【プロセカ】12月26日発表 年末年始追加楽曲まとめ!「強風オールバック」など大量追加!

おすすめアプリ
Raid
[PR]編集部イチ推しゲームはこちら

はじめに

ボカロ曲をメインとした音楽ゲームとして、今大人気の「プロセカ」。

3周年を迎えて以降、新たな動きも始まっており、ますます人気も高まっています。

3周年を機にリニューアルされた情報番組、「プロセカ放送局」の第3回が配信されました。

大型アップデート「Brand new world」以降初となる年末年始、期待が集まる中、今年も楽曲予想キャンペーンが開催されています。

今回は楽曲予想キャンペーンの答え合わせを含め、プロセカ放送局#3で発表された追加楽曲情報をまとめていきたいと思います。

  1. 毎回恒例!プロセカNEXTからは「心泥夢(syndrome)」!
  2. 楽曲予想キャンペーン答え合わせ!「エンヴィーベイビー」「一千光年」など!
  3. 第2回ゲキチュウマイコラボ!
  4. 「ハイドアンドシーク」追加!
  5. モモジャンのユニットイメージソングはJunkyさん!
  6. 書き下ろし楽曲はワンダショ!

3分ほどで読めますので、プロセカの年末年始をしっかり予習していってくださいね!

最後には追加される楽曲をまとめた再生リストもありますので、要チェックです。

プロセカNEXT

毎月、テーマに沿った楽曲を募集するコンテスト、「プロセカNEXT」。

入賞作品はゲーム内に実装されます。

今回実装が決定したのは、宮守文学さんの「心泥夢(syndrome)」です!

「心泥夢(syndrome)」は第18回、テーマ:フリーの入賞作品です。

イラストの女の子がとても可愛らしいですね。

「どうしましょ、どうしましょ」というフレーズが印象的な曲ですが、どんな譜面になるのか楽しみですね。

楽曲予想キャンペーン

12月19日、プロセカ放送局の配信告知とともに発表された「行く年来る年毎日楽曲追加キャンペーン」

追加される楽曲の曲名の文字数とMV、セカイverの有無が発表され、X(旧Twitter)では、#プロセカ追加楽曲予想で、さまざまな予想が繰り広げられました。

今回のプロセカ放送局では、その答え合わせがされたということで、早速楽曲予想の答え合わせをしていきましょう!

初めての恋が終わる時

1曲目はryoさんの「初めての恋が終わる時」です!

バーチャルシンガーverは初音ミク、セカイverはLeo/needの全員と原曲と同じくミクが担当します。

発表されていた情報は「10文字、セカイverなし、MVなし」でした。

文字数も多く、選択肢も狭まる中、「Alice in 冷凍庫」「ストリーミングハート」「君が飛び降りるのなら」などが優勢でした。

ryoさんの楽曲はボカロ初期を代表する曲が多く、ボカロファンには嬉しい発表ではないでしょうか。

金木犀

2曲目はくじらさんの「金木犀」です!

バーチャルシンガーverはflower、セカイverはVivid BAD SQUADと鏡音レンが担当します。

発表されていた情報は「3文字、セカイverあり、原曲MV」でした。

原曲MV ということで、「ラヴィ」、「妄想税」など、MVが素敵な楽曲が多く予想されていました。

「金木犀」は意外なチョイスだったようですが、こちらも素敵な原曲MVなので、楽しみにしたいですね。

「一千光年」

3曲目はいよわさんの「一千光年」です!

バーチャルシンガーverは初音ミクほか、総勢11名のボカロによる楽曲です。

発表されていた情報は「4文字、セカイverなし、原曲MV」でした。

今年終盤に大流行した楽曲「人マニア」を望む声が多い中、選ばれたのはこの曲でした。

曲中ずっと続くミクのロングトーンが印象的な楽曲ですね。

ロングノーツに苦しめられる譜面になりそうです。

そして「一千光年」は、新難易度APPENDも同時実装されますので、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

強風オールバック

4曲目はゆこぴさんの「強風オールバック」です!

バーチャルシンガーverは歌愛ユキ、セカイverはワンダーランズ×ショウタイムの全員と鏡音リンが担当します。

発表されていた情報は「8文字、セカイverあり、原曲MV」でした。

ボカロ界隈外でも大流行した楽曲「強風オールバック」や、初音ミク関連の音楽ゲームに多数収録されている「骸骨楽団とリリア」などが挙がる中での発表でした。

今年を象徴する楽曲ともいえる「強風オールバック」、2024年も変わらず楽しんでいきたいですね!

ヒアソビ

5曲目はかめりあさんの「ヒアソビ」です!

バーチャルシンガーverのみ、歌唱は初音ミクが担当します。

発表されていた情報は「4文字、セカイverなし、原曲MV」でした。

3曲目と同じ情報ということで、併せて予想される方が多かった印象です。

正月からヒアソビなんて!と放送局の配信でも盛り上がっていました。

エンヴィーベイビー

6曲目はKanariaさんの「エンヴィーベイビー」です!

バーチャルシンガーverはGUMI、セカイverは25時、ナイトコードで。の全員とリンが担当します。

発表されていた情報は「9文字、セカイverあり、3DMV」でした。

3DMVつきの実装ということで、予想というより、この曲がいい!という気持ちをぶつけられている方が多かったです。

それでも「エンヴィーベイビー」を予想している方も多かった印象です。

Kanariaさんの楽曲は「KING」「アイデンティティ」などが実装されていますが、3DMVつきの実装は初めてとなります。

ニーゴの歌うエンヴィーベイビーのMV、とても楽しみですね!

「んあっあっ。」

7曲目はSLAVE.V-V-Rさんの『「んあっあっ。」』です!

バーチャルシンガーverのみ、歌唱は初音ミクが担当します。

発表されていた情報は「9文字、セカイverなし、原曲MV」でした。

Twitterでは、「エンヴィーベイビー」「タイガーランペイジ」の予想が多かった印象でした。

「んあっあっ。」は、第3回プロセカNEXTに応募し、惜しくも落選してしまった曲でした。

プロセカNEXT落選曲にも希望があるということがわかったのは大きいですね。

くうになる

8曲目はMIMIさんの「くうになる」です!

バーチャルシンガーverは初音ミクと可不、セカイverはMORE MORE JUMP!の全員とミクが担当します。

発表されていた情報は「5文字、セカイverあり、原曲MV」でした。

MIMIさんは「マシュマリー」が実装されているほか、「はぐ」も書き下ろしています。

MIMIさんの楽曲は、モモジャンととても相性が良いようですね!

以上の8曲と、12月29日まで開催の25時、ナイトコードで。のイベント書き下ろし楽曲が年末年始の追加曲となります。

みなさんの予想は的中しましたか?

「エンヴィーベイビー」などの楽曲は、以前から実装を望む声が多かったので、予想的中という方も多いのではないでしょうか。

しかし、楽曲追加はこれだけでは終わりません。

カバー楽曲

「年末年始楽曲追加キャンペーン」の他にも、カバー楽曲の追加が発表されました。

ハイドアンドシーク

1曲目は19-iku-さんの「ハイドアンドシーク」です。

バーチャルシンガーverは初音ミク、セカイverはLeo/needから一歌、穂波とミクが担当します。

本当の自分を隠してしまう心情をかくれんぼになぞらえたこの曲は、レオニのストーリーとマッチしますね!

ゲキチュウマイコラボ

プロセカと同じSEGAが制作する音楽ゲーム「オンゲキ」「チュウニズム」「maimai」との第2回コラボが発表されました。

今回追加される楽曲は3曲です。

ゲキチュウマイコラボは昨年1月にも開催されましたが、追加された楽曲はどれも高難易度でしたので、今回もなかなか苦戦することになるのではないでしょうか。

3曲ともに、APPEND譜面が同時実装され、Twitterキャンペーンも開催されますので、腕に自信のあるプレイヤーの方は挑戦してみるといいかもしれませんね!

ユニットソング

プロセカでは、3周年を迎えた9月から、毎月1曲書き下ろしユニットソングが発表されています。

このユニットソングには3DMVがつくほか、新形式イベント「ワールドリンク」の開催に合わせた新機能「アナザーカット」の対象楽曲にもなっています。

そんなユニットソングですが、今回はJunkyさんによるMORE MORE JUMP!!!の書き下ろしユニットソングの制作が発表されました。

Junkyさんは「メランコリック」や「Happy Halloween」などの楽曲を制作されているクリエイターさんです。

プロセカには同じくモモジャンの楽曲、「アイノマテリアル」を書き下ろしています。

Junkyさんの表現するモモジャンの世界、どのような曲になるのか楽しみですね!

書き下ろし楽曲

プロセカ放送局では毎回、翌月(場合によっては当月末)のイベントの書き下ろし楽曲を制作するクリエイターさんが発表されています。

今回のプロセカ放送局#3では、ワンダーランズ×ショウタイムの書き下ろし楽曲をマイキPさんが担当することが発表されました!

それでは、クリエイターさんからのコメントを見ていきましょう!

ワンダーランズ×ショウタイム×マイキPさん

ワンダーランズ×ショウタイムの書き下ろし楽曲を担当するのはマイキPさんです。

マイキPさんは「アンチジョーカー」などの楽曲が有名です。

ロックでかっこいい曲調が特徴のマイキPさん、ワンダショの新たな側面を引き出してくれるかもしれませんね!

APPEND譜面

今回のプロセカ放送局では、以下の楽曲のAPPEND譜面の追加が発表されました。

「地球最後の告白を」は、通常譜面でも高難易度の楽曲なので、APPENDでどうなるのかが気になるところです。
また、年末年始に追加される「一千光年」にもAPPEND譜面が追加されることが発表されています。

さいごに

今回は12月26日放送の「プロセカ放送局#3」で発表された楽曲情報をまとめました。

楽曲予想キャンペーンの楽曲の他にもたくさんの楽曲追加が発表され、盛りだくさんな配信でしたね!

発表された楽曲をYoutubeの再生リストにまとめましたので、楽曲をじっくり聞きながら実装を待ちましょう!

来月もまた最新楽曲情報をまとめていきますので、また見に来てくださいね!

ライター紹介

篝火
音ゲー好き。「究極のエンジョイ勢」をモットーに遊んでいます。
プロジェクトセカイはリリース日からほぼ毎日プレイしています。
推しはニーゴ、特に奏ちゃんを溺愛しています。
初めてみたけど、何をすればいいかわからない…というあなたの助けになれますように。

[PR]世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料のターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなハマってます!

注※PCゲームのため、PCからアクセスしてください。スマホだとページが開きません。

\ まずは無料でプレイ!(PC版)/

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※PCゲームのため、PCからアクセスしてください。スマホだとページが開きません。

\ まずは無料でプレイ!(PC版) /

RAID: Shadow Legends 公式サイト