【FGO】ツングースカ・サンクチュアリ⑥迎撃戦「対眷属」戦解説

 ランク(順位) 魔法使い(33388
 経験値  2,303
獲得バッジ
まとめ記事を10記事公開25記事達成10週連続記事公開2つのカテゴリーで10記事攻略記事を20記事公開

レイドも遂に本格化してきましたね

皆さん、こんにちわ。

この記事では迎撃戦「対眷属」戦の解説を行っていきます。

殲滅戦についてですが、これまでとは少し内容が異なります。

今回は、複数の眷属との戦闘になります。

クエストは時限式で徐々に増えていくスタイル。

そして、敵は弱いです。(断言)

ですので、周回にはもってこいのクエストだと思います。

まさに稼ぎ時!沢山周回してレア素材やQPを手に入れましょう!

ちなみに、何故か眷属Ⅱが居ません。(見かけた方は教えて欲しいです)

  1. 眷属Ⅰ戦は無敵貫通持ちがおススメ
  2. 眷属Ⅲ戦はオダチェン&スキル封印されるので1ターン撃破は厳しい
  3. 眷属Ⅳ戦は魔性特攻持ちの紫式部がおススメ
  4. 眷属Ⅴ戦は、ゴリ押しでクリアすべし
  5. LWB-M8戦は、宝具2連発でクリア
  6. HWB-M8戦は、アヴェンジャーさえ居れば一番簡単

なお、他の話に関する内容を知りたい方は、下記リンクからご覧くださいませ。

第一節「Beyond the walls of the world」第二節「大衝突」
第三節「永遠を目指す者」第四節「ニキチッチ解決法」
第五節「たおやかなる狂える命に」第六節「殺戮の荒野から」
第七節「氷は溶けた、炎が消える」
攻略戦「対イヴァン雷帝」戦関連殲滅戦&攻略戦「対スルト」戦関連

この記事は5分ほどで読み終わりますので、よければ最後までお付き合いくださいませ。

迎撃戦「対眷属Ⅰ」戦

敵クラスはセイバー&バーサーカー。

なお、戦闘開始時に敵全体に回避が付与されます。

これが非常に厄介。サクサク周回を目指すのなら、

  • 必中or無敵貫通持ちのアタッカーを使う

ことが一番の近道と言えるでしょう。

おススメはナポレオン

必中か無敵貫通持ちで、且つアーチャーなので、私はナポレオンを採用しました。

基本的な流れ超単純。

  • 全バフをナポレオンに
  • オダチェンでオベロンを出して、火力をナポレオンに使用
  • 宝具で1ターン撃破。

対「眷属Ⅰ」戦は、敵の回避をどうにかすることで、サクサク周回が可能となります。

そういう点からもナポレオンは非常におススメとなります。

迎撃戦「対眷属Ⅲ」戦

敵はアーチャー一体のみ。

その代わりHPが約60万とそこそこ。

ランサーで戦うのが常套手段になります。

戦闘開始時にスキル封印&オーダーチェンジ不能付与

迎撃戦の中で、眷属Ⅲが一番面倒です。

その理由は、戦闘開始時に付与される・・・

  • オーダーチェンジ不能(出たこれ面倒!)
  • スキル封印(1ターン)

この二つのデバフによって、1ターン撃破が非常に難しくなるからです。

というより、恐らく無理です。

バフ無しの火力では、いくら特攻礼装を装備していても削れて一割。

ですので、ここは諦めて1ターン待つべきです。

スキル封印さえ解除されれば、単体宝具持ちのランサーならば誰でも倒せます。

迎撃戦「対眷属Ⅳ」戦

敵は全員バーサーカーという、対眷属Ⅳ戦の特徴ですが、

  • 戦闘開始時に味方全体に攻撃力&NP獲得量ダウン

のデバフが付与されることでしょう。

特に攻撃力ダウンはそれなりの倍率らしく、

Wアルトリア・キャスター&玉藻の前のバフを付与した水着武蔵で倒しきれませんでした。

なので、ここは敵の魔性特性を利用するのがいいと思います。

紫式部の魔性特攻は非常に役立つ

魔性特攻を持ち、全体宝具を扱う紫式部は今回の迎撃戦でも非常におススメ。

アルトリア・キャスターや玉藻の前のバフを盛れば、

上記画像の様に100万超えのダメージも与えることが可能です。

紫式部を持っている場合は、積極的に使っていきましょう。

迎撃戦「対眷属Ⅴ」戦

眷属Ⅴとの戦闘です。

敵はライダー一体ながら、HPは70万とかなり高いです。

  • 加えて、このエネミーは毎ターン終了後に無敵状態を自身に付与する

というチート染みた性能を有しています。

無敵状態を維持されると、手のうちようが無くなります。

(一部、無敵貫通持ちは別ですが)

従って、1ターンで必ず撃破する必要があります。

この戦闘はゴリ押しが正義

私の場合は、アルトリア・キャスターのW編成で一撃撃破しました。

アタッカーをウラド三世(バーサーカー)にして、サブに玉藻の前。

アルトリアと玉藻の前のバフを全てウラド三世に付与して宝具攻撃。

ウラド三世は宝具レベル3なことも影響したのか、上記画像の通りの100万ダメージ。

結論として、眷属Ⅴの場合は、何かされる前に倒しちゃえば問題ありません。

迎撃戦「LWB-M8」戦

ここからは眷属の上位個体(たぶんね)との戦闘になります。

まず、この横文字君(LWB-M8)ですが、

  • 戦闘開始時にガッツと無敵貫通を付与

という周回では少し面倒なバフが掛かります。

こうなると、いくら火力が高くてもガッツで延命されてしまうので、1ターン撃破が出来ない。

・・・と、思うかもしれませんが、実はそんなことはなく。

要は、1ターンで宝具2回使えれば撃破可能です。

なので、アタッカーを2体用意すればいいのです。

自身でNP100%にできるニトクリスがおススメ

これが私の攻略PTです。

流れとしては、

  • アルトリア・キャスターのバフを全て紫式部に
  • サポートのアルトリア・キャスターとニトクリスをチェンジ
  • ニトクリスのスキル1と2を使ってNPマックス
  • あとは紫式部→ニトクリスの順番で宝具使って撃破

ニトクリスは「自分のみでNPを100%に出来る」数少ないサーヴァントです。

今回は、宝具連発が必須なので彼女を採用しました。

稀にダメージが下ぶれて紫式部でも倒しきれない場合がありますが、

それを除けばかなり安定して1ターン撃破できています。

迎撃戦「HWB-M8」戦

上位個体(だと思う)横文字君2との戦闘です。

敵のクラスはルーラー。

また戦闘開始時に、敵は以下の状態が付与されています。

  • 暴虐の化身→防御力UP&宝具攻撃を受けるとこちらの強化状態を解除(3つ)

少し複雑ですが、要はこちらのバフが消えるという弱体に近い効果が発生します。

ただ、ですね。

こういうのは、やられる前にやればいいのです。

ルーラー相手ならアヴェンジャーが最適。

私の場合は、ジャンヌ・ダルク(オルタ)を使いました。

彼女にコヤンスカヤとサブに置いたオベロンのバフを全て付与させて宝具攻撃。

これで簡単に解けました。

アヴェンジャーで最適なサーヴァントを所持していることが前提ですが、

おそらく、一番簡単な迎撃戦だと思います。

最後に、この迎撃戦はめっちゃ美味しい

以上でこの記事は終了となります。

総括しておくと、

  • QPと絆ポイントがとても美味しい

という夢の様なクエストです。

各エネミーによって性能は異なりますが、基本的に敵はそこまで強くありません。

(むしろ、現時点でこのレベルだと、この後のレイドは激ムズ難易度だったりするのかな?)

可能な限り周回して、美味しい思いをしてください。

さて、私も周回しないと。

ですので、この記事はこれで終了します。

またね。

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト