シア

【Apex Legends】シアの使い方・立ち回り解説

 ランク(順位) 冒険者(63377
 経験値  928
獲得バッジ

ブラハに次ぐ索敵キャラ!アンブッシュアーティスト「シア」!

シーズン10「エマージェンス」にて追加されたレジェンド「シア」皆さんは使っていますか?

実装当初は、戦術アビリティに10ダメージの判定があり、四方八方から10ダメージを受け「とても凶悪だ……」と思っていたら、その後の調整で10ダメージが無くなったりしました。

索敵キャラといえば「ブラッドハウンド」(以下、ブラハ)みたいなところがありますが「シア」にはブラハとは、また違う索敵能力があります!

この記事を読んで「シア」の強み、ブラハとの違いや、立ち回りなどを知ってもらえると嬉しいです。

  1. シアってこんなレジェンド!
  2. シアとブラハでは大きな違いがある!
  3. シアならではの行動妨害で戦況をより有利に!

この記事は5分で読み終わりますので、最後まで読んでいってくださいね!

シアの設定・背景

シア_アビリティ

シアの設定です。

本名オビ・エドラシム
年齢26
故郷ボレアス
戦術アビリティフォーカス・オブ・アテンション
パッシブアビリティハートシーカー
アルティメットアビリティショーケース

私的!シアのストーリー解説

シアが生まれてくる時に、シアは災いをもたらすと予言されます。

シアが生まれた夜、故郷のボレアスの近くにある惑星に流星群が激突します。

予言どおり、災いが訪れたたことにより、シアことオビは、周りの人々から災いの子と言われ嫌われたり、「目が合えば破滅が待ち受ける」など言われて孤立します。

しかし、両親はシアが生まれ持った豊かな感受性・天性の才能に気づき、一心に愛情を注ぎこみます。

そんな両親の愛情を注ぎこまれたシアは、大きくなりアリーナ(APEX に実装されているモードとは別)に美を感じます。

アリーナに興味を持つシアですが、両親は変わらずに支え続けます。アリーナであればシアの才能を発揮、表現できると信じて。

アリーナへの参加当初、観衆はシアに対して「なんだこいつは?」と懐疑的だったものの、シアが勝利を重ねステップアップしていく内に観衆は魅了されていきます。

なぜ魅了されたのか?シアのように過去、虐げられたり、周りから避けられ、孤立してきた人々が自身の姿をシアに投影し始めたからです。

魅了された観衆達は次第に数を増やし、シアの戦いは群衆で溢れかえります。

……このような経緯があり、シアはAPEXゲームに参加します。

なぜAPEXゲームに参加したのか、シンジゲート(APEXを運営している団体)とシアはどのようにして関係性を持ったのか?など、明確に描かれていない部分はありますが、恐らく、アリーナでシアが絶対的な王者となり、その評判を聞いたシンジゲートがシアにコンタクトを取ったのではないかと思われます。

APEXに参加した経緯は今後、ゲーム内で多くが語られるかもしれないので、要チェックです。

いじめられっ子が、両親からの愛情を受け取り才能を開花させ、とあるコミュニティで成果を挙げ、周りの人々は彼に魅せられていく……。

APEXゲーム参加前に殺人を犯したり、両親の仇を討つために参加した人など、一風変わった人間性を持ったキャラクターが多いAPEXですが、シアは間違いなく聖人枠ですね(笑)

続いては、お待ちかねの基本能力を紹介!

シアの基本能力

結論から言うと、索敵特化のキャラクターとなっています!

戦術アビリティ:フォーカス・オブ・アテンション

・クールタイム:30秒

・距離:射程75m直径約10m

戦術アビリティボタンを押すと、シアの前方にマイクロドローンが展開されます。

敵がマイクロドローンの範囲に当たると、妨害効果(回復、蘇生、能力使用)を受け、追加効果で8秒間、マーキング効果(位置が分かる)が付与されます。

マーキング効果+妨害効果の強力な戦術アビリティです!

アビリティを撃つタイミングとしては、以下のシーンです。

  • 敵を激ローにした時(かなりのダメージを与えたとき)
  • 後述するアルティメットで敵を検知した時
  • 蘇生音が聞こえた時

パッシブアビリティ:ハートシーカー

検知距離:75m

ADS時に、敵がいると心拍音を検知する事ができます。

このアビリティを使うことにより、一方的に敵の位置を把握することができますが、注意点があります。

ハートシーカー使用時に、シアの近くで「フォー-」という音がします。この音は味方はもちろん、敵にも聞こえるのでハイドしている時にうっかり使ってしまい、敵に見つかる!といったような事がないように気をつけましょう。

パッシブアビリティ:リコン

マップのあちこちにある調査ビーコンをスキャンすることで、次のリングの場所が特定できます。

シアの他に、調査ビーコンをスキャンすることができるのは、ブラッドハウンド・パスファインダー・クリプト・ヴァルキリーになります。

疑似ウォールハック!アルティメットアビリティ:ショーケース

検知距離:35m

展開時間:30秒

クールタイム:2分

アルティメットを使用すると、シアが胸にあるハートチャンバーを手に取り、前方にドローンを投げ出します。

投げ出されたドローンは地面にぶつかった後、球体の網を展開し、「走る・銃を撃つ」行為を行った球体の網内にいる敵の位置が、味方全員に共有されます。

壁や障害物を貫通する性能で室内にいても位置が分かるため、屋外でアルティメットを使うよりも、室内にいる敵に対して使った方が効果的です。

しかしながら、コースティックやワットソンなどの設置系アビリティ(ガス缶やフェンス)は検知されないため、罠があるかどうかクリアリングをする必要があります。

ちなみに、ドローンの耐久値は120で、敵に壊されると効果が終了するため、敵に壊されにくい場所(軒下や部屋の隅など)に設置するのがオススメです。

ブラッドハウンドとの違い

索敵系レジェンドといえばブラハがいますが、シアとブラハの違いについて少しだけ紹介します。

結論から述べると、「ブラハは全体的な敵の把握+火力UP」「シアは敵の行動妨害+一方的な索敵」です。

ブラハの強み・弱み

強み

・ボタンを押すだけ(スキャンするだけ)で全体的な敵の位置を把握することができる。

・アルティメット「ハンティングビースト」を使うことにより、移動速度が上がり対面有利に持ち込める

弱み

・スキャンをすると、自分の位置がバレてしまう。

・アルティメット「ハンティングビースト」使用中は、呼吸音と見た目で自分の位置が相手に分かりやすくなる。

シアの強み・弱み

強み

・パッシブアビリティを使うことにより一方的な索敵が可能。

・戦術アビリティを回復・蘇生中の相手に当てれば、大きなアドが得られる。

・アルティメットを壊されなければ一方的に敵の位置情報が分かる。

弱み

パッシブアビリティでの、敵の位置は自分しか分からない。

・パッシブ、戦術アビリティ共に慣れが必要。

・アルティメットを使うと、漁夫を呼んでしまう場合がある。

シアの立ち回り

先述した通りシアは索敵と行動妨害を持ち合わせているレジェンドです。

そのため、味方と共に行動しながら索敵し、戦闘時には、味方もしくは自分が大ダメージを与えた敵にパッシブアビリティを使用し、フォーカスを合わせて一人を確実にダウンさせる。

人数有利になったら、アルティメット「ショーケース」を展開し、敵の位置を味方に共有しながら、有利な状況を作り出して追い詰める立ち回りがいいでしょう。

シアでやってはいけない立ち回りとしては、索敵もせず、敵がいれば味方の位置を確認せず、突っ込むプレイスタイルはNGです。

少々オーバーに書きましたが、ブラハと違い移動速度が上がったりする能力は持っておらず前線に出過ぎた場合、味方の元へ逃げることが難しいレジェンドです。

味方と共に行動しながら、じわじわと対面有利を作り出していきましょう。

オススメの武器構成は?

まず初めに、試合を行うマップやシーズン毎によっては武器構成が変わってくるため、具体的な武器名については控えさせていただきます。

味方と共に行動するシアにオススメな武器構成は「中近距離構成(AR+SMGorSG)」です。

パッシブアビリティで索敵し、撃てそうな敵がいれば中距離からARで敵を削り、戦術アビリティやアルティメットを使いながら、距離を詰めます。

距離を詰めた後は、SMGorSG(自分の得意な武器でOK)を使い、近距離戦を制す……という流れ。

近距離時のアドバイスですが、ADS時に敵のいる位置が分かるので、置きエイムがオススメです!

まとめ

実装当初は「ブラハより強い!」と騒がれ、猛威を奮っていたシアですが度重なるナーフにより、現在のピック率はかなり低くなりました。

しかしながら、唯一無二の索敵・妨害の能力は非常に強力なため、シアの能力理解が深い人が使えば、ブラハよりも強いキャラクターだと思います。

戦術アビリティの当て感や、当てるタイミング(激ローの敵がシールドバッテリーを使うタイミングなど)を掴んでいけば、キャラクターの成長と共にプレイヤーの成長も実感できるキャラクターです!

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

ライター紹介

タナカ
タナカ
ゲームとは無縁だったものの、アラサー目前にして「Apex Legends」を見つけ、周りが引くレベルで「エペ沼」にハマる。他FPSを試すも、APEXのスピード感が好きでAPEXに何度も舞い戻る。
「ユーザーファースト」を心掛けて記事を執筆しています。