【ポケモンSV】起点作りカバルドン考察・育成論

おすすめアプリ
Raid
[PR]編集部イチ推しゲームはこちら

はじめに

起点作りと言えば、いつの時代もその筆頭にカバルドンが挙げられます。

ポケモンSVでもその地位は健在で、中には対策に手を焼いている方もいるのではないでしょうか。

今回はそんな起点作りの申し子であるカバルドンの起点作りに焦点を当てて、考察・育成論・対策を紹介したいと思います。

「起点作りカバルドンを対策したい!」「もっと知りたいなカバルドンのこと」

といった方はぜひ参考にしてみてください。

今回の記事は5分ほどで以下の内容をお届けいたします。

  1. 起点作り型カバルドン育成論に関して
  2. 対策ポケモンに関して

起点作りカバルドンとは?

カバルドンは耐久が非常に優れたポケモンです。

特に物理耐久に於いてはタイプ一致抜群でも軽々と耐えるほどであり、それでありながら決して特殊耐久も低いわけではありません。

特殊耐久もしっかりと努力値を振っていれば、水ロトムのハイドロポンプくらいなら耐えられるようになります。

そんなカバルドンは、あくび・ステルスロック といった変化技を覚えられるため、まさに起点作りにはピッタリのポケモンです。

  • カバルドンは物理耐久・特殊耐久ともに優秀
  • あくび・ステルスロックを生かした起点作りが得意

起点作り型カバルドン育成論

タイプ
じめん
特性
すなおこし
種族値
H108A112118C68D72S47
性格①
わんぱく
努力値
H252B252D4
実数値
H215A132B252C79D93A67
性格②
しんちょう
努力値
H252B4D252
実数値
H215A132B139C79D136S67
持ち物
たべのこしあくびと相性が良い道具です。相手の交代を促しつつ、自身はHPを回復します。
オボンのみHPは4nもしくは4n+1に調整すると発動・回復の効率が良いです。
回復きのみ(混乱実)仮想敵を決めて、オボンのみ・回復きのみを選択します。
ゴツゴツメット並みの攻撃力ではカバルドンは落とすことはできないので、ゴツゴツメットのダメージだけで相手を倒せることもあります。
テラスタル候補
くさ弱点であるみず技を受けられるとともに、苦手なキノガッサ対策にもなります。
いわ
すなあらしによるとくぼう上昇の恩恵を受けられます。
はがね
すなあらしのダメージも受けず、環境に多いフェアリータイプに強くなります。
技候補
じしん命中・威力安定のタイプ一致技です。
A種族値112あるので、無振りでもそれなりに火力が出ます。
じわれキョジオーン・ヘイラッシャなどの耐久型ポケモンの一掃手段として。
ストーンエッジじめん技を無効化するひこうタイプに刺さります。
がんせきふうじほえる・ふきとばし とは相性が悪いですが、後続への補助になります。
こおりのキバ主にカイリュー・ガブリアス対策です。
ほのおのキバほぼハッサム対策専用です。
かみなりのキバほぼギャラドス対策専用です。
かみくだくゴーストタイプ・ふうせんサーフゴーなどに刺さります。
ヘビーボンバー環境に多いフェアリー対策になります。
特に多いハバタクカミは、A無振りでも確定1発で落とせます。
きあいのタスキを持っていても砂ダメージで確実に倒すことができます。
ボディプレスHB型の場合は採用の余地があります。
すてみタックル自主退場手段として使用できるときもあります。
ステルスロックあくび・ふきとばし・ほえる とあわせてHPを削っていきます。
ふきとばし相手を強制的に交代させることで積み技対策にもなります。
特性かぜのり のアノホラグサには無効化されます。
ほえる相手を強制的に交代させることで積み技対策にもなります。
特性ぼうおんには無効化されます。
あくびふきとばし・ほえる を覚えられるおかげで、みがわり で防がれても問題ありません。
なまける主にHB型でゴツゴツメットとあわせて使用されます。
相手によっては、なまける+ゴツゴツメットダメージだけで倒せることもあります。

対策ポケモン

ポケモン解説
テツノツツミ
H振りだけなら、火力アップなしのハイドロポンプで確定1発です(れいとうビームは乱数)

HD特化でも、ハイドロポンプ@こだわりメガネ で確定1発です(れいとうビームは乱数)

ちょうはつ
カバルドンの要はステルスロック・ふきとばし・あくび といった変化技です。

カバルドンのじしんを受けられるポケモンでちょうはつするのが1番手っ取り早い方法です。

トリック
カバルドンはどちらかと言えば物理受けが多いので高火力の特殊技で攻めるのが有効なのですが、特殊高火力技は悉く命中不安であるため、対策としては安定しません。

そこで確実にカバルドンを機能停止できるのが「トリック」です。

こだわりハチマキ・こだわりメガネ・こだわりスカーフ をカバルドンに押し付けることにより、逆にカバルドンを起点にできる機会にもなります。

まとめ

  • カバルドンは物理耐久・特殊耐久ともに優秀で、タイプ一致抜群でも耐えられる。
  • 対策としてステルスロック・ふきとばし・あくび などの変化技を防ぐ手段を持っておくことが大切

というわけで、今回は起点作りカバルドンを紹介しました。

ここまでずいぶんカバルドンのことを勉強しましたね。

これでみなさんは、カバ博士ですよ!

関連記事:【ポケモン剣盾】カバルドン攻略・育成論

【ポケモン剣盾】カバルドン攻略・育成論

[PR]世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料のターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなハマってます!

注※PCゲームのため、PCからアクセスしてください。スマホだとページが開きません。

\ まずは無料でプレイ!(PC版)/

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※PCゲームのため、PCからアクセスしてください。スマホだとページが開きません。

\ まずは無料でプレイ!(PC版) /

RAID: Shadow Legends 公式サイト