異色のガンダムゲーム『G-SAVIOUR』特典が海外実写映像作品?

 ランク(順位) 神Lv23(2384
 経験値  14,138
獲得バッジ
まとめ記事を10記事公開レビュー記事を10記事公開攻略記事を10記事公開1記事で1万PV100記事達成10カテゴリーの記事公開1つのカテゴリーで10記事10週連続記事公開

『G-SAVIOUR』というガンダムゲーム

今回遊ぶゲーム

『G-SAVIOUR』(ジーセイバー)というガンダム作品を知っていますか?

日本とアメリカとにもマイナーな作品とされ、あまり人気が出なかった作品。

しかし『G-SAVIOUR』の、世界観や、MSデザインが、一部で根強い人気があったりもします

ちなみに、今回の記事をざっくりまとめると!

  1. 『G-SAVIOUR』はガンダム20周年で日米合同で制作された映像作品
  2. 素晴らしいMSデザイン!原作ファンも納得の出来
  3. 操作性の悪い!攻撃が弱い!上官が辛辣!
    しかし所々で光るものがある色々な意味で面白いゲーム

この記事は3分で読み終わりますので気軽に最後まで読んでみてくださいね!

おすすめ記事

ガンダムゲームの歴史!ファミコンからPS4までガンダムゲームの歴史を振り返ってみた!

『G-SAVIOUR』とは!?

『G-SAVIOUR』とは、ガンダム20周年を記念に、日米合同で制作された映像作品です

舞台は「宇宙世紀0223年」で、宇宙世紀と表記された作品では、最も未来にあたる時代の作品です。

あらすじ

『G-SAVIOUR』のあらすじですが…

元地球議事会軍のパイロット「マーク・カラン」は、宇宙都市ガイアの警備主任として働いていたが、警備してきた場所に侵入してきた「シンシア博士」を助けてしまうことで、大事件に巻き込まれてしまう。
その事件というのは、問題化している地球食糧危機に関わること。それにより、地球議事会とガイアの戦争に。
マークは最初、戦うことから拒否していたが、大切なものを守るために、最新鋭のMS、Gセイバーに搭乗し戦うことを決意する…。

といった感じのお話です。

世界観が興味深い


ざっとあらすじを紹介しましたが、この作品は世界観が興味深い出来になっております。

「『Vガンダム』の後に宇宙世紀がどうなっていったのか?」がわかる、大まかな歴史設定が小説版にも収録されているらしいのです

映像作品としての出来は、ハッキリ言ってあまり良くなく、MS戦闘はもっさりしているし、パイロット内もチープな出来で全体的に安っぽさが出てしまっている作品でした。

興味があるのならば、小説版G-SAVIOURも買ってみるといいでしょう。

ゲーム版『G-SAVIOUR』はどんな内容なのか!?


そして、今回レビューするゲーム版「G-SAVIOUR」は、映像作品の一年後のシナリオです

ゲーム版「G-SAVIOUR」は、2000年にプレイステーション2で発売された作品です。

ゲーム情報

タイトルG-SAVIOUR
ジャンルアクション
対応機種PlayStation®2
発売元(株)サンライズインタラクティブ
プレイ人数1人
発売日2000年9月14日

主人公は、映像作品の主役「マーク・カラン」ではなく、元議事会軍のMSパイロット「リード・フォックス」が主役となっています。

ゲーム版のあらすじは…

無人機開発計画「プロジェクト・イレブン」の情報を察知した主人公が所属する秘密組織イルミナーティは、計画を阻止するためライトニング部隊を向かわせる

といった感じのお話です。

『G-SAVIOUR』の評価ポイント!

先ずは『G-SAVIOUR』の良い点を挙げていきましょう!

素晴らしいMSデザイン!


最初に良いと思ったのはやはりMSデザイン!

「Gセイバー」、「G3セイバー」ともにMSデザインとしてかなり出来が良く、一部ファンが付くのも納得の良デザインです!

敵役のMSも、全体的にMSデザインが良く、主役機に引けを取らないデザインです!

BGMの良さ

細かいところですが、次に挙げるのはBGM!

オープニングで流れるBGMは、かなり良い曲で、ワクワクさせてくれるます。

ステージBGMも、地味ながら良BGMで、耳障りにはならなりません。

進化するMS

続いては、ステージを進めるたびに進化していくMS!

主人公が搭乗する機体は、最初は宇宙戦仕様の「Gセイバー」で、はっきり言って弱く、「これは本当に主人公が乗る機体なのか?」という位弱いです!

ですが、3ステージあたりで搭乗機が「G3セイバー」になってからは機体性能が大幅に向上します!

さらに「G3セイバー」は、重攻撃モードと、強行戦闘モードがあり、特に強行戦闘モードは、ブーストが無限になって高速戦闘が出来、戦闘がかなりスピーディになるので爽快にゲームを楽しめます!


ギャラリーでは、特典である約20分の実写映像があり、実写版G-SAVIOURがどういったものかを確認できるのも良い点です!

『G-SAVIOUR』の難点とは?

このゲームには難点がいくつも存在します。

操作性の悪さ

まず、操作性が非常に悪いです。

特に、カメラ視点変更は、最悪の部類に入る出来です。

相手のターゲット変更はまだしも、自分が進む方向にカメラを向けるにも、1回1回ブーストを切り、機体をその方向に向かわせないと確実にカメラを向けることが出来ません。

また、後ろ向きにカメラを回す機能もあるのですが、正直言って使わないし、いらない機能でした。

「これ、他に着けるべき機能があったのではないか…?」と考えさせられます。

ビームサーベルが弱い

このゲーム、格闘武器のビームサーベルがあるのですが、はっきり言って弱いです。

敵に近づくと、自動的にビームサーベルを使うのですが、使う速度がかなり遅い。

ビームサーベルを振る前に敵が動いて避け、逆にビームサーベルを喰らってしまうのもしばしば。

しかも、相手のビームサーベルはダメージがかなり高い理不尽さ!

初期機体の「Gセイバー」だと、ビームサーベルを2発喰らうだけでゲームオーバーに…。

必殺技も弱い!

必殺技みたいのもあるのですが、かなり弱いです。

『ブーストを噴きながら自分の周りに爆風を起こす』といった感じの必殺技があるのですが、その攻撃を与えること自体が結構難しい!

しかも、当てても大してダメージにならない!

必殺技なら、もう少し使いやすくしてもよかったんじゃないか…と感じました。

そんな難点を超えてクリアしてもとどめを刺してくる

また、ゲームクリア後に出てくるリザルトでも気になるところが。

「評価B」など、低評価を出すと、上司である「ベン司令官」が結構な辛辣な評価を言ってきます。

上記に挙げた、数々の試練をくぐってクリアしたにもかかわらず、こんな低評価をうけると、ガンダムを降りたい気持ちで一杯になります。

『G-SAVIOUR』総評

ゲーム版『G-SAVIOUR』の総評は、「ネタゲー寄りのクソゲー」といった評価です。

しかし!ネタにはならないクソゲーではなく、所々で光るものがある作品で色々な意味で面白いゲームでした。

ストーリーパートは、キャラが実写なのが面白く、話のネタになる作品だと思います。

特に!MSは文句なしで格好いいので興味を持ったのならば、一度はプレイし、その姿を見てみると良いでしょう!

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA