【ウマ娘】ダブルピックアップの完凸確率をご紹介!(後半にちょこっと解説)

 ランク(順位) 神Lv6(4384
 経験値  9,162
獲得バッジ
1つのカテゴリーで10記事10週連続記事公開まとめ記事を10記事公開1記事で10万PV攻略記事を40記事公開総獲得PVが「100万」PVに到達100記事達成

どこのサイトにも載ってない、、、DPUの完凸確率ってどれくらいなの、、、

皆さんこんにちは!

今回は、ウマ娘のダブルピックアップ(DPU)での完凸確率についてご紹介したいと思います!

  1. 800連すれば半分くらいの確率で両カードを完凸できそう!
  2. 1700連以上すればほぼ確実に両カードを完凸できそう!
  3. 複雑なDPU完凸確率の計算方法についても解説!

この記事は、ダブルピックアップで両方のカードをN回ガチャを回したときに完凸できる確率を紹介します。

ダブルピックアップのうち、片方のカードを完凸する為に回す必要のあるガチャ回数(期待値)ついては以下の記事で解説していますので、詳しくはそちらをご覧ください!

【ウマ娘】サポカSSRの完凸期待値と必要金額について解説します!

どちらの記事も5分で読み終わりますので、最後まで見ていって下さいね!

いきなり結論!両方のカードをN連で両方のカードを完凸できる確率はこちら!

このページの下の方でDPUの両カードを完凸する確率の計算方法を紹介していますが、割と難解なので結果だけ知りたい方はこの章だけご覧ください。

100連ごとの両カードの完凸確率(※天井は考慮していません)

合計ガチャ回数両カード完凸確率
100回0.002%
200回0.024%
300回0.582%
400回3.325%
500回10.286%
600回21.813%
700回36.251%
800回51.188%
900回64.590%
1,000回75.469%
1,100回83.633%
1,200回89.428%
1,300回93.331%
1,400回95.882%
1,500回97.515%
1,600回98.525%
1,700回99.122%
1,800回99.501%
1,900回99.700%
2,000回99.840%

天井を考慮しないでDPUされている両カードを完凸する確率を小数点第3位までの範囲で計算すると上のようになりました。

確率を見ると800連で50%、1700連以上回せばほぼ確実に両カード天井は出来そうです。

※あくまで確率ですので結果は必ず出る保証できません。

※この計算が間違っていた場合も当方は一切責任を負いません。

DPUでの完凸確率の計算方法について

恐らくこの記事が上がる頃は、まだどの攻略サイトもDPUでの両カードの完凸確率については紹介していないと思います。

その理由は「計算方法がめちゃくちゃめんどくさい」からだと思います。

今回は出来るだけ皆さんに分かるように解説したいと思いますので、お時間がある方はご覧下さい。

N連で欲しいカードがK枚以上出る確率

N連で欲しいカードがK枚以上出る確率、、、これだけでも地道に計算しようとするとめちゃくちゃ大変です、、、

何故かというとK枚以上出る確率だからです。(以上というのがポイント!)

学校で習う数学のようにアルファベットばかり使うと頭が痛くなりそうなので、分かりやすく実際の数字を使って考えてみましょう!

例えば100連で5枚以上欲しいカードを引く確率はどれくらいでしょうか?

「そんなの5枚当たりが出る確率求めればいいじゃん!」と思う方もいるかもしれませんがそう簡単にはいきません、、、

なぜなら当たりが6枚、7枚、8枚・・・出るときの確率も全て足し合わせないといけないからです。(多少ややこしくなりますが、ここで言う6枚というのは100連で6枚以上ではなくピッタリ6枚出る確率です。)

今回の例で行くとピッタリ5枚以上出る確率、ピッタリ6枚出る確率、ピッタリ7枚出る確率 ~ ピッタリ100枚出る確率を全て足すということになります。

とても面倒くさいですので計算したくないですよね。

なのでここで少し考え方を変えてみましょう!

実は「5枚以上出る確率」というのは全体から「5枚引けない確率」を引いたものと同じ確率になります。

理由は簡単で、ガチャの結果は必ず「5枚以上引ける」か「5枚引けない」のどちらかになるからです。

ガチャ結果 = 「5枚以上引ける」 or 「5枚以上引けない」

ガチャの結果は上の2つ以外ありえないので2つが起こる確率の合計は100%になります。

「5枚以上引ける確率」 + 「5枚引けない確率」 = 100%

続いて100%を割合に直します(割合に直すと100%は1になります)

そして上の式の両辺から「5枚引けない確率」を引いてみます。(イコールで結ばれた式では両辺に同じものを引いても結果は変わりません。)

「5枚以上引ける確率」 + 「5枚引けない確率」 – 「5枚引けない確率」

= 1 – 「5枚引けない確率」

イコールの左側の「5枚引けない確率」と「5枚引けない確率」は同じ値なので消えます。

その結果を整理すると

「5枚以上引ける確率」 = 1 – 「5枚引けない確率」

となりました。

この結果からN連でK枚以上引ける確率というのは全体 ( 100% = 1 ) からK枚引けない確率を引いたものであることが分かりました。

DPUで2つのカードを完凸する確率

続いては本題のダブルピックアップ(DPU)でN連した時に2種類のカードを完凸する確率を考えてみましょう。

言い換えると「N連した時に2種類のカードを5枚ずつ以上引ける確率」ということになります。

先程の考え方で、DPUのカードの片方をA、もう片方をBとして計算すると

DPUのカードを両方完凸できる確率 = 1 – ( AかBのどちらかが5枚引けない確率 )

となります。

少し迷った方もいるかと思いますが、この場合はAかBどちらかが5枚引けなかった時点でDPUの両方を完凸するという目標を果たせなくなるので、1からAとBのどちらかが5枚引けない確率を引けば十分となります。

そしてこの「AかBのどちらかが5枚引けない確率 」というのは

「AかBのどちらかが5枚引けない確率」

= 「Aが5枚引けない確率」 + 「Bが5枚引けない確率」 – 「どちらも5枚引けない確率」

という式で求められます。

最後に「どちらも5枚引けない確率」を引いているのは「Aが5枚引けない確率」と「Bが5枚引けない確率」に同じパターンが含まれていて、重複して確率を求めている為です。

例えばAが3枚、Bが2枚しか引けなかった場合は「Aが5枚引けない確率」に含まれ、「Bが5枚引けない確率」にも含まれてしまいます。

その為、最後に「どちらも5枚引けない確率」を引いています。

かなり長い説明にはなってしまいしたが、原理的にはめちゃめちゃ難しいというわけではないので、時間と興味がある方は是非計算してみて下さい!

まとめ

今回はN連でDPUの両カードを完凸できる確率について触れました。

紹介した確率はあくまで天井を考慮しない確率なので、実際は800連より少ない回数で1/2の確率くらいで確率は出来るかと思います。

完凸を目指す方の参考になれば幸いです。

それでは、今回はこの辺で!

よいウマ娘ライフをお過ごしください!

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト