ワットソン

【Apex Legends】ワットソンの使い方・立ち回り解説

 ランク(順位) 戦士(65384
 経験値  1,367
獲得バッジ

守り勝つ!防衛のプロ「ワットソン」!

シーズン2から参戦している「ワットソン」の紹介です。

昔の競技シーンでは、どのチームも「ワットソン」を構成に入れたりと猛威を奮っていました。

現在の競技シーンでは「ワットソン」の代わりに「ジブラルタル」が編成に入ることが多いですが、高所や建物などの強ポジを更に強ポジへ昇華し「要塞化」することができるレジェンド!

見た目も可愛らしく、愛用している方も多いのではないでしょうか?

  1. ワットソンってこんなレジェンド!
  2. フェンスの基本的な貼り方!
  3. パイロンについて!味方への弊害に注意!

この記事は5分で読み終わりますので、最後まで読んでいってくださいね!

ワットソンのデータと基本能力

ワットソンの能力詳細

結論から言うと、防衛特化のキャラクターとなっています!
敵を攻撃したり、素早く移動することができないため、FPS初心者には使い辛いかもしれません。

本名ナタリー・パケット
年齢22
故郷ソラス
戦術アビリティ周辺セキュリティ
パッシブアビリティ天才のひらめき
アルティメットアビリティインターセプターパイロン

戦術アビリティ:周辺セキュリティ

最大設置数:12個

一度に保持できるノード数:4個

ダメージ数:20

耐久値:25

戦術アビリティボタンを押すと、ワットソンが手を広げてノードを設置するモーションを行います。

視点移動と共にノードを置く位置を指定でき、ノードの根本が青色であれば設置ができ、ノードの根本が赤色だと設置ができません(設置中のみ表示されるUIでも確認ができます)

また、このノードは1つ置いただけでは効果を発揮しません。

ノードとノードを線上に結ぶことによって、フェンスとして出現し効果を発揮します。

「フェンス」を敵が通った際は下記のようなデバフ(不利な症状)がかかります。

  • 視界不良・移動速度低下・20ダメージ

さらに、敵がフェンスを通る、壊した時にはワットソン含む自チームに通知され、まさに周辺セキュリティと言える能力です。

パッシブアビリティ:天才のひらめき

アルティメット促進剤をインベントリ(バックパック)1枠あたり2個持つことができ、促進剤を使用した際、どのパーセントからでも、アルティメットのゲージが100%に到達します。

すぐにアルティメットを用意する時はもちろん、味方に促進剤を渡し、戦況を有利に進めることも可能です!

自チームにワットソンがいる場合、アルティメット促進剤を見かけたら積極的にピンを指してあげると喜ばれるでしょう。

アルティメット:インターセプトパイロン

クールタイム:3分

シールド回復上限量:250

パイロンの耐久値:150

※クリプトのアルティメット「EMP」を受けるとパイロンは即座に壊れる仕様。

アルティメットボタンを押すと、パイロンを構え、置く場所を指定するとインターセプトパイロンを展開します。

パイロンの近くにいると「削れたシールドが自動で回復(回復上限あり)」「投合物(アークスターなど)を無効化」「ワットソンの戦術アビリティのリチャージ時間を短縮」と嬉しい効果があります。

パイロンは、敵味方問わず範囲内を通過する投合物や各レジェンドのアビリティ(ヒューズのナックルクラスターやホライゾンのアルティメットなど)を迎撃し、無効化する強力なアルティメットとなっています。

フェンスはこんな所に張ろう!

今日からすぐに試せる有効なフェンスの張り方(ノードの置き方)です!

基本的には防衛する建物や高所などに張りますが、下記のような場所はとても効果的です!

  • 建物の扉前
  • 縦向き(横向き)のジップラインの出口
  • 1本道のような細い通り道
  • ポータルの出口

特に「縦向きジップラインの出口」は敵から視認しにくいため、引っかかりやすいです。

さらに、敵から見て高い位置にフェンスを張ると、ノード部分を壊しにくいため、無理矢理登ってくることを防いでくれます。

味方にも影響が!パイロンの注意点!

前述しましたがパイロンは、範囲内を通過する各レジェンドのアビリティやアルティメットを無効化してくれます。

しかしながら、味方のアルティメットも無効化してしまうため注意がかなり必要です。

ワットソン側としては味方がアルティメットを抱えている(使おうとしているか確認する)・敵がアルティメットを使う直前にパイロンを立てる、など注意しましょう。

ワットソンと同じチームになった場合、パイロンが展開されている状況であれば、パイロンより前に出てアルティメットや投合物、ナックルクラスターなどのアビリティを使用するように意識しましょう。

事故が少しでも減ることを願っています!

オススメの武器構成は?

まず初めに、試合を行うマップやシーズン毎によっては武器構成が変わってくるため、具体的な内容については、控えさせていただきます。

オススメな武器構成は特にありません。好きな武器や得意な武器を使いましょう。

ただし、自身の能力からワットソンは屋内戦闘が多くなることが予想されるためSMG+SGといった「近接特化」で試合を運ぶのもアリです。

味方がSRやマークスマンなど遠距離武器を持っていれば選択肢のひとつに取り入れてみてはいかがでしょうか。

まとめ

APEXで1、2を争うほどの人気キャラクター「ワットソン」

能力を見ると防衛にステータスを全振りしていることが分かります。

ランクマッチでは順位を上げる重要性が高いため、能力を理解してフェンスを張る場所、パイロンを置くタイミングなどをマスターし、より固い陣地を形成してチームをチャンピオンへと導きましょう!

なお、フェンスの貼り方については動画をご覧になったほうが分かりやすいと思うので、動画サイトで調べてみるといいでしょう。

かわいくて刺激的なワットソンが気になった方、守り勝つ戦い方が好きな方はゼヒ対戦相手を痺れさせてみてください!

【イチ推し】世界で最も遊ばれている戦略アプリ!
絶対ハマるその理由とは!?

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

今回は世界で最も遊ばれている戦略ゲームである「ロードモバイル」をご紹介します。

「ロードモバイル」は、基本プレイ無料の超本格的なリアルタイムストラテジーMMORPG。

なんと世界中に3億人を越えるプレイヤーがいる超人気ゲームタイトルです!

2016年には最高の戦略ゲームとして「Google Play Awards 」を受賞するなど、名誉ある賞を数多く受賞しており

世界で最も遊ばれている戦略アプリの1つになります!

特に海外での人気が高く、ゲーム内はかなりの賑わいを見せています!

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.3(5.0満点)!数億のプレイヤーがいることから見ても驚きの点数です!編集部もみんなでハマってます!

\ まずは試しにやってみて /

ロードモバイル 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
頭をしっかり使って戦略を練るので、いい頭の体操になります!あと、いろんな要素があって飽きることがありませんね!
レビューレビュアー
壮大な物語で、やり応えがたっぷりです。また、それでいて初回からの方でもプレイしやすいと思いました!特にミニバトルも面白くて、こういうジャンルが初心者という人から、リアルなシミュレーションゲームをよくやるといった方まで満足できるゲームだと思います!
レビューレビュアー
簡単なクエストをこなしたり毎日ログインするだけで沢山アイテムが貰えます。割と優しいゲームですし、コツコツ作業する事が好きな人はハマるかと思います。無課金でもアイテム沢山貰えますし、かなり面白いです。今でもコツコツやっています笑

\ まずは試しにやってみて! /

ロードモバイル 公式サイト

ヒーローシステムが最高に面白い!!!

いろんなヒーローを引き連れて本格的なアクションゲームに挑戦もできるのがロードモバイル!

ですが真の面白さは育成にあります!

「ヒーロー」毎に特徴的な能力があり、どう編成するかはプレイヤーの戦略で大きく異なります。

手持ちの「ヒーロー」でどう相手を倒すかの戦略を練るのは楽しいですよね?さらに策がはまった時の爽快感は絶大です。

また「ヒーロー」の強化はレベルアップだけではなく、装備による強化もあり、その装備の製造や収集もおもしろポイントです!

そんな育成しがいのあるロードモバイルはハマること必至。

\ まずは試しにやってみて /

ロードモバイル 公式サイト

ギルドバトルシステムもとにかく面白い!

ギルドシステムが面白い

戦略ゲームの面白さといえば仲間との協力する「同盟(ギルド)システム」!

ギルド同士の大戦争をリアルタイムバトルがとにかく面白い!

またギルド内でプレイヤー同士の交流も盛んで、やりとりするだけで楽しめます!

こんな風に、ロードモバイルは協力できる要素も他の戦略ゲームよりも多い印象!

仲間と一緒に遊んでいる感覚が強いからここまで人気があると思います!

▼戦略ゲームが好き

▼コツコツ育成が好き

▼アクションゲームが好き

▼他のユーザーとの協力プレイが好き

この中の1つでも当てはまれば、ハマる危険性大!

\ まずは試しにやってみて /

ロードモバイル 公式サイト

ライター紹介

タナカ
タナカ
ゲームとは無縁だったものの、アラサー目前にして「Apex Legends」を見つけ、周りが引くレベルで「エペ沼」にハマる。他FPSを試すも、APEXのスピード感が好きでAPEXに何度も舞い戻る。
「ユーザーファースト」を心掛けて記事を執筆しています。