

では、そういう時にどうやって生き残るか、生き残る確率を上げるか。

その一つの方法として、シンプルにその場所から離れることです。

それができたら苦労しないよ!

と思う方も多いかもしれません。確かに難しいことではありますが、その確率を少しでも高めるレジェンドたちがいます。

(おすすめ順)レイス・オクタン・ヴァルキリー・パスファインダー

レイスの「ポータル」やオクタンの「ジャンプパッド」、ヴァルキリーの「スカイハイダイブ」とパスファインダーの「ジップラインガン」がこれにあたります。

これらを活用して、うまいこと危険地帯から離脱し状況を整えましょう!

チャンピオンのとりやすいレジェンド構成

それではいよいよ本題の「チャンピオンのとりやすいレジェンド構成」について触れていきます。

先ほど解説したチャンピオンをとるための役割をもとに組み合わせていくことになります。

初心者に筆者が最もおすすめする構成が、

レイス・ブラッドハウンド・ジブラルタル

です。先ほどの解説の役割をこの3人ですべてこなせる上に、それぞれのレジェンドが使いやすいスキル構成であるため、

初心者の方でも動き方がわかりやすいです。

レイスは、「機動力を活かした積極的な射線づくり」「窮地から脱出するためのポータル」

ブラッドハウンドは、「スキルを活かした索敵」「味方への敵位置情報共有」「ウルトの機動力を活かした前線能力」

ジブラルタルは、「スキルを活用した強いポジションの確保、維持」「スキルを使い、いざという時に遮蔽を作る」「ウルトでの攻撃・防御」

これらの役割をそれぞれがこなせれば、部隊として比較的安定した動きができ、チャンピオンをとることもできるはずです!

組み合わせを変えるとするなら、今まで解説してきた役割をこなせる他のレジェンドに切り替えて戦うのも1つの手ですね!

さいごに

Apex Legends はチャンピオンをとる以外にも様々な楽しみ方、遊び方が存在します。

あえてよくわからない組み合わせのレジェンド構成でチャンピオンを狙ったり、

自分の使いたいキャラをひたすらに使い続けたりと、楽しみ方は人それぞれです。

それゆえに、筆者の解説をみて「いやいやこんなことしなくても楽しいよ!」と感じる方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、もし始めたばかりの方なかなか勝てなくてどうしたらいいかわからない!という方の役にちょっとでも立てたら幸いです。

Apex Legends はパソコン・PS4・Xbox One・Nintendo switch にて無料でプレイできるバトルロワイヤルゲームです!

それぞれプレイする機器が違くても、一緒遊ぶことができるゲームなので、周りの知人・友人を誘って遊んでみてはいかがでしょうか!

「Apex Legends」シーズン9 ランク分布率解説