美しく幻想的なビジュアル『GRIS』のレビュー

おすすめアプリ
Raid
[PR]編集部イチ推しゲームはこちら

Switch、STEAMで遊べる『GRIS』をご紹介!


独特な美しいビジュアルに感動!

パズル要素アリのアクションゲーム『GRIS』をご紹介します!

今回の記事をザックリまとめると!

  • 幻想的な美しいビジュアル!
  • 歯応えのあるパズル要素!
  • ストーリーを盛り上げるBGM!

この記事は、5分程度で読み終わりますので是非読んでいってください!

GRISのゲーム詳細

タイトルGRIS
ジャンルアクションゲーム
対応機種Switch、 STEAM
発売元Devolver Digital
プレイ人数1人
発売日2018年12月13日

ストーリー

人生で辛い経験から逃れるために、自分の世界に迷いこんでしまった主人公Gris。
物語は深い悲しみから始まります……

美しいビジュアル


これだけで、ポスターとしておうちに飾りたい。

歩いていたり、ジャンプしているだけでも、一枚の絵として成立するんですよね。

なかなか、こんなにアーティスティックな作品はお目にかかれません。

盛り上がる演出

最初はモノクロなステージです。


が!

進むにつれて、Grisが色を取り戻します。


色づいていく世界!

それが美しいったら、ありゃしない!

ため息が出ちゃいますよ~

操作システム

一般的な横スクロールのアクションゲームの操作になります。

途中で新しいアクションが増えていきます。

とはいっても、複雑でなく、チュートリアル的なポイントも多くでてきますのてすぐに慣れることができますよ。

アクションが苦手な方でも安心ですね。

歯ごたえのあるパズル要素

ステージ中に出てくるパズル要素。

最初はシンプルなのですが、徐々に難易度は増していきます。

鬼畜ではありませんが、頭を柔らかくしなければなりません。

私は、残念ながら、ところどころ詰まってしまい。攻略サイトさんにお世話になりましたよ。

ああ。なるほど!と感心しちゃいました!

後ほど、詰まりやすいポイント(ネタバレ有)をご紹介しますね。

繊細なBGM

また、BGMが良いんですよ~!

全般的に静かで繊細な音楽です。

でも、どこかダイナミックさも兼ね備えていて、聞いているだけで世界観に浸ることができます。

物語の盛り上がりの時に、BGMも一緒に盛り上がってくれるんですよ。

良いタイミングで、それがもう、最高でした!

最後に流れる曲が特に素晴らしいのでぜひ聞いていただきたいです!

オススメ名場面(ネタバレ有)

オススメのシーンばかりで困っちゃいますね。

私が選んだ個人的名シーンをご紹介します!

世界観に誘う幻想的なオープニング!

深い悲しみが伝わってくるオープニング映像。

美しさの裏には、とても残酷な出来事があったのではないだろうかと考えちゃいますね。

いざ、プレイヤーが、操作を始めたというのに、うつむいてとぼとぼ歩くだけ。

なかなか、ありませんよね、こんな始まりのゲーム。

そこから物語が進展していくわけですが、面白くないはずがないです!

ちびっこいのがぴょこぴょこ!かわいいチビキャラ!


ステージを進めていると、謎のハコ坊やが出てきます。

最初は近づくと警戒してか、地面にもぐってしまいます。

しかし、リンゴをあげて仲良くなるとこんどはぴょこぴょこついてきてくれるようになります。

加えて、主人公の物まねをしてくれます。

これがかわいい!

亀と一緒にスイミング


途中、海に浮かぶ謎の壺にしか見えないものが亀さんに変形して一緒に泳いでくれるんですよ。

変形のモーションが面白い!

一緒泳ぐのまた、楽しいんです!

亀さんが暗い水中を照らしてくれます。

繊細なタッチで描かれたキャラクターが動くのはやっぱり魅力的ですね。

お月様がキレイ!


ステージクリア時に、黄色を取り戻すのですがそれがまた素晴らしく神秘的なんです。

女性の彫像を背景に大きな満月がどーんっと現われます。

思わず、泣きそうになりましたね。

あまりにもキレイすぎて。

月の明るさと、彫刻のコントラストがまたびしっと決まってます。

こうした1シーン、1シーン、魂のこもった演出にコントローラーから手が離れません。

詰まりやすいポイント(ネタバレ有り)

私が個人的に攻略で詰まったポイントをご紹介します。

同じように困っている方への何らかの手助けになれば幸いです。

ジャンプに連動するブロック


この場面に出てくる四角いブロックはただのブロックじゃないんです。

じゃあ時間差で消えるブロック?

いいえ、違います!

自分のジャンプに連動して消えたり、現れたりするんです。

だから、思い切って進むしかないんですよね。

ここは悩んだ挙句、攻略サイトにお世話になりました。

わからなかったなあ……

初めて見る仕掛けでした。

赤い蝶の使い方


ここも詰まりましたね。

攻略サイトを片手にああ、なるほどと。

赤い蝶を使うとハイジャンプができるのですが、これの使いどころがミソ。

わかりやすいところなら、良いのですが、途中でとんでもない仕掛け(個人の感想)がでてきます。

水の中にいる蝶は、引き連れることができますが、外にでると消えてしまいます。

しかし、滝は水のブロックとつながっているので、蝶を維持したまま、移動ができるんです。

それは気が付かないよ~

二段ジャンプの特性


ここで詰まったのですが、何が困ったかと言いますと、隣の花に飛び移るのにジャンプが届かないんですね。

途中から二段ジャンプができるようになるのですが、それがちょっと慣れるまで微調整が必要です。

要するに、ジャンプボタンを二度押すのですが、その時に連続でパパっと押さないと飛距離が伸びないんです。

何度やっても届かない。

でも、皆、普通に攻略してるけどなあと疑問に思っていたのですが、そういうことでした。

まあ、私だけだったら良いのですが……

ストーリー考察

人生で辛い経験から逃れるために、自分の世界に迷いこんでしまった主人公Gris。

そこでは色々な変わった建築物が登場し、不思議な生き物まで現れます。

彼女の深層心理の世界だと思われます。

そこで、星のような光を集めるのですが、それは希望だと思います。

少しずつ、希望を取り戻し、世界も色を取り戻していきます。

邪魔をしてくる黒い敵は、彼女の中の絶望だと思われます。

何度も立ちはだかってくる。

しかし、最後には希望を取り戻し、歌を歌い、絶望を追い払います。

歌は彼女にとって何なのでしょうか?

唯一の自己表現だったのではないかと考えています。

ぜひプレイしていただき、色々な感想を言い合いたいですね。

さいごに

雰囲気ゲーとしても、素晴らしいのは世の中にいっぱいありますが、パズル要素もやりごたえがあるゲームというのは、なかなかに珍しいと思います。

頭を柔らかくして、臨んでくださいね。

とにかく、この圧倒的ビジュアルをぜひ体感していただきたい!

ライター紹介

きなこ
きなこ
レトロゲームからパソコンゲームまで幅広く愛するゲーマー。

特にメガドライブが大好きです。

好きなゲームは、シャイニングフォース1、2、3
EVE burst error R
Bioshock Infiniteなどなどです。

皆さんに楽しくお伝えできたらなと思っています。
よろしくお願いします~!

[PR]世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料のターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなハマってます!

注※PCゲームのため、PCからアクセスしてください。スマホだとページが開きません。

\ まずは無料でプレイ!(PC版)/

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※PCゲームのため、PCからアクセスしてください。スマホだとページが開きません。

\ まずは無料でプレイ!(PC版) /

RAID: Shadow Legends 公式サイト