夏だ!キャンプだ!カイロソフトの「森林キャンプが丘」でキャンプ場を経営しよう!【攻略】

 ランク(順位) 村人(269368
 経験値  46
獲得バッジ

キャンプに行きたい、けれど虫は怖いし1人も怖い

そんな方に朗報です。

なんと今年はカイロソフトの「森林キャンプが丘」で簡単にキャンプ気分を満喫できてしまいます。虫もいないし、一緒に行く友達がいなくても大丈夫……私もその1人。

カイロソフトさんと言えば、ガラケー時代から「経営シミュレーションゲーム」をリリースし続けるゲームメーカーさん。

今回はキャンプ場を経営するタイプのゲームを開発して下さいました。

iPhone版も無事リリースされたので、早速プレイしていこうと思います!

  • はじめてのキャンプ場経営!何からしたらいいの?
  • 経営ジリ貧、赤字倒産の危機は秘書に頼れ!
  • 調子乗って土地買いました。

 

この記事は大体4分で読み終わります。

是非最後まで読んでいってくださいね!

ゆる〜くキャンプ場の経営、はじめました△

山川キャブ子さん、はじめまして。これからお世話になります。

まずは「テントサイト」を設置してみよう

「テントサイト」とはキャンプ場の中で「テントを張るスペース」という意味です。

キャブ子さんに教わった通り、[メニュー][建設]から[テントサイト]を選択し、試しに元からあったテントサイトの横に設置してみます。

早速テントサイトが建設され、キャンパーが遊びに来てテントを貼り始めてくれました!

キャンパーによってテントの柄や色が違っているような、作りの細かさに早速感動です。

新しい種類の建造物を建設するために「研究」してみよう

テントサイトを建設してはみたものの、キャンプ場と言うのにはなんだか寂しい。

もっと色々な建造物を建てて、もっとキャンプ場らしくしたい!と思っていたところ、キャブ子さんが早速その方法を教えてくれました。

[メニュー][研究]から[建造したいものを選ぶ]

研究には「研究ポイント」を消費する必要があるようです。
必要数は研究画面の「必要ポイント」で確認することができます。

ではその「研究ポイント」はどのように入手するのかというと、各施設をキャンパーが使った時にどんどん加算されていく模様です。

どの施設でどんなポイントが入手できるかは、建築画面で確認することができます。

虫捕り広場でキャンパーが昆虫採集してる!

そんなこんなで、キャブ子さんに導かれながら「虫捕り広場」を「研究」し、無事「建設」することができました。

するとなんと、キャンパーさんがセミを捕獲しようと頑張っている様子を目撃することができました!

こちらの画像でも確認できる通り、1人1人テントの色が違ったり、水道で手を洗っている人もいれば昆虫採集している人がいたりと、みんな思い思いにキャンプを楽しんでいる様が分かります

眺めているだけでもとても楽しい気分になります。

アウトドアショップの経営、はじめました△

アイテムの説明にいちいち小ネタを挟んでくるのがカイロソフトさんのゲームの楽しいところ。

キャンプ場の経営、赤字ーー

キャンプ場の経営を始めてはみたものの、建造物を建てたり整備したりしていくとどうしても所持金はジリ貧

このままでは夢半ば諦めてキャンプ場閉店の日も近い…?!

かと思われた時、またしてもキャブ子さんが提案をしてくれました。

「アウトドアショップを経営してみたらどうでしょうか?」

つまり、自分たちの店で商品を買ってもらい、自分たちのキャンプ場で使ってもらう、と。

さすがキャブ子さん、商魂たくましいですね。

それでは早速、キャブ子さんの言う通りにショップを作っていきましょう!

アウトドアショップを出店しよう

キャブ子さんに案内された自分のショップは、まだ商品が少なくて空きが多い感じ。

まずは教えてもらった通り、懐中電灯を並べてみます。

[メニュー][建築][商品]を選んで、好きな場所に設置!

壁際の棚に懐中電灯を並べることができました。

キャンプ場モードとショップモードは完全に別画面なのですが、

左下のボタンひとつで簡単に移動できてしまいます。

未来の世界の猫型ロボットもびっくりの移動技術です。

懐中電灯、その後。

「自分たちのアウトドアショップで商品を売り、その商品を自分たちのキャンプ場で使ってもらおう」
という、何とも商魂たくましい提案をしてくれたキャブ子さん。

そしてその提案に乗った私。

慣れない手つきで懐中電灯をショップに並べたその後どうなったのかというと…

 

みんなちゃんと使ってくれてるー!!!!!

これで夜道も安心です。
キャンプ場の経営も夜道から明るくなったように思えます。

ショップの経営をまとめてしまうと、

  • キャンプ場モード[研究]から新商品を追加!
  • ショップモード[建設]から新商品をお店に並べる!
  • 商品はキャンパーたちが実際に使ってくれる!

 

という流れのようです。

実際にプレイしたところ、ショップの収入はかなり大きいです。

ジリ貧で困っている経営者の皆様は、ショップの拡充を意識してみましょう。

キャンプ場、ついに土地拡充へ

ショップでの副収入を元にキャンプ場を充実させていったところ、あんなにスキマだらけだった土地もこんなに手狭になってしまいました。

そう言えば以前、キャブ子さんがこんなことを言っていたんです。

当時は「そんなお金もないし、土地だって広々あるよ!」と思っていましたが…

さすがキャブ子さん、先見の明があります。

今のキャンプ場の収入なら土地の拡充だってできるはず。

[メニュー][研究][キャンプ場の拡張]をしてみると…

大体ゲーム内時間で1ヵ月ほど経つと、キャンプ場の敷地を広げることができました

その間私はキャンプ場の経営を頑張っていただけなので、きっとその裏ではキャブ子さんが土地買収に走り回ってくれていたんでしょうね。

今回の拡張ではこのあたりの土地が増えました!

画像の上部に見える薄暗い木々や草むらのある区画を使うためは、お金を出してキレイにする必要があります。

しかしながらただ木々や草むらを刈るだけではなく、そこには新しい植物との出会いが有るかもしれませんよ。

さいごに

ここまでカイロソフトさんの新作「森林キャンプが丘」をご紹介して参りました。

しかし、カイロソフトさんのゲームを一度でも遊んだことがある方ならご存知のはず。

「カイロソフトさんのゲームは2周目からが本番である」と…

1周目からの引き継ぎ要素(いわゆる「強くてニューゲーム」)や、高速モードの解禁など、2周目以降ではプレイの幅がグンと広がるんです。

私自身も今から2周目をプレイするところでございます。

今回の記事では「基本的なシステムのご紹介」に留まりましたが、次回の記事では「もっと深い魅力と攻略」にスポットを当ててご紹介させて頂こうと思います。

宜しければまた遊びにきてくださいね!

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト