ガンダムSEEDの世界を追体験『SDガンダム G GENERATION SEED』をレビュー!

 ランク(順位) 神Lv24(2384
 経験値  14,494
獲得バッジ
まとめ記事を10記事公開レビュー記事を10記事公開攻略記事を10記事公開1記事で1万PV100記事達成10カテゴリーの記事公開1つのカテゴリーで10記事10週連続記事公開

『SDガンダム G GENERATION SEED』をレビュー!

今回遊ぶゲーム

今回はPS2で発売された『SDガンダム G GENERATION SEED』をレビューしたいと思います!

ちなみに、今回の記事をざっくりまとめると!

  1. ガンダムSEEDの世界観を完全に再現した『シチュエーションモード』
    原作のあのシーンを完全再現!!
  2. システムは『GジェネNEO』を踏襲!
  3. 『ギャラリーモード』でSEEDの世界が丸わかり

この記事は3分で読み終わりますので気軽に最後まで読んでみてくださいね!

こちらの記事もオススメ

シリーズ人気を不動にした『Another Century’s Episode 2』をレビュー

クソゲーから良ゲーへ!『スーパーロボット大戦 Scramble Commander the 2nd』

機動戦士ガンダムSEEDとは?

「新しい世代に向けた、新たなスタンダードとなりうるガンダム」
「新世紀(21世紀)のファーストガンダム」
「原点回帰」
を目指し制作された、『ガンダムシリーズ』の1つに属するロボットアニメです!

SDガンダム G GENERATION SEEDの概要


「SDガンダム GGENERATION SEED(Gジェネ SEED)」は、2004年にPS2で発売されたGジェネシリーズのひとつです

まず「Gジェネ」とは?

Gジェネは、機動戦士ガンダムシリーズに搭乗するMS、戦艦、キャラクターを自分の手で自由に編成し
各作品のモチーフとなっているステージを攻略していくシミュレーションゲームです。

・MSを他のMSに開発
・系統が違うMSえお掛け合わせて別のMSを設計

など、Gジェネシリーズ特有のシステムがあり、それがGジェネシリーズの肝で面白い所です!

『Gジェネ SEED』の最大の特徴は世界観を再現したモードにある!

『Gジェネ SEED』の最大の特徴は…

ガンダムSEEDの世界観を完全に再現したモード「シチュエーションモード」!

キャッチコピーも

「機動戦士ガンダムSEED」のドラマを完全再現!!

となっており、文字通りでガンダムSEEDの世界観をこの一作品で楽しめます

このモードはストーリーをフルボイスで再現しており、自分が編成したユニットは出撃できず、用意されているユニットで攻略するモードです。

もちろんシリーズおなじみの、自分で編成したユニットを出撃できる「ジェネレーションモード」もあります。

システムは前作NEOを踏襲


ゲームシステムは前作の『SDガンダム GGENERATION NEO」とほぼ同じです。

パイロットのテンションが超強気になるときに使用できるスペシャルアタックや武器がブロックごとに別れており
武器の使用回数に関わる「リミットブロックシステム」が採用されています。

「ギャラリーモード」も、機動戦士ガンダムSEEDに特化した内容となっています!

ガンダムSEEDの世界観や用語、放映された全50話のストーリーダイジェストが見られる「SEEDツアーモード」があります。

登場作品はSEEDだけではない!

タイトルに「ガンダムSEED」とありますが、登場する機体はSEEDだけではありません!

ざっと並べるだけでも、登場作品はこれだけ多く揃っています!

  • 機動戦士ガンダム
  • 機動戦士ガンダム 第08MS小隊
  • 機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY
  • 機動戦士Ζガンダム
  • 機動戦士ガンダムΖΖ
  • 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
  • 機動戦士Vガンダム
  • 新機動戦記ガンダムW Endless Waltz
  • 機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争
  • モビルスーツ・バリエーション
  • GUNDAM SENTINEL
  • CCA-MSV
  • 機動戦士ガンダムF91
  • 機動戦士クロスボーン・ガンダム
  • 機動武闘伝Gガンダム
  • 新機動戦記ガンダムW
  • 機動新世紀ガンダムX
  • ∀ガンダム
  • 機動戦士ガンダムSEED
  • ガンダムSEED MSV
  • 機動戦士ガンダムSEED ASTRAY
  • SDガンダム GGENERATION モノアイガンダムズ
  • SDガンダム英雄伝
  • プラモ狂四郎
  • Gジェネ SEEDの評価


    本作の良い点は、ガンダムSEEDの世界観を出来うる限り再現している所です。

    「ガンダムSEED」本編に出てきたMSは大体出て来ており、登場人物もほぼ出演しています。

    先ほど紹介した「シチュエーションモード」の力の入れようが凄いです。

    シチュエーションモードのボイスはフルボイス

    演出も、当時の技術で出来うる限りの再現がされています。

    ちなみに、このシーンもフルボイスなのですが、「ザフト兵」が「西川貴教さん」なのかどうかはちょっと分かりませんでした…

    多分、声が違った感じがしたので恐らくは違うとは思います…

    「シチュエーションモード」の評価は?

    「シチュエーションモード」は、自分が編成したユニットは出撃できませんが
    サクサクとステージが進められるので、このモード自体はあまり苦にはならないと思います。

    ただし!
    「自分のユニットが出撃出来ない」
    という、Gジェネの持ち味が生かせないのはちょっと惜しい所ではありましたが…

    「シュチュエーションモード」を全面クリアすると
    クリアデータから、通常プレイである「ジェネレーションモード」をプレイすると…

  • デュエルガンダム
  • ブリッツガンダム
  • バスターガンダム
  • イージスガンダム
  • の4機が最初から使えるという特典があります。

    なので、「シュチュエーションモード」からプレイすると後から楽になると思います

    ギャラリーモードでSEEDの世界が全部わかる!


    「ギャラリーモード」は、最初からガンダムSEEDの概要が全部読めるので
    このモードだけで大体のガンダムSEEDの世界観が分かるのも良い点です!

    グラフィックは問題なし!


    SDガンダムの動きはそれなりに作りこまれており、当時プレイしていても違和感がない出来でした。

    まとめ

    最後に少し気になった点なのですが…
    本作はガンダムSEEDのシリーズを重視した為か、他のシリーズの冷遇がチラチラ見えます

    ガンダムSEEDのステージは全15ステージあるのに対し
    他作品をまとめたステージは、10ステージしかなかったのは残念な点でした…

    しかし、本作のガンダムSEED愛は本物です!

    ガンダムSEEDが好きな人は一度プレイすることをおススメする作品です!

    【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
    奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

    RAID:Shadow Legends

    月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

    「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

    なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

    また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

    Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

    300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

    そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

    課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

    レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

    注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

    \ まずは試しにやってみて /

    RAID: Shadow Legends 公式サイト

    レビューのご紹介

    レビューレビュアー
    キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
    レビューレビュアー
    課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
    レビューレビュアー
    画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

    注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

    \ まずは試しにやってみて! /

    RAID: Shadow Legends 公式サイト

    美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

    Raid: Shadow Legendsのドラゴン

    魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

    ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

    ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

    ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

    しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

    (どんどん沼っていく理由が分かりました…)

    注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

    \ まずは試しにやってみて /

    RAID: Shadow Legends 公式サイト

    戦略性のある中毒性があるバトル!

    Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

    何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

    戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

    編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

    戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

    クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

    また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

    そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

    注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

    \ まずは試しにやってみて /

    RAID: Shadow Legends 公式サイト

    遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

    Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

    Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

    主なコンテンツは、この6つ!

    • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
    • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
    • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
    • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
    • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
    • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

    特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

    編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

    無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

    1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

    注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

    \ まずは試しにやってみて /

    RAID: Shadow Legends 公式サイト

    コメントする

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA